本文へ移動

今、願正寺では?

今、願正寺では・・・?

お内仏の荘厳です。

2021-09-23

彼岸中日の朝です。

2021-09-23
数日前より、境内墓地、納骨堂への参詣が続いています。

秋の彼岸中日、東の空に、陽が昇りました。

2021-09-23

立派な栗が、お供えされました。

2021-09-22
甘皮煮の用意をしています。

この方を探せ!!

2021-09-22
この絵の中に、いらっしゃいますが・・・、果たして何処に?

【大分県日田市】真宗大谷派 平野山 願正寺

Facebook平野山 願正寺

2020-09-07
ほぼ毎日更新される願正寺の法務ベージです。

Facebook日田市 願正寺

2021-02-20
Facebook平野山 願正寺のサポートページ

お斎について

2021-02-20
お斎について困ったら・・・。

秀逸/初盆のお斎弁当

2021-08-08
調製は、大分県日田市の花門さんです。

今日の茶菓

2021-02-20
ご法事の「茶の子」や「茶菓」に困ったら・・・。

当代と家族が歩んだ時代

当代が、こちらと出遭ったのは、昭和40年の頃の事でした。

2021-03-06
初めて日奈久へ行った時のことでした。
Facebook永井由紀夫さん曰く
昭和57年撮影の一枚。
熊本県八代市にある日奈久駅(後の日奈久温泉駅)では、本数は減っていましたが、昭和59年まで駅前から温泉Facebook石川進さん街まで乗合馬車が運行していました 

日ノ隈小学校には、「なかよし像」があります。

2021-04-13
この年に、当代は、この小学校へ入学いたしました。 事故を心配した先々代が、通学路の三差路で、黄色い旗を持って、交通整理を始めました。


司ちゃんが亡くなって1年後(一周忌)に,司さんのご両親が,「二度と痛ましい交通事故が起こらないよう,日隈小の子どもたちが,なかよく・安全で健やかに育ってくれるように…」との願いを込めて「なかよし像」を建ててくださいました。それ以来,毎月19日を日隈小「全校安全の日」として,みんなの安全を守り安全に対する意識を高めるための集会・活動などが継続されてきました。

(「なかよし像」は,はじめ旧校舎の正門右側の校長室横に建てられましたが,新校舎建築のため,現在の運動場北側に移転されました。)

「なかよし像」の由来について

また,この痛ましい出来事がきっかけとなって,校区総ぐるみで通学路の舗装を進めましたし,願正寺の南木さんが毎朝,亀山橋の交差点で交通指導をしてくださったり,育友会でおうちの人が毎朝交代で各町内の要所で子どもたちの登校を見守るということも始まり,今も続いています。

当代の生まれた年です。

2021-04-15
Facebook永井由紀夫さん曰く

当代の母(14世坊守)里寺を紹介いたします。

2021-02-09
大牟田市の真宗大谷派 光圓寺です。

当代の母の父(祖父)は法城山光圓寺住職、大牟田市教育長、市議会議長も務めました、

2021-05-08
この庁舎で、日教組の教諭方、三池の三井労組と対峙いたしました。
大牟田市役所本庁舎旧館です。

FacebookAkihiko Terauchiさん曰く



大牟田市役所本庁舎旧館です。
62mの正面長と5層の塔屋が特徴的な建物は、1936年(昭和11年)に建築されたRC造4階建で国の登録有形文化財となっています。
玄関上部の大きな庇とレリーフ、複数の胴蛇腹で平板になりがちな外観が引き締められています。
TOPへ戻る