本文へ移動

ちょっといい話

データベース

真宗聖典検索 Web site

2020-04-22
東本願寺出版発行の『真宗聖典』(初版)に収載されている聖教の本文の検索を行うことができます。
このサイトは、宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃事業の一つとして聖教編纂室にて取り組み、開設したサイトです。東本願寺出版発行の『真宗聖典』(初版)に収載されている聖教の本文の検索を行うことができます。使用方法については、このサイトについてをご覧ください。

https://shinshuseiten.higashihonganji.or.jp/

Facebook 大谷派における学事の潮流

2020-05-05

真宗聖典(S_JIS 版)検索システム--- 生まれた意義と生きる喜びを見つけよう! ---

2020-04-22
真宗聖典(S_JIS 版 msearch)検索エンジン
  • リンクフリーです。真宗聖典各ページへの直接リンクは、
    http://www5.synapse.ne.jp/syoukakuji/seiten/ページ数.htmlでOKです。
    直接、ページを見たい方は、検索エンジンにページ数を入力して下さい。

     http://cgi5.synapse.ne.jp/~syoukakuji/cgi-bin/perlsearch/perlsearch.cgi

 

『浄土真宗聖典』オンライン検索 浄土真宗聖典・検索システム | 原典版

2020-04-22
http://j-soken.jp/kensaku2.html

聖典電子研究会

2020-04-22
http://seiten.icho.gr.jp/

今、私達に出来る事

手続きについて

2020-04-21
現金10万円一律給付 対象や手続きは

Facebook 新型コロナウイルス感染症情報センター

2020-05-16
Facebook コロナ情報ページ

関西でも宣言解除

2020-05-23
京都新聞 社説

社説:京都も宣言解除 油断せず冷静に行動を

  京都、大阪、兵庫の近畿3府県に発令されていた新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言が解除された。
  基本的対処方針で定められた解除基準の新規感染者数が抑えられ、医療提供体制やモニタリング体制も十分だと政府が判断した。
  安倍晋三首相が宣言の対象地域を全都道府県に拡大したのは4月16日。それから1カ月余り、京都のまちからもすっかりにぎわいが消えた。
解除は、感染拡大や医療崩壊を防ぐために多くの府民が休業や外出自粛などに真摯(しんし)に取り組んだ結果であり、朗報には違いない。
  だがウイルスが消滅したわけではなく、対策は長期化を覚悟する必要がある。安易に以前の生活に戻るのではなく、第2波、第3波への備えも強固にしなくてはならない。
  踏まえておきたいのは、このウイルスについて不明な点がまだ多いということだ。国内感染者数の実態すらはっきりしない。
  爆発的に感染が広がった欧米などと比べると抑えられているように見えるが、理由は分からない。
  政府が実情把握を急ぐべきなのは言うまでもない。そうした中で私たちに求められるのは過剰な楽観や悲観ではなく、まずは冷静な行動だろう。
  「新しい生活様式」も参考にしながら、密閉・密集・密接の「3密」を避ける取り組みを続ける必要がある。「正しく恐れる」ということを改めて思い起こしたい。     政府の宣言解除を受け、京都府はライブハウスなどの施設を除き、休業要請を解除することを決めた。独自の緩和基準を設けて今月16日から一部解除していた。
   政府は軽症者が療養する民間宿泊施設の借り上げなど医療体制強化に取り組んだ。授業再開に向けた環境整備など大学と学生の支援にも乗り出している。
 ただ観光や雇用といった面で、さまざまな困難が顕在化するのはむしろこれからだ。実情に応じて取り組みを柔軟に見直し、必要な対策を追加することが欠かせない。
 休業要請とともに中小企業に20万円、個人事業主に10万円を給付する支援策を打ち出したが、大阪府や東京都の支援とは金額的に大きな差がある。
 政府に対する緊急提言として、全国知事会は自治体向けの臨時交付金を最低でも総額3兆円とするよう増額を求めている。こうした動きとも歩調を合わせ、財源確保に努めるべきだ。

油断について

2020-05-14

中野博美先生(京都府城陽市 医療法人 啓信会 理事長)のお話

2020-05-14
コロナ禍から学んだこと

さて、
コロナ感染症新規患者数が減少して、
これからどうする?の中期戦略を備える時期になったとき、
改めて国民1人1人が感染症対策を復習してみましょう。

みんな気がついている、
この冬のインフルエンザ患者数が
例年の1/3以下になった事実を思い出しましょう。
コロナ感染症の脅威から、
感染防止のための習慣を
キチンとするようになったことが影響したと考えられています。
分かったことが2つ有ります。
1つは、
感染防止習慣を徹底すると効果があると言うことです。
もう1つは、
これまでは
みんな手を洗っていなかったと言うことですねえ。

これからは、
コロナに付いてはもちろん、
それ以外の感染症に対しても効果を出せる
清潔習慣を実践することが大切です!!!

コロナ情報について

政治学者の御厨貴氏(東京大学名誉教授)に、全国の知事の評価を聞いた。

2020-05-06
北海道鈴木、愛知大村は○、宮城△、石川、千葉、神奈川×、小池都政は? 政治学者・御厨貴「知事たちの通信簿 東日本編」
北海道の鈴木直道知事(39)
5Ixav9OJ5rAJIed2lDKPEjdThzUWyzRCOuCK0cRJhUzHK1huwcw6IFaCoV57io-_5oKpyPR1WeaN-n2R5tCFvQVF3-l1tGyTIWIS7_yAPVtVNw04G95fvYQHkJ-WAOGy5OH_F4bcn750ZFBQFlxwELygvomiQN_0UifQBmshkxur6TzKguaOmUUGS65Z7xmTUdP141iaXdCdCvQyYy82vKS2CIDVmg1DlCnU_Rxbkhvd0NykHgrnObQXX29ZAvisfX92njoPjqe_H76BFxl33-ykNDQF3zTAZ33hySk3N0wECt7wMPT3ovnZSD2Lyeb9_3CzqDkXsR61Enu_-2zYKu_bh3p-kSF4f3o1EzehO1AETCPM3uqWGYVMvTPPslNsKfnHCAZTyy-0RofSMXAvqzR8p0Q

内田樹の研究室   Facebook 桑門 超さんのシェアより  

2020-05-03
『隣組と攻撃性』 市民たちの相互監視が始まっている。

市民たちの相互監視が始まっている。

 GWの外出自粛を受けて、県外の車を煽ったり、傷をつけたりする事例が出ている。休業要請に従わず開業している店舗に落書きをしたり、備品に傷をつけたりする人も出て来た。
「こういうこと」ができるのは、「そういうことをしても許される社会的な空気」を彼らが感知しているからである。いまなら「そういうこと」をしても処罰されない、少なくとも「私は市民として当然の怒りに駆られたやったのだ」という自己正当化ができると知ると「そういうこと」をする人たちがいる。
 私はそういう人たちをこれまで何度も見て来た。前にも書いたが今度も繰り返す。
 私たちの社会は「自分がふるう暴力が正当化できると思うと、攻撃性を抑制できない人間」を一定数含んでいる。彼らがそのような人間であるのは、彼らの責任ではない。一種の病気である。
 人間は「今なら何をしても処罰されない」という条件を与えられたときにどのようにふるまうかで正味の人間性が知れる。これは私の経験的確信である。前に嫌韓言説について書いたときに私はこう書いた。読んだことがある人もいると思うが、大切なことなので再録する。

 嫌韓言説の一番奥にあるほんとうの動機は「おのれの反社会的な攻撃性・暴力性を解発して、誰かを深く傷つけたい」という本源的な攻撃性である。「ふだんなら決して許されないふるまいが今だけは許される」という条件を与えられると、いきなり暴力的・破壊的になってしまう人間がこの世の中には一定数いる。ふだんは法律や常識や人の目や「お天道さま」の監視を意識して、抑制しているけれども、ある種の「無法状態」に置かれると、暴力性を発動することを抑制できない人間がいる。
 私たちの親の世代の戦中派の人々は戦争のときにそれを知った。ふだんは気のいいおじさんや内気な若者が「今は何をしても処罰されない」という環境に投じられると、略奪し、強姦し、殺すことをためらわないという実例を見たのである。戦中派の人たちは、人間は時にとてつもなく暴力的で残酷になれるということを経験的に知っていた。
 私も60年代の終わりから70年代の初めに、はるかに小さなスケールだが似たことを経験したことがある。大学当局の管理が及ばない、あるいは警察が入ってこないという保証があるときに、一部の学生たちがどれほど破壊的・暴力的になれるのか、私はこの目で見た。
 最初は三里塚の空港反対闘争に参加したときに、学生たちが無賃乗車したのを見たことである。数百人が一気に改札口を通ったのだから、駅員には阻止しようがない。切符を買っていた私が驚いていたら、年長の活動家が笑いながら、「資本主義企業だから階級的鉄槌を下されて当然だ」という政治的言い訳を口にした。
 しかし、降りた千葉の小さな駅で、屋台のおでん屋のおでんを学生たちが勝手に食べ出したのには驚いた。「やめろよ」と私は制止したが、学生たちはげらげら笑って立ち去った。おでん屋は別に鉄槌を下すべき資本家ではない。ただの貧しい労働者である。その生計を脅かす権利は誰にもない。でも、学生たちは「衆を恃んで」別に食べたくもないおでんを盗んだ。今なら盗みをしても処罰されないという条件が与えられると、盗む人間がいる。それもたくさんいる、ということをそのとき知った。
 学生運動の渦中で多くの者が傷つき、殺されたが、手を下した学生たちにも、その人を傷つけなければならない特段の事情があったわけではない。ただ、政治的な大義名分(「反革命に鉄槌を下す」)があり、今なら処罰されないという保証があったので、見知らぬ学生の頭を鉄パイプで殴りつけたり、太ももに五寸釘を打ち込んだりしたのである。その学生たちはそののち大学を出て、ふつうのサラリーマンになった。今ごろはもう年金生活者だろう。
 私はこういう人たちを心底「怖い」と思っている。こういう人たちを「大義名分があり、何をしても処罰されない」という環境に決して置くべきではないと思っている。だから、できるだけ法律や常識や世間の目が働いていて、「何をしても処罰されない」という環境が出現しないように久しく気配りしてきたのである。(ここまで)

 いま、コロナウィルスの感染が広がる中で、行政が明確な休業指令を出さず、民間の「自粛」の委ねてしまったせいで、「自粛に従わないものには市民が処罰を下してもよい」という口実で暴力行使の正当化をする人たちが出て来た。
 これは嫌韓言説に乗じて、市民生活の中では決して許容されないような卑劣で醜悪な攻撃性を発揮していた人たちと「同類」の人々である。「自粛」というあいまいな行政指導は市民たちの相互監視を督励する。そして、それは単なる監視にとどまらず、「自粛しない市民を攻撃しても処罰されない」という心証をかたちづくった。
 彼らはちゃんと法律が機能し、常識が有効であり、「世間の目」が光っているときなら、そんなことはしない人たちである。でも、少しでもその規制が緩むと、自分の中の攻撃性を抑制することができなくなる。
 そのことは例えばSNSで激しい攻撃的な言葉を書き送る人たちの多くが匿名であることから知れる。彼らは「自分が誰であるかを特定される気づかいがない時・自分の言動が処罰されない保証があると知れると、過剰に暴力的になる人間」である。そして、たぶん彼らは「あらゆる人間はそうだ」と思っている。でも、それは違う。世の中には、「自分が誰であるかを特定される気づかいがない時・処罰されるリスクがない時」でも、「お天道様」が見ているという自制を失わず、常識的に、ジェントルに、節度をもってふるまう人がいるからである。この人たちは「あらゆる人間が自分と同じだ」とはたぶん思っていない。でも、自分はそういう人間であり続けようと思っている。
 この二種類の人たちはいずれも少数派である。おそらくそれぞれ集団の10%内外だと思う(この辺の数字は私の経験知であるので、厳密ではない)。残りの80%はこのどちらが優勢であるかによってふるまい方を変える。
「どんなことがあっても穏やかに、市民的にふるまう人」はいつも同じようにふるまう。平時でも非常時でも変わらない。一方、「処罰するリスクがないときに過剰に暴力的になる人」は「処罰のリスク」という可変的な条件に従って、ふるまい方をがらりと変える。まったく違う人間に見えるほど変える。人が変わったように変わる。それが可視化されるかどうかは「処罰のリスク」というごく散文的な条件によるのである。
「外出自粛」は行政が明確な基準も、それに対するペナルティも示さなかったことによって、この人たちのうちに「今なら人を攻撃しても処罰されない」という確信を醸成した。
 いま、あちこちで罵声が聞こえる。スーパーの店員にどなりつけたり、ATMの列でどなりつけたりしている人たちは全員が「自分は社会的な正義を執行している」と思ってそうしているのである。今なら、どれほど暴力的になっても、それを正当化するロジックがあると思ってそうしているのである。だから、止められない。彼らを止める方法は一つしかない。 法律が機能し、常識が機能し、「世間の目」が機能するようにしておくことである。
 大阪では休業要請に従わない店名を公表するということが行われた。これは「この店に対してはどのような攻撃的なことをしても処罰されない」という保証を間接的に与えるものである。少なくともそういう解釈の余地を与えた。大阪府知事は、人間が条件次第でどれほどでも攻撃的になり得ること、その機会をつねに窺っているということを知らないか、あるいは知っているが知らないふりをしているのだと思う。市民が相互に監視し合い、相互に告発し合い、相互に攻撃し合う社会はおそらくある種の人々にとっては「管理コストが非常に安く上がる」社会に見えるのだろう。
 ゲシュタポはきわめて効率的に反政府的な人々を逮捕していったが、それは彼らの捜査能力が高かったからではない。逮捕者のほとんどは隣人の密告によるものだったからである。
 市民を相互監視させることによって統治コストは劇的に削減される。それは事実である。けれども、その代償として、「大義名分をかかげて隣人を攻撃し、屈辱感を与える」ことに熱中する人々の群れを解き放ってしまう。それがどれほど危険なことなのかについて、人々はあまりに警戒心がないと思う。

内田 樹(うちだ たつる)1950年生まれ。日本の思想家、武道家、翻訳家、神戸女学院大学名誉教授。 出典 http://ja.wikipedia.org/wiki/内田樹

銀座の鐘

2020-04-20
新型コロナ 厳しい勤務続く医療関係者に感謝の鐘 東京 銀座

感染拡大が続く新型コロナウイルスに対応するため、厳しい勤務が続く医療関係者に感謝を示そうと、東京 銀座の交差点では時計塔から鐘の音が流されました。

新型コロナウイルスに感染した人たちの治療に当たっている医師や看護師など、医療現場のスタッフに対して、イギリスでは毎週木曜の午後8時に一斉に拍手や口笛を送ったり、フランスではエッフェル塔に「ありがとう」を意味する「MERCI」のメッセージが映し出されたりするなど、感謝の気持ちを示す動きが世界各地で広がっています。

日本でも、感染のリスクにさらされるなど厳しい勤務状況が続く医療スタッフへの感謝の気持ちや感染拡大を防ぐために家で過ごそうというメッセージを伝えようと、20日から東京 銀座のデパートにある時計塔から「命の鐘」と題して、鐘の音が流されることになりました。

鐘の音は午後7時ちょうどから流され、緊急事態宣言が出され、ふだんより格段に人通りが少ない銀座の町なかに鳴り響きました。

鐘の音は、毎晩7時から流され、「YouTube」などでも配信される予定です。

企画した郷司望さんは、「一日に一度、一緒に医療関係者に感謝の気持ちを示すきっかけになれたらと思います」と話していました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200420/k10012397281000.html

パデミック2020

2020-04-14
地球の上では、こんなことになっています。

個人情報の取り扱いガイドラインについて

2020-04-15
厚生労働分野における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン等

仰せを蒙りて

Facebook 大谷派における学事の潮流

2020-05-05

『香月院語録』 法蔵館

2020-05-05
大谷派の教学は、学寮での宗学をその源流とします。
https://jodo-shinshu.info/2020/02/27/21913/
香月院深励師似影(永臨寺所蔵)

「本当の生命(いのち)は形があっても形がないのである」  曽我量深 

2020-05-12
形のない本当の生命(いのち)が見えないから、私たちは亡くなった大切な人の行方をさがし続ける。
  • 「本当の生命(いのち)は形があっても形がないのである」  曽我量深 

例えば、冬になると木の葉が落ちるが、それは木が枯れたからではなく一時的に樹の生命が地に埋もれているので、春になればまた芽をふくのである。形のない生命が形をとっていく。象徴である。生命あるものは全く象徴である。生命は作られるのではなく、生まれてくるのである。

(中略) 

作るというのは無から有を作るのであり、生むというのは生まれるべきものがあって生まれてくるのである。生むのは自然法爾に生まれる。それが象徴の世界である。この象徴の世界は誠に広い世界である。この世界を一如平等の世界、理屈のない世界という。

曽我量深『真実の救済』(文明堂発行)

 

 


 

形のない本当の生命(いのち)が見えないから、私たちは亡くなった大切な人の行方をさがし続ける。亡くなった大切な人の本当の生命(いのち)は間違いなく今も生き生きと生きていていて下さるのに、形しか見えない私たちには本当のいのちが見えない。

その本当のいのちばかりの世界が「浄土」と呼ばれる一如平等の世界であって、亡くなった大切な人も、この私も、この浄土に生かされて生きている。

どこまでも理屈の欲しいわたしだが、浄土が見えないわたしの暗さこそがそのままわたしを照らし出してくれている浄土の光を教え続けてくれる。

 


 

  

ちかひのやうは、無上仏にならしめんと誓ひたまへるなり。

無上仏と申すは、かたちもなくまします。かたちもましまさぬゆゑに、自然とは申すなり。 かたちましますとしめすときには、無上涅槃とは申さず。かたちもましまさぬ やうをしらせんとて、はじめて弥陀仏と申すとぞ、ききならひて候ふ。

 弥陀仏は自然のやうをしらせん料なり。この道理をこころえつるのちには、この自然のことはつねに沙汰すべきにはあらざるなり。

つねに自然を沙汰せば、義なきを義とすといふことは、なほ義のあるになるべし。これは仏智の不思議にてあるなるべし。

 正嘉二年十二月十四日

 愚禿親鸞八十六歳

学ぶということ

2020-05-21

634
学というものは、「解ゲ」に関する学と「行ギョウ」に関する学と二つ、善導は立てたわけです。
これはやはり「知る」ということの学だけでは学は尽くされないのです。
実行するという、実践の学というところにやはり人間の構造がある。
人間が人間になるために学というものが出てくるのでしょう。
人間を完成するという意味が学ということになるのでしょう。
それについていろいろ善導は非常に大事なことを言っているわけです。

635
解を学するという場合には、一切を我々は学することが出来、また学さなければならないと。
一切です。
どれをこれをではない。
一切を学するということが要求されるし、また必要であると。
けれども行の場合はそうはいかないと。
これは有縁の法に藉(よ)れと。
縁のある法に藉れという具合に言うのです。
知るという場合は自分に反対するものでも知る必要があると。
自分に合うものではない。
自分に合わないものでも知るためには必要であると。

636
仏教を学ぶ場合に、仏教に反対する思想もあるだろうと。
「知る」というならばそれも知る必要があると。
こういうようにやっていくのが解学というものでしょう。
けれども行の場合はそうではない。
「知ったこと」と「知った自分」とがどうなるかと。
その知ったことで自分は救われるのか、救われないのかと。

637
解学のほうは救われようが救われまいが関係なしに知っていかなければならない。
行の学は、知るということは私にとって、自己にとって、どういう問題かと。
知るのは自己を超えるのです。
けれども自己ということが問題になってくるというと、きみのやった学問はきみ自身にとってはどういう意味をもつかと。
そういうような具合になってくる。

638
知られたものによって、知るもの自身が解決されていく。
もっと広い言葉でいえば、救われていくと。
「救い」というのは自己に関係する。
「知る」のは救いとは関係ない。
けれども、自己の存在がそれによって解決されていく、救われていくというようなことになると、やはりそこに「行」という字が出てくるのでしょう。
行学と。

639
行の学、それは一切ではないのです。
縁の有る法に藉(よ)れと言ってあります。
非常に大事な言葉です。
有縁という言葉が出てきます。
人間の構造が知と行の二つで完成する。
人間の構造に基づいて人間を完成していくということが、解・行、この二つで表わされるのです。

大乗、そして方便

2020-05-21

631
真実ばかりあるのは仏教では小乗仏教というのです。
大乗には方便がある。
方便回向ということがある。
大乗仏教の大という字は方便から出てくるのです。
大乗教学というのは方便教学です。
それが非常に大きな特色ではないかね。
小乗は方便がないのです。
小乗は真実しかないから小乗なのです。

632
方便か無いというと真理が痩せ細ってしまうのです。
真実から方便を生み出して、その方便によって真実を成就すると。
そういうときに真実が広がってくるのです。
方便という思想が大乗仏教だと思うのです。
巧方便回向と。
その方便というものを最も純粋な形で示したのが回向です。
巧方便というのは善巧方便回向です。
善巧方便の働きが回向です。

 

 

 

 


633
『願生偈』のうしろのほうに五念門というものが述べてあるのです。
智慧、慈悲、方便というようなことがあるのです。
智慧と慈悲と方便です。
普通は智慧と慈悲で終わってしまうのでしょう。
あらゆる教学は智慧と慈悲です。
その智慧と慈悲とにもう一つ、方便というものを加えて、智慧、慈悲、方便と。
これが『浄土論』というものの非常に大事な点ではないかと思います。
普通は慈悲と方便とは一つにして智慧と慈悲で二つだと。
こういうのが普通の考え方です。
そうではないのです。
三門に分けてくるのです。

お釈迦様の話

釈尊の生涯と教え

2020-04-19
https://youtu.be/EvjMcWZGzQg?list=PLERGeJGfknBQ5l6kTs05lLYDa_4FGOlAF
中村元 - ブッダの生涯 【HD】
https://youtu.be/NWZtkxP3eGg
仏教の本質 哲学者「中村元」

釈尊のお説法

2020-04-07

五戒について

2020-04-25
今月のことば 平成18年8月のことば

今月のことば

4月のことば
実るほど頭を垂れる稲穂かな

4月は学校では入学の、会社では入社の季節です。入学される皆さん、入社される新入社員の皆さんは、新しい世界でいろいろなことを学び、吸収し、成長していく自分や、新しいことにチャレンジする自分への期待と希望に胸をふくらませていらっしゃるのではないでしょうか。これから進まれる新たな環境のなか、皆さんが日々試行錯誤し努力しながら、一歩一歩着実に成長していかれますことを心より念じております。

 

さて今月は、新たな一歩を踏み出される皆さんが今後さまざまなことを学び、経験されていくうえでご参考になればと思い、「人間の知恵」と「仏の知恵」について考えてみたいと思います。

 

まず人間の知恵とはなんでしょうか。広辞苑によると知恵とは、「物事の理を悟り、適切に処理する能力」とあります。人間の知恵には、生きるための知恵、仕事をスムーズに進めるための知恵、成績や結果を出すための知恵などさまざまな知恵があると思いますが、その知恵を得るために私たちは多くの知識を覚え、理解し、学問を深め、教養を身につけようと頑張ります。つまり自らが「賢くなろう」と努力するわけです。

 

これに対し、仏の知恵とは、仏の方から私たちに働きかけ、さまざまなことに執着し、他者と比べて優劣を気にし、他人を妬み嫉む自分の姿に気づかせ、目覚めさせてくれます。この働きを仏教では光と表し、仏の知恵の光に照らされ、私たちは今まで見えなかったことを見えるように、気づかなかったことに気づかされ、目覚めさせていただきます。つまり煩悩まみれの自分の姿に気づき、ただ頭が下がるようになります。

 

このように人間は自ら賢くなるように努力し、知恵をつけようと頑張るのですが、ついてきた知恵を誇り、自分の力で生きていけると思うようになると横柄になります。また、自分の言うことが正しく、自分は善人であると思い込んでしまいます。自分の力で生きていると思っているので、仏の働きに見向きもせず、自分の姿を正しく見ることができなくなり、おのずと頭が上がってしまいます。

 

「実ほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉を皆さん一度はお聞きになられたことがあるのではないでしょうか。この言葉の意味は、「故事・俗信 ことわざ大辞典(小学館)」によりますと、「稲の穂は実が入ると重くなって垂れ下がってくる。学問や徳行が深まるにつれ、その人柄や行為がかえって謙虚になることのたとえ」とあります。頑張って身につけた知識、学問、教養が本当に深まり、身についてくると、おのずと人格も形成され、周囲に対し「お陰様で」と謙虚になり、思いやりの心を持って接することができるようになります。この「深まり」こそが仏の知恵の働きかけであり、「実ほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉は、すぐ思い上がり、自惚れてしまう私たちに、そうした自分の姿になってないか問いかけてくれる言葉ではないでしょうか。

 

近年、自らの知恵を頼み、高圧的になったり、自分の意見以外は間違っていると固執する人が増え、人間関係や社会がギスギスすることが多くなってきたように感じます。「お陰様で」というこれまで大事にしてきたことが薄れてきたようにも感じてしまいます。これから入学される皆さん、入社される新入社員の皆さんには、知識を覚え、理解し、学問を深め、教養を身につけるプロセスの中で、頭が上がりがちな自分の姿に気づかせてくれる仏の働き(知恵)に素直に耳を傾ける心がけを持っていただきたいと思います。そうした心がけを持って日々精一杯努力することで、皆さんの人生がより実りあるものになるのではと思うのですがいかがでしょうか。(宗教部)

 

https://gakuen.koka.ac.jp/archives/571
 

光華の心

本学園では校訓「真実心」に込められた願いを「光華の心」と表しています。
「光華の心」とは「向上心」「潤いの心」「感謝の心」の3つの心です。
本学で学ぶ全ての方々が「光華の心」の実践者として、常に「向上心」を持って自己を精一杯生き、自我に捉われることなく、
他者をあたたかく思いやる「潤いの心」と、他力により生かされていることへの「感謝の心」を忘れず、他者と共生できる女性、
即ち、社会を照らす「光」となり、社会を潤す「華」となる女性に育って欲しいと願っています。

Facebook 仏教美術の世界 仏像・伽藍の逸品等の情報ページです。

2020-04-26
https://www.facebook.com/groups/766265100476717/

ブッダは80歳の時最後の旅に出た。

2020-05-04
https://youtu.be/7WXzEe8xQvo  その旅でいかに老いを受け入れ、病に耐え、死を迎えたのか。作家の五木寛之が道程をたどる。
http://kintaku3.blog.fc2.com/blog-entry-160.html

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

『紺碧の空』と『栄光の早稲田』

2020-05-26

戦争の世紀の幕開け

2020-05-21
Facebook 佐々木信雄さんの投稿

【20世紀の記憶 1914(T3)年】
 

(第一次世界大戦 勃発)
*7.28/墺 オーストリア、セルビアに対して宣戦布告、「第一次世界大戦」勃発!
 

 サラエボ事件で、オーストリア=ハンガリー帝国政府は、セルビア政府に対して宣戦を布告し、第一次世界大戦が開始された。当初は、関連諸国に世界戦に拡大するという認識は薄かった。しかしその背景には、一触即発で世界大に広がる複雑な構図があった。
 

 直接はオーストリアとセルビアであったが、オーストリアの後ろにはドイツ帝国があり、セルビアは汎スラブ主義を進めるロシア帝国があった。そしてさらに各国は、ドイツ・オーストリア・オスマン帝国・ブルガリアからなる中央同盟国(同盟国)と、三国協商を形成していた英・仏・露を中心とする連合国(協商国)と、2つの陣営に分かれ対立した。
 

 さらに日本が日英同盟を理由に参戦し、イタリア、アメリカも連合国側として参戦する。そして、それら列強が世界中に植民地展開していたため、植民地間での戦闘も含めて、またたくまに世界を巻き込む戦争となった。一般では戦争が早期に終結するものと楽観されていた。
 

 しかし、進化した機関銃の組織的運用等により、防御側の優位の状況が生じ、「塹壕戦」による持久戦が主流となり、戦線は膠着し、戦争は長期化した。この結果、大戦参加国は、国民総動員体制をとり、国民経済のすべてを投入する「国家総力戦」を強いられ、それまでの常識をはるかに超える物的・人的被害がもたらされた。
 

 協商国側は海上封鎖で、同盟諸国の植民地との連絡を断つ戦略を展開し、経済を疲弊させた。1918年にはオスマン帝国、オーストリアで革命が発生して帝国が瓦解、ドイツでも、キール軍港での水兵の反乱で、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世は退位に追い込まれ大戦は終結した。足かけ5年にわたった戦争では900万人以上の兵士が戦死し、その人的被害、経済的被害は、史上初の世界大戦として記録された。
 

 第一次大戦の結果、戦敗国であるドイツ、オーストリアは当然のこと、戦勝国側のイギリス、フランスも国力が疲弊し、やがてヨーロッパ諸国に代ってアメリカが世界の中心に登場する原因となった。またロシアでは、大戦末期にロシア革命が起り、内戦状態となり、終戦をまたず離脱することになった。
 

 第一次大戦を舞台にした映画は数多くある。激戦の戦場を描いたものは多いが、これも大戦を背景にしたものだと言うのを挙げてみると、『アラビアのロレンス』"Lawrence of Arabia”、これはイギリスの諜報将校として、アラビア人の世界に入りこみ、アラビアの独立に協力するロレンスを描く。
 

 また、スピルバーグ『戦火の馬』"War Horse" は、第一次大戦に投入された馬の、数奇な運命を描いた、異色の戦争映画。
 

(追補)
 イギリスの「三枚舌外交」は、以下の三つの協定に集約され、それぞれ、アラブ・フランス(+ロシア)・ユダヤの利害に配慮した。その相互矛盾がのちの中東問題の起点となった。

 1. 1915年サイン=マクマホン協定(中東のアラブ独立)
 2. 1916年5月サイクス・ピコ協定(英仏露による中東分割・秘密協定)
 3. 1917年11月 バルフォア宣言(パレスチナにおけるユダヤ民族居住地建設)
 

 オスマントルコが束ねていた地域が、小トルコとそれ以外に分割され(!)、その残余部分が西欧列強によって勝手に分割され(2)、ユダヤ資金と引き換えに、後のイスラエル建設に暗黙の了解を与えた(3)。まさに現在の中東地図に描かれる状態を準備したことになる。
 

 ロレンスは1の実現をタテに工作を進めたが、2・3によって、まったく別の中東世界が形成されることになる。英の「一枚目の舌」に乗っかって暗躍した小物に過ぎなかった。
 

〇この年の出来事
*8.15/パナマ 大西洋から太平洋へ、基線が通り抜けた。苦難30年、パナマ運河開通。
*8.23/日 日本、ドイツに対して宣戦布告。
*10.14/南洋諸島 日本軍、ドイツ領南洋諸島を占領し、同盟国イギリスと「山分け」する。
*11.1/日 少年雑誌『少年倶楽部』創刊。発行元は「大日本雄弁会講談社」
*12.18/日 帝都交通の要「東京駅」が開業、ヨーロッパ風の赤煉瓦3階建て。
 

*ブログで読む>https://naniuji.hatenablog.com/entry/20170509

フォーディズムの時代

2020-05-20
Facebook 佐々木信雄さんの投稿
ヘンリー・フォード
流れ作業
ベルトコンベア式組み立てライン
量産車 T型フォード

【20世紀の記憶 1913(T2)年】
 

(T型フォード量産)
*4.1/米 大衆車「T型フォード」量産体制に。ベルトコンベヤ方式による分業を導入する。
 

 1908年に発売された「フォード・モデルT」は、この年1913年には世界初のベルトコンベア式組み立てラインを導入した。それまで数人の熟練工の手作業で、数日かけて完成車にしていたが、ベルトコンベアによる流れ作業による分業化にするには、単にコンベアを導入すればよいというものではない。コンベアの流れる時間に合わせて、人員配置から部品の規格化まで、すべて「システム」として同期させなければならない。
 

 部品の簡素化・内製化、流れ作業による未熟練工員の間での分業化により、車体1台の組み立て時間は12時間半からわずか2時間40分に短縮され、年生産台数は25万台を超えた。1908年の初生産から1927年まで、T型フォードは、基本的なモデルチェンジのないまま、通算で1,500万台が生産された。これに相当するのは、2100万台以上を生産されたという、後年のフォルクスワーゲン・タイプ1(通称ビートル)のみである。
 

 ヘンリー・フォードが作り上げた大量生産、大量消費という生産販売システムは、現代の資本主義の象徴するモデルとなり「フォーディズム」と呼ばれる。それは、大量生産できる高効率の工場設備、従業員のモチベーションを高める高給料、一台当たりの生産コストの革新的な低減などを組み合わせた画期的な方式であった。それは単なる工場管理法にとどまらず、フレデリック・テイラーの提唱する「科学的管理法」を採り入れた総合的マネジメント・システムであった。
 

 「フォーディズム」は自動車業界にとどまらず、20世紀における労働、経済、文化、政治などの各方面に多大な影響を及ぼした生産活動であった。しかし、充分な機能の車を低価格で提供すればよいというヘンリー・フォードの考え方は、時代の流れの中で劣化していった。一方、フォード社のライバル、ゼネラルモーターズ社(GM)は、消費者のニーズに合わせた多品種の車種を生産し、割賦販売を導入するなどして、黒色ボディー一色にこだわり続けた実用車T型フォードを圧倒していった。
 

 結局、フォーディズムも科学的管理法も、究極的に効率を追求するシステムであった。そこでは、機械や部品と同様に人間も効率性の下に評価される。機能が優れて低価格ならば顧客は満足する、賃金が高ければ従業員は充足する、しかしこの考え方は、生活に余裕が出始めた消費者には通用しなくなる。また、いかに高賃金であろうとも、長時間を単純作業で過ごす従業員は耐えられなくなる。
 

 さまざまなニーズの消費者に向けて、自動車ディーラーの店頭には多品種のカラフルな車が並び、製造工場でも、ベルトコンベア方式を廃したボルボ社カルマール工場の生産実験が、経営学の話題に上るなど、人間をシステムの一つのモジュールとして扱う側面が批判された。しかし、効率性の追求は資本主義の基本原理であり、その中で、消費者のニーズをいかにつかむか、従業員のモチベーションをいかに高めるかが、マネジメントの世界では追及され続けている。
 

 チャーリー・チャップリンは『モダン・タイムス』で、機械の一部分となる労働者を描くことで、資本主義社会や機械文明を痛烈に風刺している。さすがに現在では、このような状況は解消されたかに見えるが、資本主義社会であるかぎり、人は「効率」という指標にさらされ続けていることに変わりはない。
 

(補記)
 テイラー科学的管理法やフォーディズムのアンチテーゼとして、経営学教科書に必ず出て来るのが、戦前の有名なウェスタン・エレクトリック社「ホーソン工場研究」と、戦後ではボルボ社「カルマール工場実験」だ。これらの実験では、作業に関わる労働者のモチベーションが重要であることが明らかになった。
 

 科学的管理法は、人間を物理的客観的にとらえて作業効率を図ろうとする。ホーソン実験も当初は、作業条件と作業効率の関係を調べる目的で始められた。
 

 しかし作業環境を悪くしても、実験の作業効率は上がり続けた。当初の想定と違って、実験で注目されているという作業者の「モチベーション」が能率を高めているのだという結論を得た。
 

 戦後、スェーデンのボルボ社カルマール工場では、労働者の主体性を尊重するという労使間の合意により、非人間的なベルトコンベア・システムを廃止した。その結果を引用すると、

 >>1970年代、労働条件改善のためにベルトコンベアー生産方式を廃止し、各工程で工員数人から成る作業チームを主体とした生産方式を採用した。これは労働者に歓迎され、生産技術者らの注目を集める一方で、労働コスト高騰によって国際競争力を失い、結果として高級車の生産に移行していかざるを得なくなった。<<
 

 つまり、労働者の意欲は高まって充足されたが、生産効率は、コンベア・オートメーションには劣ったということだ。結果的に、ボルボ社は高級車にシフトし、そのブランド力を獲得した。
 

 これは、T型フォードの時代には成り立たず、戦後の経済が確立して、消費者が豊かになり、品質重視の選択をするという状況が出来てきたからであった。
 

〇この年の出来事
*5.28/仏 ストラビンスキーのバレエ組曲『春の祭典』、パリ初演は不満と嘲笑につつまれる。
*7.1/日 宝塚新温泉の余興に女子唱歌隊が誕生。「清く、正しく、美しく」をモットーに、「宝塚歌劇団」の前身となる。
*9.7/欧州 独・墺・伊「三国同盟」を強化! 英・仏・露の「三国協商」に対抗。
*10.11/台湾 日本統治下の台湾で「独立蜂起計画」発覚。指導者ら20人、死刑に。
*11.16/仏 無意志的回想『失われた時を求めて』、プルーストが自費出版。
 

*ブログで読む>https://naniuji.hatenablog.com/entry/20170506

チャップリンという生き方

2020-05-20
自由を求めて渡ったアメリカも、彼にとっての終の住家はとならなかった。
冷戦、レッドパージの嵐の中、彼はアメリカを離れ、スイスへと渡った。
チャップリン夫妻とアインシュタイン博士。

~チャップリン『独裁者』の演説~

2020-05-20
チャップリンの映画『The Great Dictator』

チャップリンの名作映画『独裁者』(原題 "The Great Dictator")は,ヒットラーの台頭に脅威を感じたチャップリンが独裁者をユーモアを交えて批判するために1940年に制作した映画で,チャップリン初の台詞音声付きの映画でした。

▼私は以前,このスピーチを真似ようと思い,何度も何度も見返しているうちにあることに気が付きました。それは,チャップリンの視線と体の動きについてです。上の動画では,スピーチが始まって1分48秒までまっすぐ前を見据えて淡々としゃべっていますが。1分49秒で初めて顔を右に向けます。その後,左右を交互に見ながら,スピーチは次第にヒートアップしていきます。しかし,顔と体の向き以外,一切体の動きはありません。

▼通常,こうしたスピーチでは腕を振り上げたり,誰かを指さしたりと,手や腕の動きを伴います。ところがチャップリンはそうした動きを一切見せないのです。言葉の抑揚は次第に大きくなり,徐々に早口になりながらも,腕の動きを一切使わないことで抑制のきいた演技になっているのです。言葉の抑揚と表情,顔の向き。それだけで人の目をくぎ付けにしています。そしてこの動画では3分25秒,本当に最後の最後になって "Let us all unite!!"(団結しよう!)の叫びとともに左腕を掲げるのです。いわば,冒頭からこの3分25秒までの演技が,この高く掲げられた左腕に集約されているとも言えます。

▼これこそが,台詞を伴わぬ無声映画で磨き抜かれたチャップリンの才能なのでしょう。そして,台詞回しにしても,これだけのスピーチを淀みなく,しかもかなりの早口で,かつ,感情をこめ,聴く者を引き付けて離さぬような抑揚で語りつくしているのです。

Now let us fight to fulfill that promise.  Let us fight to free the world to do away with national barriers, to do away with greed, with hate and intolerance.  Let us fight for a world of reason, a world where science and progress will lead to all men's happiness.  Soldiers, in the name of democracy, let us all unite!!!!!

(今,その約束を果たすために戦おう。世界を解放するために戦おう。国境を廃止し,貪欲さをなくし,憎しみと不寛容をなくすために。理性の世界を求めて戦おう。科学と進歩がすべての人間の幸福につながるような世界を。兵士たちよ,民主主義の名のもとに団結しよう!)

https://youtu.be/40OfHEPnH6U

ちょっと気になる歌・唄

Face book 時代 唄

2020-04-22
https://www.facebook.com/groups/426829040985103/
今のカバー写真 レ・ガールズです。

「帰らんちゃよか」

2020-05-22
https://youtu.be/DWfHs12pkzY

「アカシヤの雨がやむとき」

2020-05-18
https://youtu.be/ttyL7DcfcJM?t=4

古関裕而の楽曲、それは、この曲から始まった。

2020-05-15
https://youtu.be/fMBHIZU9x28 『ビッグショー古関裕而』

Superfiy 「フレア」

2020-05-16
https://youtu.be/0vJrBbcsfac

ちょっと気になる絵

Facebook 傳燈

2020-04-27
10.年20年ではない、永い永い歴史を経て今日まで伝わったものについて
2020(令和2)年の歌会始

Facebook 逸品の世界

2020-04-26
いろいろな分野の逸品を、お楽しみください。
大木の亰人形

大河ドラマアーカイブス

2020-05-22

路線変更です。

2020-05-14
ロマンから義理と人情の世界、そして・・・。
健さんの世界へ

巨匠の時代

2020-05-14
世界のクロサワです。

【Face bookのページ】 味覚嗜好について

味覚嗜好のページ

『ヒタスタイル』5月号 テイクアウト特集。

2020-05-06
ここから始まりました。
中々よいです!

『ヒタスタイル』5月号 テイクアウト特集。

2020-05-06
イタメシは、いかがですか?
日田やきそばも、テイクアウト可です!

大分県日田市、テイクアウト特集です。

2020-05-06
『ヒタスタイル』5月号 「今できる、あんなことこんなこと100」  そして、このテイクアウト特集。
穴井 優さんからの提案です。

大分県日田市のテイクアウト特集  『ヒタスタイル』5月号

2020-05-06
スイーツは、いかがですか?
プレゼンターは、穴井優さんです!

今が旬です。

2020-05-16
長崎県茂木の枇杷
宮﨑県都城のマンゴーです。
TOPへ戻る