本文へ移動

【大谷派】作法と荘厳

真宗本廟の仏事

吉崎での初夜、御文が拝読されます。

2020-04-23
今夜は、疫癘の御文が拝読されました。 拝読終わり、輪番挨拶です。

吉崎でのお勤め、今年は内勤めの為、ケーブルTVによりLIVE放映されました。

2020-04-23
第347回 蓮如上人御影道中について

2020年4月2日更新

第347回 蓮如上人御影道中について

 

新型コロナウイルス感染症のさらなる感染拡大が懸念されている状況を受け、2020年(第347回)蓮如上人御影道中は会所へのお立ち寄りは行わず、車両にて御影をお運びいたします。
また、吉崎別院での蓮如上人御忌法要は日程を短縮し、内勤めにて執行されます。
御忌法要の参拝者対応等については、吉崎別院ホームページにてご確認ください。

【吉崎別院ホームページ http://www.yoshizakibetsuin.com/

東本願寺親鸞聖人七百回大遠忌法要1(勤行・儀式)

2020-04-13

・阿弥陀経
・正信偈
・御俗姓拝読(川島真量)

・漢音阿弥陀経

・御伝鈔拝読(大橋暁・四辻龍端)

・伽陀 

・坂東節

・縁儀・庭儀・舞楽

・法主台下の御言葉 

・法嗣殿の御言葉

・御満座の御礼(宮谷宗務総長)

・御満足の御親教(法主台下)

・僧俗代表奉答(金村憲三・近藤房吉)

・式能

 (1961.4.14~28 東本願寺本山本願寺)


https://youtu.be/3X3Lzx9uGsA?list=PLCEslAc1cXN-aLyAXdhv9SmoQ1JdOa4rD

東本願寺親鸞聖人七百回大遠忌法要2(音楽法要・記念演奏会)

2020-04-13

音楽法要
  作曲・松下真一 
  導唱・大谷光紹法嗣殿
  指揮・林達次 
  独唱・山本徹
    エレクトーン・鷲淵紹子 
  ティンパニ・徳田孝

  合唱・大谷派関係合唱団

   (1961.4.23 東本願寺大師堂)

記念演奏会

 橋本国彦作曲「三つの和讃より」
 独唱・中山梯一
   
  清水脩作曲  土岐善麿作詞

  交声曲「歎異抄」

 指揮・山田夏精 
 独唱・中山梯一 柴田睦陸 戸田敏子
 合唱・京都女子大学 光華女子学園 
            相愛女子学園 龍谷大学 
              大谷大学合唱団
 管弦楽・NHK大阪放送局交響楽団
 (1961.4.16 京都会館第一ホール)

1961年収録


https://youtu.be/qxmjv8yHnQY?list=PLCEslAc1cXN-aLyAXdhv9SmoQ1JdOa4rD

 

葬儀の供物

2020-04-14
山口昭彦先生の投稿です。
2018年12月17日 
 
東本願寺第二十二代荘厳光院殿現如上人御葬儀儀野卓の荘厳の写真  大正12年(1923年)
京菓子司「末富」所蔵
現如上人の御葬儀は、東本願寺の御歴代の御葬儀において、伝統的な形式で行われた最後であると思います。
野卓の上の中央の五具足の左右に、「百味の飲食(御食)」と言われる五十対百台の根菓餅の盛り物が荘厳されています。この時は、亀屋末富(現、末富)と八百喜によって調進されました。

真宗大谷派の衣体(ころも)等について

同じ色目ですが・・・、正銀色葉萌黄五条。上が新、下が旧の違い

2021-01-24
Facebook真宗 大谷派 本正寺様より
櫨色、現と旧 変更には色んな経緯が有ります。

上座ニ等精好地紅松色皮裳附

2021-01-24
Facebook真宗 大谷派 本正寺様より
正絹長春色雲牡丹紋五条

上座三等精好地葉桜裳附と宗祖親鸞聖人七百五十回忌御遠忌記念白地蘇芳牡丹陰紋五条

2021-01-24
Facebook真宗 大谷派 本正寺様より

上座三等精好地含菊色裳付

2021-01-24
Facebook真宗 大谷派 本正寺様より


特殊功章五条袈裟

2021-01-24
Facebook真宗 大谷派 本正寺様より


作法について

御文拝読 

2020-12-05
御正忌です。真宗大谷派 九州教区 日田玖珠組 浄満寺 渡邊弘宣師(真宗本廟准堂衆)
渡邉先生の足跡
御自坊での750回御遠忌with御後継and信梧院殿
四日市別院での750回御遠忌with信明院殿
四日市別院750回御遠忌での御伝鈔拝読

2月21日と22日に真宗本廟・阿弥陀堂では聖徳太子千四百回忌御正当法要が勤まりました

2021-02-25
春の法要期間中の4月3日と4日には、聖徳太子千四百回御忌法要をお勤めいたします。
21日は16時から逮夜法要を勤め、22日は7時からの晨朝法要、10時から日中法要を勤めました。

聖徳太子祥月命日のお荘厳について

2021-02-21
今日は聖徳太子千四百回御忌御正当御祥月の逮夜ですが、『年中諸法要行事』で太子御祥月の荘厳を確認したら、中尊祖師両尊前には打敷は要らないみたい。初めて知りました。

畳の構造 『畳縁(たたみべり)』とは

2021-01-31

葬儀の『木花』(凶事用の仏花)を立てる

2021-01-21
中尊前
祖師前
御代前
南余間
お内仏

日常生活で出来ること

修正会2021

2021-01-09
お正月がやって来ました。
本堂御代前です。
北余間です。

修正会2021

2021-01-09
お正月がやって来ました。
本堂祖師前
立花です。

修正会2021

2021-01-09
お正月がやって来ました。
本堂中尊前
立花です。

修正会2021

2021-01-09
お正月がやって来ました。
絵骨堂です。
寂静閣(納骨堂)です。

除夜の鐘

2021-01-09
17時開始という日没直後からの「2020年の鐘」でした。
歳末後に閉扉
除夜の鐘
修正会用意完了して

大谷派のお荘厳について

RSS(別ウィンドウで開きます) 

御影について

2021-01-15
お真向き様
京都の法寿寺様お内仏の御影です。
宗祖はやや左を向いておられます。

non仏壇仕様

2020-12-25
床の間仕様
ホール様式、立礼・椅子席の場合

大谷派の法名軸について

2020-12-24
※脇掛の清沢・曽我両師の法名軸は、松原祐善氏の揮毫

法要のお荘厳

2020-12-24
12月24日、親鸞仏教センターにおいて、宗祖の報恩講、臘扇忌、鸞音忌が兼修にて勤まりました。
特に今年は鸞音忌、無極院釋量深・曽我量深の50回忌に当たります。全国各地で準備されていた鸞音忌が延期を選択せざるを得ない状況の中、親鸞仏教センターも当初に予定していた6月を延期していましたが、今年ギリギリまで引き伸ばし、12月の最後に三法要の兼修として厳修となりました。
ほっと安堵するとともに、この法要を最も大切にされており、今年8月に還浄された中津功氏に思いを至す時となりました。
※脇掛の清沢・曽我両師の法名軸は、松原祐善氏の揮毫

歳末には、親鸞様の影像が収められた厨子の扉が閉められます。

2020-01-02
除夜の鐘が終わり、本堂で修正会のお勤めが行われる前に、再び扉が開かれます。
TOPへ戻る