本文へ移動

今、願正寺では?

当山の寺務レボート

親鸞聖人御真影の尊前に仏供を供える暢裕門首

2020-07-02
『中外日報』2020年7月3日 15時46分

大谷暢裕門首が就任
 前門と晨朝法要出仕 

『中外日報』2020年7月3日 15時46分

真宗大谷派の大谷暢裕門首(68)が1日に就任し、同日午前7時から営まれた真宗本廟(京都市下京区)の晨朝法要に出仕、門首としての第一歩をしるした。

6月30日に退任した暢顯前門(90)からの門首継承を巡っては同日午後と1日早朝に就退任の儀式を予定していたが、6月29日に宗務所の職員1人が新型コロナウイルスに感染したことが判明し、急きょ中止になった。このため、1日の晨朝法要は通常の式次第で営まれた。

TOPへ戻る