本文へ移動

お内仏のおかざり

【Face bookのページ】 真宗大谷派の作法とお荘厳

真宗本廟の仏事

東本願寺HP

2020-04-07

大谷暢裕門首・大谷裕新門の就任記者会見を行いました

2020-08-04
2020年7月30日 更新
7月30日午前、真宗本廟にて、7月1日付けで門首に就任した大谷暢裕門首(写真左)と、同じく新門に就任した大谷裕新門(写真右)の就任記者会見を行いました。
当初、就任日翌日の2日に開催予定でしたが、新型コロナウイルスの影響により、延期となっておりましたが、就任して一か月が経ち、開催の運びとなりました。
会見には、新聞社、テレビ局の報道関係者約30名が訪れ、「門首・新門としての目標は」、「門首にとって親鸞聖人とは」など、各社よりたくさんの質問がありました。
大谷暢裕門首は、「今の率直な思いや抱負を」という質問に対し、「門首という重責を担っていくことへのプレッシャーのようなものは感じていますが、同時に、とてもありがたいことだと思っております。抱負は、門徒の皆様と一緒に聞法し、親鸞聖人の教えを、膝を交えて聞いていきたいと思っています」などと述べ、
また、開教司教にも就任した大谷裕新門は、「新門・開教司教としての目標は?」との質問に、「ブラジル育ちであるという視点から、海外布教に尽力できるのではないかと思います。
誰とでも膝を突き合わせて聞法できる姿勢は、これからの日本においても欠かせないものだと思っており、海外の方との対話を通して、自分をあらめて見つめ直し、同朋社会の実現に尽くしたいと思っています」
と、答えました。
他にもさまざまな質問に一つ一つ丁寧に応答されました。

真宗大谷派門首が就任会見(2020年7月30日、京都市下京区・東本願寺) 真宗大谷派門首に就任した大谷暢裕氏が30日、記者会見した。

2020-07-30

親鸞聖人御真影の尊前に仏供を供える暢裕門首

2020-07-04

25代から26代へ

2020-07-01

真宗大谷派の衣体(ころも)等について

夏五條袈裟

2020-07-22
八藤紋白です。
雲牡丹紋白 & 八葉牡丹黄紋

裏紅葉色と莟菊色、薄物です。

2020-07-04

新しい衣体ず加わりました。

2020-07-04
莟菊色の裳附です。

裏紅葉(ウラモミジ)色の裳附(モツケ)

2020-04-14
http://www5a.biglobe.ne.jp/~koromo/NewFiles/sikiso_folder/iro5_2.html

薄栗皮(ウスクリカワ)色の裳附(モツケ)

2020-04-14
心が附ける事を許可された衣体です。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~koromo/NewFiles/sikiso_folder/iro10_2.html

作法について

三具足について

2020-04-15
三具足(みつぐそく)は、仏前供花の形式で、本尊に向かって左に花立、真中に香炉、右に灯立を一つずつ組んで飾る。
五具足の場合は、香炉を中心に燭台一対、花立をその外に一対置いて左右対称に飾る。
書院造の座敷では、唐物の書画や器物とともに、三具足が飾られた。

本勝手と逆勝手について

2020-04-15
土田龍樹さん投稿

 
本勝手逆勝手が本願寺の口伝と逆ですね…
本勝手が銀、逆勝手が金。陰陽からいうとそうなります。
「本勝手」
1 書院「本勝手」(右勝手)の床の間とは、向かって左から採光し、左に床、右に床脇棚があるものを言う。
2 茶の湯の「本勝手」(右勝手)では、客が主人の右手に座る茶席のかたちとその点前を指す。
3 いけばなの「本勝手」(右勝手)では、向かって左側を長く、右側を短くする花型(右長左短)を言う。

「逆勝手」
1書院「逆勝手」(左勝手)の床の間とは、向かって右から採光し、右に床、左に床脇棚があるものを言う。
2 茶の湯の「左勝手」(左勝手)では、客が主人の左手に座る茶席のかたちとその点前を指す。
3 生け花の「左勝手」(左勝手)では、向かって右側を長く、左側を短くする花型を言う。

「勝手」とは「利き手」のことで、主が動作する右側にゆとりを持たせるために、茶室では書院とは逆に右から採光する床の間を「本勝手」とする。いけばなでは、採光の右左で「本勝手」「逆勝手」を決めることから、書院も茶室に合わせて、右に床、左に床脇棚を「本勝手」とする流派も多い。すると、今度は書院に活ける「本勝手」(右長左短)の花の向きと採光を巡って混乱が生じる。けっきょく、床に飾る花の位置も含めて、流派によってばらばらの主張になった。
現在では、多くの流派で、「本勝手」「逆勝手」の花の向きに拘らず自由に花を活けることが主流になって、この問題は消滅している。

勝手ということ

2020-04-15
http://ikebanaspace.com/dbf/profile.cgi?page=5&key=%97p%8C%EA&label=10&hor=1&max=5&tpl=pedia&width=100&fbclid=IwAR1Jz9MwkZPeDFGWGnCaaK_7KlhtQR7Sy618Uy_cZ_--Bpf-lDI3ESBU4bI
「勝手」とは「利き手」のことで、主が動作する右側にゆとりを持たせるために、茶室では書院とは逆に右から採光する床の間を「本勝手」とする。いけばなでは、採光の右左で「本勝手」「逆勝手」を決めることから、書院も茶室に合わせて、右に床、左に床脇棚を「本勝手」とする流派も多い。すると、今度は書院に活ける「本勝手」(右長左短)の花の向きと採光を巡って混乱が生じる。けっきょく、床に飾る花の位置も含めて、流派によってばらばらの主張になった。
現在では、多くの流派で、「本勝手」「逆勝手」の花の向きに拘らず自由に花を活けることが主流になって、この問題は消滅している。
「本勝手」
1 書院「本勝手」(右勝手)の床の間とは、向かって左から採光し、左に床、右に床脇棚があるものを言う。
2 茶の湯の「本勝手」(右勝手)では、客が主人の右手に座る茶席のかたちとその点前を指す。

3 いけばなの「本勝手」(右勝手)では、向かって左側を長く、右側を短くする花型(右長左短)を言う。

「逆勝手」
1書院「逆勝手」(左勝手)の床の間とは、向かって右から採光し、右に床、左に床脇棚があるものを言う。
2 茶の湯の「左勝手」(左勝手)では、客が主人の左手に座る茶席のかたちとその点前を指す。
3 生け花の「左勝手」(左勝手)では、向かって右側を長く、左側を短くする花型を言う。

 

日常生活で出来ること

食前・食後のことば

2020-04-07

歳末から修正会へ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

歳末には、親鸞様の影像が収められた厨子の扉が閉められます。

2020-01-02
除夜の鐘が終わり、本堂で修正会のお勤めが行われる前に、再び扉が開かれます。

鐘楼の鐘です。

2020-01-02
響流十方(こうる じっぽう)  南無阿弥陀仏の教えが、あらゆる方向へ伝わるように・・・
この鐘が、ここにある由来とそこに込められた願いについての讃(ぶんしょう)が記されています。

お正月です。

2020-01-02
松竹梅というと、慶事!
仏事は、お悔やみ!
と、隔ててしまいますが、
仏華の慶事バージョンもあります。
お正月ですから、こんな花材は如何でしょう・・・か?
以前にも掲載いたしましたが、真を立ててください!

 

お斎のお接待

2019-11-29

ご来賓の場合

2019-11-29
TOPへ戻る