本文へ移動

ちょっといい話

仰せを蒙りて

高光大船先生のことばより

2021-01-02
HP九州教務所 「今月の言葉」より

人は法を求むるに止まって、  法に生きることを忘れている高光大船

ある日、東本願寺の渡り廊下を歩いていると、掲示されているこの言葉に足が止まった。

「私は学習会に行ったりしているが、その場に行ったことに満足してそこから何か変わっただろうか。ただの知識になっているのではないか」

 

前々から思ってはいたけれど、なるべく考えないようにしていた自分の心を言い当てられたような気がして、ぎくっとしたからである。

 

今まで何度も「生活の中で念仏するのではなく、念仏の上に生活がいとなまれる」と和田稠先生の言葉を講義などで、うんうんと頷きつつ聞いてきた。しかし、できていない自分に気づきはしても「あ~できないなぁ」で終わらせている私がいた。

 

見ないふりをしていたのである。

法を求めるふりをして、そういう場に行って学ぶ自分という自己満足を満たすためにいっていたのではないかと、この言葉を見た時に感じた。

 

同時に「はたして私は法を求めているのだろうか、法を求めるとはどういうことなのか。

法に生きるとはどういうことなのか、お念仏の生活が頂けているだろうか」という問題から目をそらすな、如来の、私の声を聞きなさいと言われている言葉のように感じた。

(文/林田 真貴子)

田畑先生の投稿

2020-12-31
善知識:細川巌先生のことば
我々は仏法をいただき南無阿弥陀仏に遇わせていただくが決してエリートではない。
何か出来上がった優れた存在になったと思ってはならない。
    群萌に徹して行くということ。
そこに自己を知るという事がある。
そうして与えられた南無阿弥陀仏が最上無上の法であることを、いよいよ深く知ることが釈尊の本願に順じて行く道である。
    極悪最下の自己と目覚めて最上の法を仰ぐ、このようになるのが仏法の中心点である。
群萌と目覚めて最上の法を生きることができる。
それが私の本当の生き方であると教えられているのである。
                 細川巌 著「教行信証教巻講義3」p.288より

意巧ということ

2020-12-31
私たちは日ごろ、仏さまの教えを聞いても、自分にとって都合のいいようにすりかえているのではないでしょうか。

祈りということ Facebook百々海 真さんの投稿より

2020-12-28
『真宗の祈願』 曽我量深著
暁烏敏「真実の祈り」
『真宗の祈願』の一節がふと浮かんできた。
以下『曽我量深選集第10巻』から抜粋。(現代かな等表記を一部改めた)
〇如来の本願を以て浄土真宗の祈願とするのである。
〇世間普通の祈りは我々衆生が仏に向かっている祈りである。今弥陀の本願は仏が衆生の為に祈る所の祈りである。
〇真宗の祈りは本願である。・・真宗とは何ぞや、真実の祈りということであります。偽りの祈りに対して真実の祈りを宗とするのであります。

そんな状況下、曽我師の玉稿に加えて、暁烏師の次の一文が「真実の祈り」の内実を示唆して下さる。味読したい。南無阿弥陀仏
『人生のことにやや真面目になってくると神仏に祈らずにおられなくなります。神仏に祈っていた者がもっと真面目になってくると、祈ってはおられぬようになってまいります。ここに、泣きつつも、悩みつつも自分の道を一人で行かねばならぬようになってまいります』(『暁烏敏全集』第6巻49頁)

暁烏敏師

2020-12-29
明治10年〜昭和29年8月27日 石川県明達寺住職 真宗大谷派宗務総長 涼しげな着流し姿 盲目のご晩年 いかにも静か

お釈迦様の話

釈尊の生涯と教え

2020-04-19
仏教の本質 哲学者「中村元」

ブッダ 最期のことば 1.2.3.4.

2020-06-14

釈尊のお説法

2020-04-07

本日は、釈尊降誕会です。

2021-04-08
Facebook 澤村博幸さん曰く
· 岐阜県 笠松町 真宗 大谷派 福證寺 様

漫画『ブッダ』

2021-02-10
原作は、手塚治虫先生

独自の解釈で描かれた、手塚治虫版ブッダ伝です。

シッダルタは、ヒマラヤ山脈のふもとカピラヴァストウで、シャカ族の王・スッドーダナの長男として生まれました。けれども、生後7日目に母マーヤと死にわかれ、叔母のパジャーパティに育てられました。

その後、16歳でヤショダラと結婚し、一子ラーフラをもうけますが、人生の根底にひそむ生老病死の問題について考えるようになり、29歳のとき、すべてをなげうって出家します。

やがてピッパラの樹の下で悟りを開き、以後、ブッダ(サンスクリット語で目ざめた人という意味)と名乗って、インド各地をめぐる説法の旅を続けるのでした。

データベース

真宗聖典検索 Web site

2020-04-22
東本願寺出版発行の『真宗聖典』(初版)に収載されている聖教の本文の検索を行うことができます。
このサイトは、宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃事業の一つとして聖教編纂室にて取り組み、開設したサイトです。東本願寺出版発行の『真宗聖典』(初版)に収載されている聖教の本文の検索を行うことができます。使用方法については、このサイトについてをご覧ください。

このサイトについて | 真宗聖典検索 Web site (higashihonganji.or.jp) 

真宗聖典(S_JIS 版)検索システム--- 生まれた意義と生きる喜びを見つけよう! ---

2020-04-22
真宗聖典(S_JIS 版 msearch)検索エンジン

 

『浄土真宗聖典』オンライン検索 浄土真宗聖典・検索システム | 原典版

2020-04-22

聖典電子研究会

2020-04-22

SAT

2020-04-22
SAT大正新脩大藏經テキストデータベース
SAT大正新脩大藏經テキストデータベース


   智慧の宝庫、『大正新脩大藏經』
                        の
          第1巻から第85巻までの

      全テキストをデータベース化

 

   ttps://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/SAT/

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

マスターズ開幕前日に開催されるPar3コンテストの魅力

2021-04-13
ジャック・ニクラウス、ゲーリー・プレーヤー、トム・ワトソンなど、レジェンドのスーパーショットに熱狂!
Par3コンテストのペアリングボード

【日本男子史上初のメジャー制覇】マスターズ優勝 松山英樹 インタビュー

2021-04-13

Hideki Matsuyama: Sunday interview 

Winner 2021 The Masters Tournament

岩田禎夫さんを悼む

2021-04-13

「岩田禎夫さんにも、天国へ『松山が勝ったよ』という報告を、ここでさせてください」

2021-04-12
「今回、松山選手が優勝したらこのフレーズを言おう、とは特段考えずにいましたが、岩田さんのことは絶対に伝えたいと思っていました。マスターズの歴史を僕に教えてくれたのは岩田さんでした」

マスターズはVTR時代から2011年までTBSでテレビの解説。
2011年連続40年でビル・ペイン・マスターズ委員会会長から特別表彰を受ける。
2003年にはアジアから初めてジャック・ニクラスのメモリアル・ジャーナリズム賞受賞。
メジャーを含み、米国ツアーは900試合以上取材。米国ゴルフ記者協会会員、米国ゴルフ協会、PGAツアー各メディア・メンバー、世界ゴルフ殿堂選考投票委員
1930年代のビッグスリー時代からタイガー・ウッズさらにポスト・タイガーの時代を迎えようとしている。
いままで数えきれないほど有名選手と接してきて素晴らしいチャンピオンほど人間的魅力があるのを実感した。
日本のゴルフも着実に進歩を続け、石川遼、宮里藍をはじめとして世界的なスターも誕生し、前途は明るい。その日本からメジャーを制する真のスーパースターが早く生まれてほしいものだ。どうすればメジャー・チャンピオンを送り出せるのか。すべての面で日本のゴルフはもっともっと魅力的になる。

マスターズ男泣き実況

2021-04-12
TBS小笠原亘アナ、松山V直後の55秒間沈黙は「言葉が出なかった」

松山英樹(29)マスターズ初優勝歴史的快挙に実況 "男泣「あさチャン!」2021年04月13日


小笠原アナのゴルフアナ人生には常に、松山の存在があった。  
「アマチュアのころからずっと見てきて、勝手に運命を感じている。僕が『マスターズ』の実況をすることになったとき『僕の代で、松山は勝ちます』と言ってきました。
初のマスターズ出場から10年。
東日本大震災から10年。
目澤秀憲コーチをつけた、というのもよっぽどのこと。
『本気だな。今年はあるのでは』と思っていました」。
予感は現実となった。
「(元専属キャディーの)進藤大典さんからの思いを受け継いで、早藤キャディーで勝てたということも、本当にうれしい」と喜びをかみしめた。  
  小笠原アナは中継のエンディングで「岩田禎夫さんにも、天国へ『松山が勝ったよ』という報告を、ここでさせてください」と締めくくった。

ちょっと気になる絵

ヨルタモリ・日暮里特別(GI)

2021-04-14
鉄道各線、朝の同時間帯通過による争いw
伝説の岡山田 豊さん

栄光は君に輝く

2021-04-13
第98回全国高校野球選手権栃木大会
宇都宮短大付高校3年 早川愛さん

【ノーカット】両陛下の祝賀パレード全て見せます!

2021-04-13

「祝賀御列の儀」をノーカットでお見せします。天皇陛下の即位を祝うパレード「祝賀御列の儀」が10日に行われ、終了しました。
天皇皇后両陛下は新車のオープンカーで皇居の宮殿からお住まいの赤坂御所まで約4.6キロを30分かけて走り、沿道からの歓声に笑顔で応えられました。

海上自衛隊が奏でる美しすぎる「宇宙戦艦ヤマト」

2021-04-13
「宇宙戦艦ヤマト」 海上自衛隊 東京音楽隊  三宅由佳莉さん

Japan 1966

2021-04-13
The Beatles(ザ・ビートルズ)|伝説の武道館公演
TOPへ戻る