本文へ移動

今、願正寺では?

今、願正寺では・・・?

この方を探せ!!

2021-09-22
この絵の中に、いらっしゃいますが・・・、果たして何処に?

本堂中尊前から、この方が、皆様をご覧になっていらっしゃいます。

2021-09-22
160年ぶりのお色直しでした。

彼岸会の立花です。

2021-09-22
中尊前です。
祖師前です。
御代前です。
北余間です。
寂静閣です。

彼岸会の本堂です。

2021-09-22

彼岸会の荘厳

2021-09-22
自然光です。
ライトアップ

当代と家族が歩んだ時代

9月3日(金)~9月7日(火)に小惑星探査機「はやぶさ2」の帰還カプセルなどを、

2021-08-06
ロマンスカーミュージアムで展示する「小惑星探査機『はやぶさ2』の旅×ロマンスカーの旅」の開催が決定

二男の晋は、調布の電通大時代に、調布のJAXAで学んでいました。

2021-08-06
【特別展示!歴代ロマンスカー×小惑星探査機「はやぶさ2」】
9月3日(金)~9月7日(火)に小惑星探査機「はやぶさ2」の帰還カプセルなどを、ロマンスカーミュージアムで展示する「小惑星探査機『はやぶさ2』の旅×ロマンスカーの旅」の開催が決定
今回の特別展示は、小田急沿線の相模原市にあるJAXA相模原キャンパスで開発や研究が行われてきた、小田急沿線生まれの「はやぶさ2」に親しんでいただきたいという想いで開催します!
詳しくは以下のURLをご確認ください。

当代、初めての上京は、1965年の夏でした。 

2021-07-29
こちらで、お茶いたしました。
Facebook ホテルニューオータニさん曰く
1964年のホテル開業時に、 東京オリンピックの来日客に日本が誇る富士山を見せたいという理念のもと、世界最大の回転展望ラウンジとしてオープンした「BLUE SKY」(現在はビュッフェダイニング「VIEW & DINING THE SKY」として営業中) 。
国立競技場から迎賓館、富士山までを一望する圧巻の眺望は、今もなお多くのお客さまに愛されています。

三愛のビルを建てた男

2021-07-29
 銀座4丁目の交差点には「和光」をはじめとしてシンボリックな建物が集まっているけれど、北西側の角に建つ「三愛」の円筒形のビルも銀座風景を象徴する物件、といっていいだろう。
昭和7年(1932)に竣工した和光(服部時計店)のビル(2代目)ほど古くはないものの、三愛ドリームセンターと呼ばれるこの建物が誕生したのはオリンピックより1年前の昭和38年(1963)の年頭だから、もう半世紀以上の時が経つのだ。
 当初、上層部のネオン看板は三菱のダイヤマークだったが、いまやリコー(RICOH)のロゴがすっかり定着した。

そう、カメラや複写機器で知られるリコーとファッションの三愛の創業者が同じだということを知る人は意外と少ない(僕も関係を知ったのは割と最近のことだ)。 

三愛のビルを建てた男

2021-07-29
 銀座4丁目の交差点には「和光」をはじめとしてシンボリックな建物が集まっているけれど、北西側の角に建つ「三愛」の円筒形のビルも銀座風景を象徴する物件、といっていいだろう。
昭和7年(1932)に竣工した和光(服部時計店)のビル(2代目)ほど古くはないものの、三愛ドリームセンターと呼ばれるこの建物が誕生したのはオリンピックより1年前の昭和38年(1963)の年頭だから、もう半世紀以上の時が経つのだ。
 当初、上層部のネオン看板は三菱のダイヤマークだったが、いまやリコー(RICOH)のロゴがすっかり定着した。

そう、カメラや複写機器で知られるリコーとファッションの三愛の創業者が同じだということを知る人は意外と少ない(僕も関係を知ったのは割と最近のことだ)。 

三愛やリコーを立ちあげた市村清という人物、これだけにとどまらず、ユニークな発想とエネルギーでいくつもの会社を成功させた才人なのだ。

今日の朝刊

上(じょう)は安全?

2021-10-22
読売新聞の朝刊 2021.10.22

師匠のオオム

2021-10-21
読売新聞の朝刊 2021.10.21

衆議院議員選挙、きょう公示です。

2021-10-19
読売新聞の朝刊 2021.10.19

色彩

2021-10-17
読売新聞の朝刊 2021.10.17

川柳

2021-10-16
読売新聞の朝刊 2021.10.16
TOPへ戻る