本文へ移動

【大谷派】作法と荘厳

真宗本廟の仏事

東本願寺HP

2020-04-07

【ご案内】春の法要2021

2021-02-25

真宗本廟では、4月1日から4日まで、「春の法要」をお迎えします。また、5日には、宗祖親鸞聖人御誕生八百五十年・立教開宗八百年慶讃法要「真宗本廟お待ち受け大会・本廟創立七百五十年記念大会」を開催いたします。
本年の「春の法要」並びに「お待ち受け大会」については、このたびの新型コロナウイルス感染症拡大に鑑み、「真宗大谷派東本願寺【公式】Youtubeチャンネル」にて、インターネットライブ配信を行いますので、インターネットにてご覧くださいますようご案内します。

※感染症拡大の状況によっては、日程・行事内容等が変更される可能性がありますので、何卒ご了承ください。

春の法要 / 真宗本廟お待ち受け大会・本廟創立七百五十年記念大会 | 東本願寺 (higashihonganji.or.jp)

聖徳太子千四百回忌御正当法要が勤まりました

2021-02-25
2021年2月22日 更新
大谷裕新門による焼香の様子

2月21日と22日に真宗本廟・阿弥陀堂では聖徳太子千四百回忌御正当法要が勤まりました。
大谷派では50年ごとに聖徳太子の御正当法要を勤めており、
21日は16時から逮夜法要を勤め、22日は7時からの晨朝法要、10時から日中法要を勤めました。

聖徳太子は「十七条の憲法」の中で、
一つに曰く、和らかを以って貴(たっと)しとし、忤う(さか)ること無きを宗とせよ。(略)
二つに曰く、篤く三宝を敬え。三寶とは佛と法と僧となり。(略)
と示しており、平和で争いがなく、和やかであることを大切にし、目覚めた人(仏)・真実の教え(法)・仏の教えに生きる人々の集い(僧)を敬う、という精神に基づく政治を行い、人々からあつく信仰されていたとされています。

親鸞聖人も聖徳太子を深く尊敬した一人であり、親鸞聖人が29歳の頃、20年もの間修行をしていた比叡山を降り、聖徳太子が建立したと伝えられる六角堂を訪れ、100日参篭を決意し、聖徳太子の化身といわれている救世観音から夢告を受けたと伝えられています。

また、親鸞聖人は晩年に『皇太子聖徳奉讃』(『真宗聖典』507頁~)を11首つくられ、聖徳太子への敬いの気持ちが読みとれます。
21日の逮夜法要では和讃の7首が、22日の日中法要では4首が読まれました。

聖徳太子千四百回忌御正当法要が勤まりました | 東本願寺 (higashihonganji.or.jp)

【アーカイブス】御後継決定です。

2021-02-25
伯剌西爾のSão Paulo別院余間に奉懸された法名軸です。
大谷光暢先門首の弟・故大谷暢慶(ちょうきょう)氏(能明院)
2014年4月30日更新

2014年4月30日更新

継承審議会において門首後継者に大谷暢裕鍵役が選定されました

4月30日、継承審議会が招集され、大谷暢裕(ちょうゆう)鍵役・開教司教が門首後継者に選定されました。
同氏は、大谷光暢先門首の弟・故大谷暢慶(ちょうきょう)氏(能明院)の長男であり、大谷暢顯門首のいとこに当たります。
2011年に鍵役及び開教司教※に就任。以来、海外開教区においては開教司教として別院住職たる門首の補佐を、また真宗本廟においては鍵役として報恩講等の法要に出仕するなどその任に当たっておられます。

≪大谷暢裕氏コメント≫
継承審議会において私が門首後継者に選定されたとのお知らせをいただき、慎んでお受けいたしました。責任の重さに身の引き締まる思いであります。
日本とは文化も習慣も異なる南米育ちの私に、そのような重責を担うことができるのかという不安はございますが、あらためて真宗の教えが、民族も国境も越え人類平等の救いを全うする普遍の大道であったことを思い知らされております。
門首後継者としての覚悟をもって聞法研鑽に励みつつ、引き続き、鍵役・開教司教として門首の補佐に務めてまいります。

≪略歴≫
1951年 8月17日生まれ
1952年 父親・大谷暢慶氏の南米開教区開教使発令に伴い渡伯
1976年 サンパウロ大学物理学部学士課程卒業
1979年 航空技術研究所勤務
1985年 サンパウロ大学にて物理学博士号取得
1992年 4月7日 得度
2011年 11月22日 鍵役・開教司教就任

院号法名 能慈院釋修明

 

※鍵役
真宗本廟崇敬条例の定めにより、門首が管守する真宗本廟の宗祖親鸞聖人の真影を安置する御厨子の御鑰(かぎ)の管理にあたる。
内事僧籍簿に登載されている者から宗務総長が任命し、真宗本廟の両堂に奉仕し、儀式について門首を補佐する。

※開教司教
開教条例の定めにより、開教区の別院住職(門首)を補佐する役職。鍵役の中から宗務総長が任命し、開教区の僧侶及び門徒の代表として同朋とともに真宗の教法を聞信する。

ご苦労が報われた瞬間

2021-02-25
- 真宗大谷派(東本願寺)南米開教60周年 2019年8月27日
Facebook60 Anos Missão Higashi Honganji より

真宗大谷派の衣体(ころも)等について

同じ色目ですが・・・、正銀色葉萌黄五条。上が新、下が旧の違い

2021-01-24
Facebook真宗 大谷派 本正寺様より
櫨色、現と旧 変更には色んな経緯が有ります。

上座ニ等精好地紅松色皮裳附

2021-01-24
Facebook真宗 大谷派 本正寺様より
正絹長春色雲牡丹紋五条

上座三等精好地葉桜裳附と宗祖親鸞聖人七百五十回忌御遠忌記念白地蘇芳牡丹陰紋五条

2021-01-24
Facebook真宗 大谷派 本正寺様より

上座三等精好地含菊色裳付

2021-01-24
Facebook真宗 大谷派 本正寺様より


特殊功章五条袈裟

2021-01-24
Facebook真宗 大谷派 本正寺様より


作法について

御文拝読 

2020-12-05
御正忌です。真宗大谷派 九州教区 日田玖珠組 浄満寺 渡邊弘宣師(真宗本廟准堂衆)
渡邉先生の足跡
御自坊での750回御遠忌with御後継and信梧院殿
四日市別院での750回御遠忌with信明院殿
四日市別院750回御遠忌での御伝鈔拝読

2月21日と22日に真宗本廟・阿弥陀堂では聖徳太子千四百回忌御正当法要が勤まりました

2021-02-25
春の法要期間中の4月3日と4日には、聖徳太子千四百回御忌法要をお勤めいたします。
21日は16時から逮夜法要を勤め、22日は7時からの晨朝法要、10時から日中法要を勤めました。

聖徳太子祥月命日のお荘厳について

2021-02-21
今日は聖徳太子千四百回御忌御正当御祥月の逮夜ですが、『年中諸法要行事』で太子御祥月の荘厳を確認したら、中尊祖師両尊前には打敷は要らないみたい。初めて知りました。

畳の構造 『畳縁(たたみべり)』とは

2021-01-31

葬儀の『木花』(凶事用の仏花)を立てる

2021-01-21
中尊前
祖師前
御代前
南余間
お内仏

日常生活で出来ること

修正会2021

2021-01-09
お正月がやって来ました。
本堂御代前です。
北余間です。

修正会2021

2021-01-09
お正月がやって来ました。
本堂祖師前
立花です。

修正会2021

2021-01-09
お正月がやって来ました。
本堂中尊前
立花です。

修正会2021

2021-01-09
お正月がやって来ました。
絵骨堂です。
寂静閣(納骨堂)です。

除夜の鐘

2021-01-09
17時開始という日没直後からの「2020年の鐘」でした。
歳末後に閉扉
除夜の鐘
修正会用意完了して

大谷派のお荘厳について

RSS(別ウィンドウで開きます) 

宗祖750回御遠忌仕様

2018-09-23
南御堂内陣
中尊前
中尊前
真宗本廟での法要結願を受けて、各教区での宗祖親鸞聖人750回御遠忌法要がお勤めされています。
大阪教区、難波別院の内陣荘厳の絵です。
今回の御遠忌記念柄の松・竹・菊柄の打敷がかけられています。

 
中尊前の設えは、松に竹です。
秋の設えです。

輪灯(りんとう)

2018-08-02
輪灯(りんとう)

お仏壇の中を明るくする照明用の真鍮製の灯火具です。
真宗大谷派においては、
真鍮の棒を丸くまげた模様の無いシンプルな丸蔓のものを使用します。
輪灯の栓は内側に向けてさすのが作法となっています。
また、輪灯を吊る高さは、
輪灯の底が花瓶の上部と同じ高さになるように吊り下げます。

瓔珞(ようらく)

2018-08-02
瓔珞(ようらく)

重い法要の時のみ、輪灯の笠の上に吊し荘厳されます。
大谷派においては平常荘厳ではありませんので、
普段は片付けておくべきものです。


瓔珞の関連知識

 江戸時代の初期に京都の因幡薬師に独特の輪灯があり、これを西本願寺が模倣して導入したのち、そのままに東本願寺が真似をしたので、西本願寺がこれを防ぐため現在の様な豪華な彫りを施したといいます。その対抗上、東本願寺は笠の上に豪華な瓔珞を吊ったといわれています。

金襴輪・鈴台

2018-08-02
金襴輪・鈴台

大谷派においては鈴ぶとんは使用せず、
金襴輪という丸い輪に金襴を巻き付けたものを使用します。
また、を置く台を鈴台と言い、
大谷派では四角型をしたものを用います。
繰形により
①後平型(ごひらがた) ②八猪目型(やついのめがた) ③壼繰型(つぼくりがた)
とありますがすべて四角型をしております。

お仏飯(仏供/ぶく)

2018-08-02

(1) 仏器

 真鍮製でお仏供(ぶっく)を盛る器のことを仏器といい、
一対を上卓上の火舎香炉の両脇に供えます。
仏器の中には中板という板を入れ、
お仏供をその上に高く盛ります。
大谷派においては、
突出し盛糟(もっそう)という道具を使って、
蓮の実に似せて円筒形に高く盛りあげます。
お仏供は午前中にお下げするのが作法になっています。


(2) 仏器台

 仏器を乗せる台のことを仏器台と呼びます。
小さなお仏壇の場合、上卓をおくスペースがありません。
このような場合、
ご本尊の前にお仏供を一つ仏器台の上に乗せてお供えします。

TOPへ戻る