本文へ移動

ちょっといい話

ちょっと気になる話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

観音菩薩と勢至菩薩

2020-01-18

観音さまの逸話です。
『大経』によると、その昔、インドに無諍念王という王様がいました。
実はこの王様が、阿弥陀如来の前世に当たります。
観音さまは長男の王子、勢至菩薩は次男の王子でした。
王の跡継ぎの王子二人が生まれ変わって菩薩になり、三尊像で脇を固め、極楽を引き継ぐこととなったと言われています。

昔、あるところに、早離(そうり)と即離(そくり)という幼い兄弟がいました。
しかし、ふたりの両親は、彼らの成長を見る事なく、亡くなってしまいます。
途方に暮れている兄弟に、ある男が「両親に会わせてやろう」と声をかけます。
その幼さゆえ、悪党に騙されて無人島に置き去りの憂き目に遭いました。
無人島ゆえ、食べ物もなく、飢えと疲れの苦しさを味わいます。
そのため、他人の何倍も知る事ができたのです。
そして、「今度、生まれてくる時は、この経験を生かして、同じ悲しみに泣く人々を救っていこう。他をなぐさめる事で、自分もなぐさめられるんだよ。」と、兄は弟に語ります。
兄の言葉を聞いて、弟の心の中にも何かが目覚めました。
死を前にして、悲しいという気持ちはなくなり、なにやら晴れ晴れとした気分たなりました。
兄弟は、ともに誓いをたて、ほどなく、静かに息をひきとります。
その死顔は、とてもおだやかで、静かなほほえみをたたえていたと言います。
この兄が観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)で、弟が勢至菩薩(せいしぼさつ)です。

これは『華厳経(けごんきょう)』という経典の中にある仏教説話です。
観音さまのもともとは、インドのアバロキテーシュバラという神様が中国に伝わり、あの『西遊記』でお馴染みの玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)法師が、『観自在菩薩』と訳したとされています。
観音さまと勢至さまは、阿弥陀如来の両側に立ち、今も、その時の兄弟の誓いを貫くためにおられるのです。

三千院 往生極楽院 阿弥陀三尊像 2012年11月27日_PB270001

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

森鴎外のはなし

2020-01-18
吉峯教範さんのFacebook投稿より
明治の文豪の森鴎外(1862-1922)は東京大学医科出身の軍医でした。彼の長女の茉莉と次男が同時に百日咳にかかりました。そして次男は死んでしまい、長女も危篤状態におちいります。医者はあと二十四時間の命だと告げます。しかも、あまりにも苦痛がひどいもので、モルヒネ注射で安楽死させてあげた方がよいと、医者は勧告しました。
父親の森鴎外は自身も医者であるから、その主治医の勧告を受け容れました。また、彼の妻も納得します。
そこで主治医はモルヒネ注射を用意しました。
そこに鴎外の義父、長女の茉莉からいえば祖父が来たのです。そしてこの祖父が鴎外夫婦を叱りました。
「人間には天命というものがある。その天命がつきるまで、たとえどんなに苦しかろうと生きねばならないんだ!」
この祖父の強い反対で、注射は取り止めになりました。
その結果、長女の茉莉の命が助かったのです。
これは森鴎外のもう一人の娘小堀杏奴の『母から聞いた話』に出てきます。
(乃至)
だが、読者よ、早合点しないでください。わたしは、長女の命が助かったから、祖父の判断が正しかったと主張しているのではありません。結果でもって考えるのが現代医学の悪い癖です。ある意味で結果はどうでもいいのです。ここで大事なことは、祖父が「天命が尽きるまで、たとえどんなに苦しかろうと人間は生きねばならない」といった宗教・哲学・思想を持っていることです。
(ひろさちや『大安心の書』)
右から 森 於菟(おと、1890 - 1967)解剖学専門の医学者 森 茉莉(まり、1903 - 1987)小説家、エッセイスト 森 杏奴(あんぬ、1909 - 1998)随筆家 森 類(るい、1911 - 1991)随筆家。(情報はWikipediaより)
森鴎外の子ども達
森茉莉さん

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

1.17 時事ドットコムニュース>特集>阪神大震災25より

2020-01-17
震災の記憶刻み、伝える 令和世代へ、各地で追悼―阪神大震災25年(01月17日 13:20)
 6434人が亡くなった阪神大震災は17日、発生から25年となった。地震が起きた午前5時46分、被災した神戸市を中心に各地で犠牲者への祈りがささげられた。時代は平成から令和に変わり、被災地では震災の記憶を忘れず、教訓を次の世代に継承する思いを新たにした。
 神戸市中央区の公園「東遊園地」では、NPO法人などが追悼の集いを開き、午前7時までに約7500人が訪れた。四半世紀の経過を受け、震災の記憶を心に刻む思いを込めて「きざむ 1.17」の形に並べた約5000本の竹灯籠などに火がともされた。発生時刻には遺族らが黙とうし、犠牲者を悼んだ。
追悼行事で火がともされた「1.17」の字をかたどった竹灯籠=17日午前、神戸市中央区の東遊園地
阪神大震災の追悼の集いで、ろうそくをともし手を合わせる人たち=16日午後、兵庫県伊丹市

ちょっと気になる話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

来年に向けて

2020-01-17

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

召人

2020-01-16
読師と講師
司会者
全文を節をつけずに読む

信子妃殿下

2020-01-16
選者

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

皇嗣殿下

2020-01-16

御製

2020-01-16

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

歌会始2020は、令和初の歌会となりました。

2020-01-16
クライマックスは、陛下のお歌です。
読師
御製が詠じられます。
妃殿下の御歌が詠じられます。
陛下御製が詠じられています。

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

歌会始2020は、令和初の歌会となりました。

2020-01-16
選者
召人
歌を詠ずる講師は、近衛忠大氏です。

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

歌会始2020は、令和初の歌会となりました。

2020-01-16

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

蓮如上人のことば

2020-01-14
『蓮如上人御一代記聞書』(蓮如) 大谷大学HP「きょうのことば」1997年1月より

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ラグビー全国大学選手権19/20 早稲田大学優勝後の『荒ぶる』

2020-01-13
日本一の時だけの『勝利の讃歌』です。

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

帰ってきました!

2020-01-13

<全国大学ラグビー選手権:早大45-35明大>◇決勝◇11日◇東京・国立競技場

国立にラグビーが帰ってきた。早大が明大との激戦を45-35で制し、11大会ぶり16度目の大学日本一になった。不利の下馬評を覆す前半31-0で滑り出し、後半は2連覇を狙った明大に5トライを許すも逃げ切った。国立早明決勝は23シーズンぶり。生まれ変わった聖地、復活した伝統カードで5万7345人を感動させる令和の初代王者になった。伝説が再び始まった。

優勝を決め、喜ぶSH斎藤(中央)ら早大の選手たち(撮影・大野祥一)

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

喪主代理の挨拶

2020-01-10

樹木希林さん告別式 内田也哉子の喪主代理挨拶全文掲載

2018年10月4日 11:00NEWSポストセブン

 女優・樹木希林さん(享年75)の告別式が9月30日、東京・光林寺で開かれた。喪主である夫・内田裕也(78才)は、車椅子に乗って参列したが、この日、一言も発することはなかった。そして、喪主に代わって挨拶をしたのが、娘の内田也哉子(42才)だった。ここでは、也哉子の喪主代理挨拶を全文掲載する──。

 * * *

 本日は足元の悪い中、大変お忙しい中、母・内田啓子の本葬儀にご参列いただきまして、誠にありがとうございます。私にとって母を語るのに、父・内田裕也をなくしては語れません。本来なら、このような場で語ることではないのかもしれませんが、思えば、内田家は数少ない互いへのメッセージ発信をいつも大勢のかたがたの承認のもとに行っていた“奇妙な家族”でした。また生前母は、恥ずかしいことこそ人前でさらけ出すというやっかいな性分だったので、皆様が困らない程度に少しお話しさせてください。

 私が結婚するまでの19年間、うちは母と私の2人きりの家庭でした。そこにまるで、象徴としてのみ君臨する父でしたが、何をするにも私たちにとって大きな存在だったことは確かです。

 幼かった私は不在の父の重すぎる存在に、押しつぶされそうになることもありました。ところが困った私が、なぜこういう関係を続けるのかと母を問い詰めると、平然と、“だってお父さんにはひとかけら、純なものがあるから”と私を黙らせるのです。自分の親とはいえ、人それぞれの選択があると頭ではわかりつつも、やはり私の中では永遠にわかりようもないミステリーでした。

 ほんの数日前、母の書庫で探しものをしていると、小さなアルバムを見つけました。母の友人や、私が子供の頃に外国から送った手紙が丁寧に貼られたページをめくると、ロンドンのホテルの色あせた便せんに目が留まりました。それは母がまだ悠木千帆と名乗っていた頃に、父から届いたエアメールです。

《今度は千帆と一緒に来たいです。結婚1周年は帰ってから二人きりで。蔵王とロサンゼルスというのも、世界中にあまりない記念日です。この1年、いろいろ迷惑をかけて反省しています。裕也に経済力があれば、もっとトラブルも少なくなるでしょう。俺の夢とギャンブルで高価な代償を払わせていることはよく自覚しています。突き詰めて考えると、自分自身の矛盾に大きくぶつかるのです。ロックをビジネスとして考えなければならないときが来たのでしょうか。最近、ことわざが自分に当てはまるような気がしてならないのです。早くジレンマの回答が得られるように祈ってください。落ち着きと、ずるさの共存にならないようにも。

 メシ、この野郎、てめぇ、でも、本当に心から愛しています。

 1974年10月19日 ロンドンにて 裕也》

東京都港区の光林寺

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ピポクラテスのことば

2020-01-10

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

三つのリンゴについて

2020-01-10

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

公開説教 やっさん→昔のライト兄弟/現ダウン・タウン

2020-01-06
やっさんの公開説教

今や大御所お笑い芸人のダウンタウンですが、
デビューしたてのころ、彼らのコンビ名は「ライト兄弟」でした。
その後ダウンタウンに改名して爆発的に売れたのです。
現ダウンタウンがライト兄弟というコンビ名でテレビに出演した際、
「家を燃やした」「藁人形作った」といった
不謹慎なネタをしていたために、
「笑いの仲には良質なものと、悪質なものがある。お前ら二人のは悪質な笑いや!」
といって、テレビで公開説教したのです。
また、この当時のコンビ名であった「ライト兄弟」についても
「航空ファンに迷惑や!」と批判したのです。

ちょっと気になる話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

声明

2020-01-05

東京地検は5日、次席検事名で「被告人カルロス・ゴーン・ビシャラの国外逃亡について」と題した声明を公表した。全文は次の通り。

今般、被告人カルロス・ゴーン・ビシャラが、保釈の指定条件として、逃げ隠れしてはならない、海外渡航をしてはならないと定められていたにもかかわらず、正規の手続きを経ないで出国し、逃亡したことは、我が国の司法手続きを殊更に無視したものであるとともに、犯罪に当たり得る行為であって、誠に遺憾である。

 

 

我が国の憲法及び刑事訴訟法においては、例えば、被疑者の勾留は、厳格な司法審査を経て法定の期間に限って許されるなど、個人の基本的人権を保障しつつ、事案の真相を明らかにするために、適正な手続きが定められている。また、我が国においては、全ての被告人に、公平な裁判所による迅速な公開裁判を受ける権利を保障しており、検察官によって有罪であることにつき合理的な疑いをいれない程度の立証がなされない限り、被告人を有罪としてはならないこととされている。そして、検察においても、法廷において合理的な疑いを超えて立証できると判断した場合に限り、被疑者を起訴している。その結果として、我が国においては、有罪率が高くなってはいるものの、裁判所は、被告人側にも十分な主張立証をさせた上で、独立した立場から、公判に提出された証拠に基づき、合理的な疑いを超えて有罪が立証されたかを厳密に判断しており、公正な裁判が行われていることに疑いはないと確信している。

本件において、検察は、法に定められた適正手続きを厳格に履行し、被告人ゴーンの権利を十分に保障しつつ、捜査・公判手続きを進めてきたものである。被告人ゴーンは、豊富な資金力と多数の海外拠点を持ち、逃亡が容易であったこと、国内外で多様な人脈と大きな影響力を持ち、事件関係者などに働きかけ、罪証隠滅する現実的な危険性があったこと、裁判官、裁判所も保釈に関する決定中で認定しているとおり、当初の勾留期間中に妻などを介して事件関係者に対する働きかけを企図していたことから、公正かつ適正に刑事手続きを進める上で、被告人ゴーンを勾留することは必要やむを得ないものであった。

かかる事情が存在したにもかかわらず、被告人ゴーンは、公判審理に向けた主張と証拠の整理を適切かつ円滑に行うためには、弁護人らとの間で十分な打ち合わせの機会を設ける必要性が高いなどの理由で保釈を許可され、昨年4月25日に保釈された後は、弁護人らと自由に連絡し、公判準備を行うことが可能な状態にあったことに加え、検察は、公正かつ適正な刑事裁判を実現すべく、法に定められた手続きに基づき、被告人ゴーンの弁護人に証拠を開示するなどの公判活動を行ってきており、被告人の権利が十分に保障されていたことは明らかである。

このような状況の下で、被告人ゴーンが、必ず出頭するとの誓約を自ら破り、国外に逃亡したのは、我が国の裁判所による審判に服することを嫌い、自らの犯罪に対する刑罰から逃れようとしたというにすぎず、その行為が正当化される余地はない。

検察においては、関係機関と連携して、迅速かつ適正に捜査を行い、被告人ゴーンの逃亡の経緯等を明らかにし、適切に対処する所存である。

ちょといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

YZAWA語録

2020-01-04
「お前がどんだけ良い大学入って、どんだけ良い会社に就職しても お前が、一生かかって稼ぐ額は 矢沢の2秒」

仰せを蒙りて  お寺の掲示板Vol.7 真宗会館コラムより

RSS(別ウィンドウで開きます) 

藤代聰麿先生のことば

2020-01-04

もう1年以上前のことです。朝、新聞を読んでいて一つの記事にハッとしました。「これからがこれまでを決める」。読者欄に小見出しでこの言葉を見つけたからです。その記事には、大病を患った男性が入院生活を終えた後、病み上がりで不安におびえる毎日の生活の中でこれからの人生をどう生きればいいのか思い悩んでいる時にこの言葉に出会い、「前方に光明を見いだす思いがした」と述べています。病気を患った事実が消えるわけではありません。しかし、その事実を受けとめつつも、これからの生き方次第でこれまでの人生の意味が違ってくると考えるようになられたのでしょう。

この言葉は20年以上前に刊行された僧侶・藤代聰麿氏の『法語集』に収められたものです。それがどこかのお寺の掲示板を通して、男性にまで届き、男性の心を照らしたということであります。人から人へと伝わっていく言葉のもつ力とお寺の門前にある掲示板の役割の大きさを改めて思います。

この藤代先生とは私の恩師であります。私が子どものころ、私のお寺に何度もお越しいただきました。晩ごはんや世間話の合間に先生の口をついて出る「ナムアミダブツ」(お念仏)は何だろうというのが、子どもながらに疑問だったことを思い出します。先生はお念仏について、「年寄りは愚痴をこぼします。ひとりごとを言います。親鸞さまはいつも仏さまと話しておられます。仏さまと話すのが本当のひとりごとです」とおっしゃっておられました。

以前「サビは鉄より出でて鉄をくさらす。グチは人より出でて人をくさらす」という言葉を目にしました。日々のできごとを悔やむ愚痴は、その人の生活を暗くしていきます。もし、冒頭の言葉が「これまでがこれからを決める」だったら、その人生観では、辛いことやイヤなできごとが起こるたびに「どうせこんなもんや」と居直ったり、「ああなったらどうしよう、こうなったらどうしよう」と不安を膨らませたりして行き詰まっていくのではないでしょうか。

藤代先生は「命終わる時に仏になる―これが今現在の言葉でなければなりません」とも言われました。この言葉を私なりに受け止めると、仏さまの教えを頼りにして今を生きることで、私たちのモノの見方が転じ、未来が開かれ過去が見直されてくる。先生は、それを冒頭の言葉で表現されたのだと思います。仏さまの教えは、愚痴ばかりの私たちの姿を照らし出す光として、様々な言葉や表現となって私たちにまで届けられているのです。

津垣 慶哉(つがきよしや)/福岡県・正應寺

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

大学選手権勝利の歌

2020-01-03
大学選手権制覇の時だけの"勝利の賛歌"です。

https://www.youtube.com/watch?v=q1jZsCl_MMI
 

作詞 小野田康一氏(大正12年卒OB)
作曲 早稲田大学音楽部

荒ぶる吹雪の逆巻くなかに

球蹴る我等は銀塊くだく

早稲田のラグビーは斯界になびき

いざゆけ我等がラグビーワセダ

ラ ラ ワセダ ラ ラ ワセダ

ラ ラ ラ ラ ワセダ

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

エール交換です。

2020-01-03

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

エール交換、まずは応援歌にて

2020-01-03

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

お正月といえば・・・

2020-01-03
あと一歩まできました!
野球ではやられましたが!
残念ながら、2位通過でしたが・・・。
野球の仇は、ラグビーが・・・。
大学選手権は紫猪と、捲土重来であります。

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

お正月といえば

2020-01-03
箱根の備えです。
10区間、襷が途絶えることはありませんでした。
よくガンバリました!
今年の成績を、来年への糧にとして

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

酒井義一さんのはなし  

2020-01-02
酒井義一さん の facabook より

新春にご紹介した4つの言葉

1 となりの人の名を〇〇さんと呼びましょう
  名前は大事です
  たとえば初恋の人の名を思い出してください
  ほら そんなに優しい顔になった  (山本龍昇)

2 争い。

  「私は間違っている」という時は争いにならない
  「私は正しい」という時に人は争う  (藤森教念)

3 おまえも死ぬぞ

  ―これは自分のいのちに

   限りがあるとは思ってもいない私への 
   亡き人からの声なき声なのではないだろうかー
 
4 人は 生きなければならない
  いのち終わる時が来るまで

  生ききらなければならない

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

共生とは、寛容とは サイボーグ009が投げ掛けた問い 1964→2020(1) 2019/12/29 2:00日本経済新聞 電子版

2019-12-30

「すこしの色のちがい……ことばのちがいでさえもゆるしあえないでいるじゃないか」「人間の歴史をふりかえってみよう。それは闘争の歴史である。それは悲しみの涙と後悔のうめきのじゅず玉の歴史でもある」――。

前回東京五輪が開かれる直前の1964年夏。こんなメッセージをちりばめたひとつのSF漫画の連載が始まった。

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

男と女

2019-12-28

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

刹那ということ

2019-12-27

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

山折哲雄先生の講演

2019-12-24
【映像公開】【第54回しんらん交流館公開講演会 201912/12(木)18:00~19:00 宗教学者 山折哲雄さん】
http://jodo-shinshu.info/2019/12/24/21367/?fbclid=IwAR25GLZtoTm14AJyBRBU5Lxnr0ko6IHFHe09fo5-0bspRNYhqQddCLEvbHc
 

●講題 三層構造の協調と三種還元ー日本人の心のあり方―

(三種還元)

 ・凶悪事件が起こったときのマスコミの反応

    ①心理的動機を探れ・・・心理学者の領域

    ②社会的背景を探れ・・・社会学者の領域

    ③精神鑑定が必要だ・・・精神科医の領域 ※このような議論が繰り返されるが、学問の歴史としては100年程度である。
    哲学や宗教は何千年の歴史、生きることを考えてきた歴史。
 ・高校生ぐらいになると、目に見えるものしか信じない。目に見えないものは信じない。

 ・人生を振り返ると、私はしょっちゅうケンカしてきた。ケンカして傷つき傷つけてきた。


(三層構造)

   ①山・谷・川、自然・・・縄文時代「自然と人間の共生」

   ②田畑、里山・・・弥生時代「勤勉」

   ③都市・・・明治以降近代「合理性」

     ※儒教的合理主義 ※古きものは淘汰され残っていない国家は多々ある。
        しかし、日本は①②③の文化が重層的にある。

     例)飛行機に乗ると、中心に街・その周りに田園風景・そのまわりに自然

       ・人類のとその歩みという尺度で考えれば、日本列島にいる人は、みんな移民。

       ・移民の問題は今後大きくなっていく。

 

  どうぞご覧ください。

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

おめでとう

2019-12-23
「やっと心から昌磨が全日本王者と言えると思う。ずっと僕が休んでいて。もし、戦ったらもっと前に負けていたかもしれないですけど、(今回は)SPとフリーで負けれたんで。(宇野には)胸を張ってこれからも頑張ってほしいと思います。全日本王者って大変だよ。僕もまだ頑張るつもり。一緒にまた引っ張って行けたら。(一緒に)頑張ろうね。おめでとう」

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

退院いたしました。

2019-12-17

2月から入院生活をし、約10ヶ月の月日が経ちこの度退院することができました。

辛くて長い日々でしたが、皆様から励ましのメッセージを見て、早く戻りたいと強く思うことができました。応援してくださった方々や関係者の方々、そして家族には感謝の気持ちでいっぱいです。

入院中抗がん剤治療で吐き気が強い時や倦怠感もありましたが、そんな時はとにかく「大丈夫、大丈夫、いつか終わる」と自分を励まし続けました。

オリンピックを目前に控えていた中、突然大好きなプールを離れ、失ったものが多いのではと思った方もいらっしゃると思いますが、私は病気になったからこそ分かること、考えさせられること、学んだことが本当にたくさんありました。ネガティブ思考になる時もありましたが、ますは自分の気持ちをしっかり持たないといけないんだと思い治療に励みました。

 

今後の競技活動については医師と相談しながら、水中トレーニングが可能になり次第開始します。それまでは基礎体力をつけながら陸上トレーニングをしていく予定です。オリンピックについてですが、2024年のパリ五輪出場、メダル獲得という目標で頑張っていきたいと思います。

 

これからも応援よろしくお願いします。

 2019.12.17 池江 璃花子

今は、こんな時代です。

RSS(別ウィンドウで開きます) 

歌姫です。

2019-12-17

歌姫です。

2019-12-17
こちらは、陸自です。

歌姫です。

2019-12-17

歌姫です。

2019-12-17
ヤマトと言えば・・・。

『平成万葉集』

RSS(別ウィンドウで開きます) 

皇后&天皇

2019-12-16

皇后&天皇

2019-12-16

皇后&天皇

2019-12-16

河野裕子&永田和宏

2019-12-16

河野裕子&永田和宏

2019-12-16

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

平尾誠二という生き方

2019-12-16

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

イチローという生き方

2019-12-16

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

fb看護の名言より

2019-12-15

寂聴説法

RSS(別ウィンドウで開きます) 

寂聴節です!

2019-12-15

地久節のことば

RSS(別ウィンドウで開きます) 

はじめてのことば

2019-12-10

日、56歳の誕生日を迎えられた皇后さまが宮内庁侍従職を通じて文書で公表された「ご感想」は以下の通り。

今年は、30年以上にわたる平成の御代の終わりに上皇陛下がご退位になり、5月初めに天皇陛下がご即位になって、新しく令和の御代になりました。誕生日を迎えますのにあたり、時代の節目となった今年を振り返りますと、深い感慨に包まれます。

 

56歳の誕生日を前に、撮影に臨む皇后さま(12月3日、東京・港の赤坂御所)=宮内庁提供

56歳の誕生日を前に、撮影に臨む皇后さま(12月3日、東京・港の赤坂御所)=宮内庁提供

年の初めから、上皇陛下の御即位30年、上皇上皇后両陛下ご結婚60年をお祝いする様々な行事や、退位礼正殿の儀を始め、上皇陛下の御退位に関わる様々な行事がございましたが、平成最後のお務めの一つ一つを、それまでとお変わりなく、お心を込めて大切にお務めになるお姿が深く心に残っております。

5月1日の天皇陛下の御即位以降、御即位に伴う一連の行事を陛下がご無事にお済ませになり、私も、陛下のお力添えを頂きながら、一つ一つの行事に無事にご一緒させていただくことができましたことに安堵し、うれしく思っております。上皇上皇后両陛下には、御在位中から、陛下の御即位関連行事を始め、お代替わりが円滑に進むようにとのお心遣いとお導きを賜りましたことに深く感謝申し上げます。また、様々な行事の準備にご尽力いただいた方々に厚く御礼を申し上げます。

天皇陛下のご即位以来、5月の皇居での一般参賀や、11月の国民祭典、祝賀御列の儀などの折に、多くの国民の皆様から、思いがけないほど本当に温かいお祝いを頂きましたことに、心から感謝しております。また、この7か月の間に、地方への訪問、都内での行事などを通して、国民の皆様と接する中で、多くの方々から温かいお気持ちを寄せていただいたことをうれしく、またありがたく思いながら過ごしてまいりました。日本国内各地で出会ったたくさんの笑顔は、私にとりましてかけがえのない思い出として心に残り、これからの歩みを進めていく上で、大きな支えになってくれるものと思います。

同時に、このような国民の皆様の温かいお気持ちは、平成の御代の間、上皇上皇后両陛下が国民と苦楽を共にされながら、長きにわたって国民に寄り添われ、御立派にお務めを果たされたことによるところが大きいものと深く感謝しております。そして、これからの日々、陛下とご一緒に、国民の皆様の幸せを常に願いながら、寄り添っていくことができましたらという思いを新たにしてまいりました。

そのような中にあって、10月の台風19号など、今年は幾つもの災害が重なり、日本国内の広い範囲が大きな被害に見舞われたことは大変残念なことでした。犠牲になられた方も多く、深く心が痛みます。御遺族のお悲しみはいかばかりかと思いを寄せ、心からお悔やみとお見舞いを申し上げます。また、被災された方も大勢おられ、寒さが募る中、様々な御苦労が絶えないことと案じております。今後、復旧が順調に進み、被災された方々に安心できる生活が一日も早く戻ることを心から願っております。

近年、日本のみならず、世界各地でも水害や山火事などの自然災害が多く発生しており、地球温暖化や気候変動などの問題が現実のこととなりつつあることが案じられます。また、日本では、気候関連の災害の他にも、南海トラフ地震や首都直下地震などの大地震も予測されており、様々な面から防災対策を進めていくことがますます大切になってきているように思われます。

プラスチックゴミなど多くの環境問題や、日本国内の貧困や子供の虐待などの問題、また、世界で紛争や内戦が続いていることなどにも心が痛みます。このことに関連して、アフガニスタンで長年にわたり医療活動や灌漑(かんがい)施設の整備などを行い、復興の支援をされてきた中村哲氏が、最近現地で命を落とされたこともとても残念なことでした。人々が安心して暮らせる平和な世界が実現することを願ってやみません。

一方、今年を振り返りますと、様々な明るい出来事もありました。特に最近では、日本で初めて開催されたラグビーワールドカップ2019日本大会で、「ワンチーム」として活躍した日本選手を始め、各国選手による世界トップレベルの試合に日本中が沸き、試合が開催された各地で各国選手団と地元の方々との心温まる交流が広がるなど、とても良い大会になったことをうれしく思いました。また、東日本大震災で被災した釜石市でこの大会の試合が行われたことも喜ばしいことでしたが、その釜石市が残念ながら台風19号の被害を受けた時には、試合が中止になったカナダの選手団が泥の除去作業などのボランティア活動をされ、ナミビアの選手団は合宿地の宮古市で交流会を開き被災者らを励まされたことも心に残る出来事でした。

 

饗宴の儀で参列者に記念品として配られたボンボニエールを手に取って話す天皇、皇后両陛下(12月3日、東京・港の赤坂御所)=宮内庁提供

饗宴の儀で参列者に記念品として配られたボンボニエールを手に取って話す天皇、皇后両陛下(12月3日、東京・港の赤坂御所)=宮内庁提供

学術の分野では、吉野彰さんがノーベル化学賞を受賞されました。日本の研究者の方々の研究の成果が広く世界に認められ、ノーベル賞受賞が近年続いていることを喜ばしく思っております。

来年は、いよいよオリンピック・パラリンピック競技大会が東京で開催されますが、ラグビーワールドカップ2019日本大会のように、スポーツの素晴らしさを目の当たりにすることができるのみならず、多様な背景を持つ世界の人々がお互いを尊重し合い、友好を深める良い機会になるとともに、東日本大震災の被災地にとっても大きな力になるような大会になることを願いたいと思います。

愛子は、早いもので今年高校3年生になり、先日18才の誕生日を迎えました。残り少ない高校生活の中で、勉強のみならず、運動会や文化祭などの学校行事にもお友達と一緒に楽しく取り組んでいます。これから高校を卒業しますと、今まで以上に、様々な経験を積み重ねながら視野を広げていく時期になると思いますが、これからも感謝と思いやりの気持ちを大切にしながら、いろいろな方からたくさんのことを学び、心豊かに過ごしていってほしいと願っています。

天皇陛下には、御即位されて以来、皇居宮殿での儀式などにとてもお忙しい毎日をお過ごしでいらっしゃいます。顧みますと、上皇陛下には、80代半ばを迎えられていた今年4月まで、このように重いご公務を毎年欠かさずお務めになっていらっしゃいましたことに深い敬意の念を新たにいたします。また、上皇后陛下には、平成の御代の間、皇后としてのお務めを果たされながら、上皇陛下を常にお傍でお助けになり、上皇陛下のお力になってこられました。上皇后陛下には、今年ご手術をお受けになり、ご案じ申し上げましたが、上皇上皇后両陛下には、これからもくれぐれもお体を大切になさり、永くお元気にお過ごしになりますよう、心よりお祈り申し上げます。そして、御譲位後も私たちの歩みを温かくお見守りいただいてきましたことに深く感謝申し上げます。

主題歌の歌手は、この方でした。

RSS(別ウィンドウで開きます) 

主題歌 「サザエさん」

2019-12-09
スリーグレイセス 「魔法遣いサリー」

戦争

RSS(別ウィンドウで開きます) 

戦争

2019-11-21

鉛筆を売る

RSS(別ウィンドウで開きます) 

寅次郎、えんぴつを売る ~男はつらいよ「拝啓車寅次郎様」より~

2019-11-18

時機相応

RSS(別ウィンドウで開きます) 

チャンスということ

2019-11-11

なぜ念仏なのか

RSS(別ウィンドウで開きます) 

釈尊の説法 「苦」と「楽」と

2019-10-25

法話「なぜ念仏なのか」

古田和弘氏(九州大谷短期大学名誉学長・大谷大学名誉教授)


まず、お釈迦さまは、「一切(いっさい)皆(かい)苦(く)」ということを教えられました。「この世間に生きている限り、何をなしても、結局は「苦」を受けなければならない」ということであります。これがお釈迦さまの教えの基本であります。

それでは、その「苦」はなぜ起こるのか。それは、自分へのこだわりである「我執」をはじめとする「煩悩」によるのであると言われるのです。煩悩は一〇八種類あるとされていますが、その根本となるのは「貪欲」と「無明」です。つまり「欲望」と「無知」であります。そして、そこから生ずる「我執」から「苦」が生ずるのであります。そのために、人間は生涯ずっと苦しみ、悩み、悲しまなければならないのです。また、他人と争わなければならないのです。そのようにお釈迦さまは教えておられるのです。

お釈迦さまは、人生の真実を覚られて、「仏」つまり「目覚めた人」になられたのでありました。三十五歳で覚りを得て仏になられてから、八十歳でお亡くなりになるまで、四十五年間、毎日毎日、転々と場所を変えながら、ご自分の覚りの経験に基づいて、人々に教えを説いて歩かれたわけです。その中で、人生の「苦」を解決するには、その原因となる「煩悩」を滅した境地、すなわち「涅槃」に入り、「寂静」になることが必要だと教えられたのです。仏教の教えの基本は、「一切皆苦」の反対は「楽」ではなくて、「涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)」ということなのです。

私が、初めてこのことを学びました時に、違和感がありました。「一切皆苦」と言うけれども、われわれの日常には、確かに「苦」もありますけれども、「楽」もあるのです。「苦」も「楽」も両方経験するのです。

ところが、お釈迦さまは、「苦」と「楽」とが入れ代わり立ち代わり起こるのが人生であり、その全体が「苦」なのだとおっしゃっているのです。しかも、「苦」と「楽」は確定的なものではなく、状況によって違うと言われるのです。同じ事柄であっても、ある時は「苦」と感じ、ある時は「楽」と感じるのだと教えられたのです。

例えば、財布を開けてみると一万円札が一枚入っていたとします。「一万円もある」と思って喜ぶ人もいます。しかし「一万円しかない」と思って悲しむ人もいるのです。

空腹のときには、どんな食べ物をいただいても、喜んでいただきます。おいしくいただきます。「そんなにおいしいのだったら、もっと食べなさい、もっと食べなさい」と言われ続けたら、それが苦痛に変わります。そのようなことの繰り返しが人生だとおっしゃっているのです。

しかも、同じことが、条件によって、「苦」となったり「楽」となったりするのです。つまり「苦」と「楽」とは「縁」次第ということになるのです。ですから、「苦」は「楽」によって生じ、「楽」は「苦」によって生ずることになるのです。この「苦」の反対は「楽」ではなく、「苦」も「楽」も生じない「静」であるということなのです。何事にもこだわらないことが、「苦」の解決であると教えられたのです。これがお釈迦さまの教えの基本であります。

 

なぜ念仏なのか

RSS(別ウィンドウで開きます) 

釈尊の説法について

2019-10-25

法話「なぜ念仏なのか」

古田和弘氏(九州大谷短期大学名誉学長・大谷大学名誉教授)


お釈迦さまは、さまざまな人に向かって、さまざまな教えをお説きになりました。その教えは、「病に応じて薬を与える」という説き方であったとされています。教えは一つなのだけれども、目の前の人の悩みや苦しみの状態、迷いの状態、また、それぞれの人の資質によって、教えの説き方を変えておられたのです。

例えば、お腹が痛い時に熱冷ましをあげても効き目がありません。熱がある時に下痢止めをあげても効果がないのです。お腹が痛い時は、お腹の薬をあげ、熱が出た時には熱冷ましをあげないといけないのです。そのように、その病状、つまり聞き手の状況にふさわしい教えを、お釈迦さまはお説きになったのです。これを「対機(たいき)説法(せっぽう)」と言いますが、「機に対して法を説く」ということです。「機」とは、一人一人の人間の機能・資質のことです。ですから、「苦」から解脱して、「寂静」の境地に至るためにはどうすればよいのか、その教えの説き方は沢山あり、幅広く語り残されているのであります。それらの説法が多くのお経として伝えられているのであります。

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

シェイクスピア

2019-10-22

ちょっと気になる話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

寿詞(よごと)

2019-10-22

謹んで申し上げます。

天皇陛下におかれましては、本日ここにめでたく「即位礼正殿の儀」を挙行され、即位を内外に宣明されました。一同こぞって心からお慶(よろこ)び申し上げます。

ただいま、天皇陛下から、上皇陛下の歩みに深く思いを致され、国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、日本国憲法にのっとり、象徴としての責務を果たされるとのお考えと、我が国が一層発展し、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを願われるお気持ちを伺い、深く感銘を受けるとともに、敬愛の念を今一度新たにいたしました。

私たち国民一同は、天皇陛下を日本国及び日本国民統合の象徴と仰ぎ、心を新たに、平和で、希望に満ちあふれ、誇りある日本の輝かしい未来、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ時代を創り上げていくため、最善の努力を尽くしてまいります。

ここに、令和の代(よ)の平安と天皇陛下の弥栄(いやさか)をお祈り申し上げ、お祝いの言葉といたします。

ちょっと気になる話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

宣明

2019-10-22

22日の即位礼正殿の儀で、天皇陛下が述べられたお言葉は次の通り。

さきに、日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより皇位を継承いたしました。ここに「即位礼正殿の儀」を行い、即位を内外に宣明いたします。

上皇陛下が30年以上にわたる御在位の間、常に国民の幸せと世界の平和を願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その御(み)心を御自身のお姿でお示しになってきたことに、改めて深く思いを致し、ここに、国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓います。

国民の叡智(えいち)とたゆみない努力によって、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします。

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

目は、泪は・・・

2019-10-19

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

生死ということ

2019-10-05
無涯和尚さんの投稿です。

今は亡き
鈴木格禅老師が、考案されたものですね。
いのち、ではなく

生は死によって支えられている、つまり、死は、誰しもが避けて通ることの出来ないと云うことを表している。

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

掲示板/東京都 江東区 真宗大谷派 因速寺様

2019-09-29

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

男と女

2019-09-25

オスカー・ワイルド
 

男は退屈から結婚し、

女は好奇心から結婚する。

そして

双方とも失望する。

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

如是我聞

2019-09-20

426

大無量寿経というようなものも

南無阿弥陀仏というものの意義を

明らかにされた「生ける言葉」です。

その生ける言葉に対して

「如是我聞」というのです。

経典は如是我聞するものなのです。

教理などに

如是我聞はないでしょう。

そういう区別がある。

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

オスカー・ワイルドの言葉

2019-09-19

 

人間を善悪で区分けするなど

愚かなことだ。

人間とは、

魅力があるか、

さもなくば退屈か、

そのどちらかなのだから。

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

大事なこと

2019-09-19
仏教は、読むものではない。
話すものです。
我々に語りかけられている言葉が大事なのです。

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

他人(ヒト)の存在

2019-08-30

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

高光かちよさんの言葉

2019-08-27

ちょっと気になる話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

姓が変わる・・・

2019-08-20

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

Gシャネルのことば

2019-08-24

ガブリエル・シャネルがすべての女性に遺した、心に響く15の言葉 

  • UPDATE : 2019.08.24

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

終戦の詔書

2019-08-16

2019.08.15
終戰の詔書
(大東亞戰爭終結ノ詔書、戰爭終結ニ関スル詔書)

昭和20年8月14日、日本は御前會議において内閣総理大臣・鈴木貫太郎が昭和天皇の判断を仰ぎポツダム宣言の受諾を決定した(いわゆる聖断)。
ポツダム宣言は「全日本國軍隊ノ無條件降伏」(第13條)などを定めていたため、その受諾は大東亞戰爭において日本が降伏することを意味した。
御前會議での決定を受けて同日夜、詔書案が閣議にかけられ若干の修正を加えて文言を確定した。
詔書案はそのまま昭和天皇によって裁可され、終戰の詔書(大東亞戰爭終結ノ詔書、戰爭終結ニ関スル詔書)として發布された。
この詔書は、天皇大権に基づいてポツダム宣言の受諾に関する勅旨を國民に宣布する文書である。

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

後藤田正晴という生き方

2019-08-15
後藤田正晴は 、

何故政治家になったかを

問われたとき

「二度と戦争を起こさせないため

政治家になった。」

と、答えた。

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

池田勇諦先生のお話

2019-08-12

真宗大谷派 西恩寺様(三重県桑名市)のHpです。

http://www.mie-saionji.com/category/zenju/

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

三島由紀夫のことば

2019-08-11
安土 実さんの投稿より  昭和レトロk

三島由紀夫 最後の頃の 言葉
 

私は この世で ほとんど 生きたとは 言えない!

ただ この くだらない 人生

鼻をつまんで 通り過ぎた だけだ‼️

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

長崎2019

2019-08-09

「平和への誓い」全文

 1945年8月、アメリカが広島・長崎に原爆を投下し二十数万人の命が奪われました。私は当時11歳、爆心地から約2キロの自宅で被爆しました。

 母と4人の弟・妹は佐賀へ疎開していて難を免れましたが、父は爆心地から500メートルの工場で爆死していました。私たちは兄弟3人で焼け残りの木片を集めて焼け落ちた工場のそばで父の遺体を荼毘(だび)に付しました。しかし焼けていく遺体を見るに耐えきれず燃え上がる炎を見ながらその場を離れました。

 翌日、遺骨を拾いに行きました。でも遺体は半焼けで完全に焼けていたのは手足の一部だけでした。「せめて頭の骨だけでも拾って帰ろう」と兄が言い、火箸で頭の部分に触れたら頭蓋骨(ずがいこつ)は石こう細工を崩すように割れ白濁した半焼けの脳が流れ出したのです。兄は悲鳴を上げ火箸を捨てて逃げ出しました。

 私もその後を追って逃げ出したのです。私たちはこんな状態で父の遺体を見捨ててしまいました。原爆で火葬場も破壊されたため、家族や身内を亡くした人々は私たちと同じように無残な体験をしなければならなかったのです。

 それだけではありません。辛うじて生き残った人々は熱線による傷や放射能による後遺症に悩まされながら生きていかねばなりませんでした。

 私は原爆の被害を受けて二十数年後、急性肝炎、腎炎を発症し今なお治療を続けています。更に六十数年後には胃がんに侵され2008年、2010年にがんを摘出する手術を受けました。あの時、私と一緒に行動した兄と弟もがんに侵され治療を続けています。

 あれから74年、被爆者の私たちは多くの方々と「核兵器廃絶」を訴え続けてきました。また、60歳を過ぎて英語を独学で学び、2015年11月長崎で開催されたパグウォッシュ会議では世界の科学者に英語で「核兵器廃絶」に力を貸してくださいと訴えました。しかし、ロシア、アメリカなどの国々に今なお1万3880発もの核兵器が保有されていると言われています。

 更にアメリカはロシアとの間に締結している中距離核戦力全廃条約からの離脱を宣言し、失効しました。2月にはトランプ政権になってから2回目の「臨界前核実験」を行ったと報じられています。これは「核兵器の廃絶」を願う人々の期待を裏切る行為です。

 被爆者は日を追うごとに亡くなっています。私はこの場で安倍総理にお願いしたい。

 被爆者が生きているうちに世界で唯一の被爆国として、あらゆる核保有国に「核兵器を無くそう」と働き掛けてください。この問題だけはアメリカに追従することなく核兵器に関する全ての分野で「核兵器廃絶」の毅然(きぜん)とした態度を示してください。もちろん、私も死ぬまで「核兵器廃絶」を訴え続けます。

 それが74年前、広島・長崎の原爆で失われた二十数万人の命、後遺症に苦しみながら生き残っている被爆者に報いる道だと思います。

 私は第二次世界大戦によって310万人の命を犠牲にした日本が、戦後に確立した「平和憲法」を守り続け、戦争や核兵器もない世界を実現する指導的な役割を果たせる国になってほしいと念願し「平和への誓い」と致します。

 Please lend us your strength to eliminate nuclear weapons from the face of the earth and make sure that Nagasaki is the last place on Earth to suffer an atomic bombing.Thank you.

(この世界から核兵器を廃絶し、長崎を最後の被爆地とするために皆さんの力を貸してください)

 2019年8月9日

被爆者代表 山脇佳朗

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

自己に背くもの

2019-08-09
自己が見えるということ、

自己は信心の智慧以外には見えないのです。

何故かというと自己に背くものが自己だからです。

自己に背くような敵は自己自身のほかにないのです。

無始以来自己を縛りつけていたものが自己の中にいるのです。

それを見るということは容易ならないことでしょう。

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

苦しむということ

2019-08-04

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

生きるということ

2019-08-04

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

丸山眞男のことば  対比:三島由紀夫のことば

2019-07-30

Retweeted 丸山眞男bot (@masamaru_bot)
 

そうすると

ファシズムという奴は 近代社会が行き詰まって、

人々が近代的なフィクションの意味を信じられなくなったような時代の子

というわけか。

そうだ。

しかも鬼子だよ。

(肉体文学から肉体政治まで)

丸山眞男bot


 




Retweeted 三島由紀夫bot (@MISHIMA_ESSAY)

 


無から有を作り出すものがファシストであると思う。



ヒットラーが無から有を作り出し、

架空の宣伝で大衆を動かし、

つまり芸術でやるべきことを政治でやったときから、

ファシズムがはじまったのだ。

 -ファシストか革命家か-

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

マハトマのことば

2019-07-29
「賢者は、 すぐに許す。
時の価値を知っているから、
無駄な苦しみで 時が流れていくのに、
耐えられないのである。」
イギリスの文学者サミュエル・ジョンソンの言葉です。

人を絶対に「許せない」というのは、
相手に完全を求めているからです。

司馬遼太郎の言葉に
『人の諸々の愚の第一は、
他人に完全を求めるということだ』とあります。
人は完全でないために
過ちを犯し易いものです。
人を許すためには、
強い者の証である相手の心を
わかってあげようとする
余裕と思いやりが必要です。
許せないという感情は
相手ばかりか自らも
傷ついてしまう最悪なものです。
あなたに怒りや怨みの感情が
フツフツと湧き上がったら、
瞑想で心をクールダウンさせ、
余裕と思いやりを育みましょう。
.
「実にこの世においては、
怨みに報いるに怨みを以てしたならば、
ついに怨みの息(や)むことがない。
怨みをすててこそ息む。
これは永遠の真理である。」
-仏陀の言葉より-

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

伝統の技が復活しました!

2019-07-28
型友禅の技が復活しました!

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

日米融合

2019-07-28
ランド オブ アロハ
型友禅柄 表
型友禅柄 裏

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

やっかいな奴

2019-07-28
太宰治のもっともお気に入りと思われる一枚の写真がある。

銀座のショットバー・ルパンで、

ご機嫌な様子をとらえた有名なカットだが、

撮影者の林忠彦によれば

この時、同じく無頼派作家の織田作之助を撮っていたそうだ。

その時「俺も撮れ」とからんできたベロンベロンの酔っぱらいが

太宰だったという。

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

慢ということ

2019-07-27

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

鈴木章子さんのことば

2019-07-27

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

悪口について

2019-07-25

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ビリー・ジョエルのことば

2019-07-25

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「南風」より

2019-07-23

 あのころの自分については自分でも説明のしようがなく、今思い出しても苦しく、また恥ずかしい思いがよみがえってきます。人から聞かれると、「人生に迷っていた」なんて答えていましたが、本当はそんなカッコイイもんじゃありませんでした。人生に対してしっかりした指針もなく、浅はかで、辛抱が足りない、本当にどうしようもない「モラトリアム人間」でした。

 20代最後の年、このままではだめだ、もうこのへんでしっかりしなければと考えていたとき、ひめゆり平和祈念資料館の職員募集の広告を新聞で見つけたのです。開館の約1カ月前に採用試験がありました。試験は小論文と2回の面接(1回目は元ひめゆり学徒代表による面接、2回目が同窓会役員・建設プロデューサー・顧問税理士らによる面接)でした。小論文のタイトルは「ひめゆり資料館で何を伝えるか」。いろいろ書き連ねた後、最後に「伝えなければならないことは数多くある」と締めました。いい言葉が見つからず苦し紛れの締めでしたが、この人はいろいろとやってくれそうだと好意的に受け取ってくれたのかもしれません。約50人の受験者の中から私を含め2人が採用されました。

 あの時、ひめゆり資料館に採用されなければ、自分はいったいどうなっていたのだろうと時々思います。人生とは出会いであるとも言われますが、私にとってひめゆりとの出会いは、人生とまっとうに向き合う出会いとなったのです。
(普天間朝佳、ひめゆり平和祈念資料館館長)

 

関連記事

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

どう接するか?

2019-07-23
<赤ちゃんを亡くした親にどう接する?> 

●つらく悲しかった言葉や傷つけられた言葉 
・ 頑張って 
・ 早く元気になって 
・ また次の子を産めばいいじゃない 
・ 上の子がいるからいいじゃない 

●うれしかった言葉やなぐさめになったこと 
・ 我慢しないで、すきなだけ泣いていいのよ 
・ ○○ちゃんのことは、何度でも思い出してあげるから 
・ ○○ちゃんのことは、絶対に忘れないから 
・ 一緒に泣いてもらった 

(葛飾赤十字病院の小冊子「プレシャスメモリー」から)

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

酒は鏡です。

2019-07-22

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

言い得て妙なるコピー

2019-07-22

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

クリント・イーストウッドのことば

2019-07-22

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ご縁を結ぶということ

2019-07-22

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

人生ということ

2019-07-21

分岐点

RSS(別ウィンドウで開きます) 

極東軍事裁判

2019-07-21

『Get Back! 40's  極東国際軍事裁判(東京裁判)が開廷される。
 
 極東国際軍事裁判(東京裁判)は、日本が降伏した後の1946年(昭和21年)5月3日から1948年(昭和23年)11月12日にかけて行われた。
裁判の被告は、「平和に対する罪」(A級犯罪)、「人道に対する罪」(C級犯罪)および「通常の戦争犯罪」(B級犯罪)という3つの容疑に分類され裁かれた。
B級・C級の被告などは、多くは戦争現地で開廷された不備な軍事裁判で裁かれたが、東京裁判ではもっとも重要とされたA級戦犯28名が起訴された。
逮捕出頭前に自殺したものが5名おり、起訴された者のうち、大川周明は精神障害で訴追免除、永野修身と松岡洋右は判決前に病死したため、25名が被告として判決を受けた。

 

 1948年11月に下された判決は、死刑7名(東條英機/板垣征四郎/松井石根/土肥原賢二/木村兵太郎/廣田弘穀/武藤章)、終身刑16名、有期禁固刑2名であり、同12月23日、7名の絞首刑は執行された。
なお収監されていた受刑者は、獄中死亡者をのぞいて、1956年3月末時点ですべて仮釈放されている。

 

*この年(1948年
・主食の遅配が続く
・宝くじなどの売上げ10億円
・伝染病が流行/出版社の操業あいつぐ

・【事物】接吻映画/婦人議員/婦人警察官
・【流行語】あっ、そう/愛される共産党/カストリ
・【歌】リンゴの歌(霧島昇・並木路子)/東京の花売り娘(岡晴夫)
・【映画】はたちの青春(佐々木康)/わが青春に悔なし(黒沢明)/カサブランカ(米)
・【本】創刊雑誌(「世界」「展望」「リーダーズダイジェスト」など)
    ヴァン・デ・ヴェルデ「完全なる結婚」/尾崎秀美「愛情はふる星のごとく」

 石原莞爾のように戦犯指名を免れた者や、岸信介のように戦犯指名されながら不起訴となったもの、また本来は軍国主義者でなかった文民の広田弘毅のように、首相として軍国主義者に流されたとして死刑に処された者もいる。
東京裁判を、戦勝国による戦敗国を裁いたものだとか、「平和に対する罪」が事後法であって罪刑法定主義の原則に逸脱するとか、裁判としての不備を指摘されるのはもっともである。
しかし、あくまで「軍事裁判」であり、あまりにも不当な戦争の事後処理として、裁判の不当性は、戦争自体のはらむ不当性に起因するものとしての必要悪だとも考えられる。
正当な戦後処理裁判など、かつて一度ももなかったし、当然と言えば当然でもある。

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 
2019-07-21

億劫

2019-07-20
 「億劫」と書いて「おっくう」と読みます。ただしくは「おくこう」でしょう。それが俗語化したようです。もともとは仏教語で、「百千万億劫(おくこう)のこと。無限に長い時間。永遠」という意味です。それが現代では、「気が進まず面倒なこと。面倒に感じられるさま」に使われています。まったく「おっくう」な話です。現代は「忙しさの時代」です。

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

夫婦と恋人

2019-07-19

全然よくない話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

嫌われ者 その2

2019-07-19
本日は日本人が2番目に嫌っていると思う
長崎に原爆を投下した"Bockscar"が
オハイオ州デイトンの空軍博物館にあるのを
報告します。

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

北海道開拓と東本願寺

2019-07-18
本願寺道路について
中山峠へ向かう現如一行
開拓前の一帯
中山峠の現如像
中山峠の碑文です。
中山峠です。
札幌から中山峠への路
間もなく峠です。
中山峠から伊達方面への路です。

中山峠の現如上人

 国道230号線の中山峠に現如上人(げんにょしょうにん)の銅像が建っていて、峠を越える人びとの安全を祈願しているかに見える。これは昭和42年(1967)設けられたもので、「本願寺道路(ほんがんじどうろ)開削中の最大の難所」であったことを物語っている。
 さて、明治2年(1969)新政府によってエゾ地が北海道となり開拓使が置かれ、多難な財政確立を図っていかなければならなかった。特に北方のエゾ地・千島(ちしま)・樺太(からふと)の防備策を急ぐことであった。
 いっぽう内政面では、東本願寺は徳川家に恩顧があり、こうした関係を重く見て東本願寺を排除しようとする形勢が朝廷派(薩長軍)にあって、"東本願寺焼き打ち計画"が宮中会議で決議された時は「全く反意がない」旨の誓書を朝廷派に提出するという事があった。
 結局は、新政府は"誓書"の代償として北海道の防備(道路開削)を東本願寺が出願(明治2年6月5日)新政府が許可(明治2年9月3日)ということで決定した。まさに慈悲の心をもって対した「悲願」であった。
 東本願寺はただちに新道切開・農民移植・教化普及の3重点をかかげ、「勅書・開拓御用本願寺東門主)」の評札を先頭に178人は、新門跡現如(しんもんぜきげんにょ・大谷光榮(おおたに・こうえい))上人(18歳)を先頭に「北海道への悲願の旅」がはじまった。
 明治3年(1870)2月10日比叡(ひえい)おろしの吹く京都を出立、"人をして蝦夷地(えぞち)に行くを楽しましむの歌"を道中歌にして越中(えっちゅう)・越後(えちご)・酒田と北上し、「廃仏思想」の根強い秋田は海浜で青森に上陸ふたたび津軽の海を渡って函館には7月7日到着した。
 本願寺道路として今に残るのは、軍川~砂原・鶉(うずら)~大野・尾去別(おさるべつ)~平岸・山鼻~八垂別の4本あるが、なかでも大工事は尾去別~平岸を結ぶ26里10町(約105km)だった。うっ蒼とした大森林に挑む大工事に先立って、僧侶に加え多くのアイヌを雇い、さらに仙台伊達藩の旧士族移住者50人と他移住者50人を募ることができた。
 明治3年(1870)7月尾去別より工を起し翌4年(1871)10月平岸終点まで1年3ヶ月という短期間で完成した。
 オサルベル~ソウベツ~ニッポキナイ~ヌツキベツ~シリベツ~アンユク~ムイナイ~ケレベツ~定山渓~ニセイオマップ~平岸の経路は、断崖をおそれず毒虫や狼と戦い、樹陰に露をしのぎ、石を枕に雪をしとねに千幸万苦して難工事をすすめたおかげで、うっ蒼とした原始林を伐木刈分け3間(約5.4m)道幅9尺(約2.7m)橋梁113ヶ所・渓合敷板17ヶ所・総工費で18,057両(約2億円)延人夫55,000人当時としては最良の道路が完成した。
 この道路こそ開拓使本府に通ずる第1号で、現国道230号線の前身である。

 現在、中山峠や簾舞二星岱(にせいだい)南麓・平岸天神山南麓に旧道碑があり、ここを訪ねると、東本願寺の円頂(丸坊主頭)に僧衣をまとった僧侶がジュズにかわってオノやモッコで道づくりに参加した悲願の縁が偲ばれる。

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

生きる

2019-07-18

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

山口修司さんのfacbok投稿より

2019-07-18

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

後悔について

2019-07-17

もう暴れられません。

RSS(別ウィンドウで開きます) 

大将戦死、もう暴れられません・・・

2019-07-17

始まりの終わり

RSS(別ウィンドウで開きます) 

上空から望むフォード島と戦艦ミズーリ。  PC: Buzz Paxton

2019-07-14
真珠湾全景です。
真珠湾です。
今、この入江に、二隻の軍艦が、静かに微睡んいでいます。
一隻は、幾多の戦いをくぐりぬけたアメリカ合衆国海軍の戦艦ミズーリです。
彼女は、連合国艦隊と主力艦として、日本帝国海軍と厳しい戦いを繰り広げました。
果たして、1945年8月15日に、彼女は東京湾に停泊していました。
その日、彼女の甲板上には、無条件降伏を受諾した大日本帝国全権を呼びつけ、その場において、無条件降伏文書に調印をさせる、そして、これをもって、連合国軍の勝利を、世界に向けて宣言するという、勝者となった連合国軍にとっては、この上ない晴れ舞台が用意されていました。
そして、もう一隻は、洋上にその姿はありませんが、ミズーリが停泊する前方の海底に横たわるアメリカ合衆国海軍の戦艦アリゾナです。
彼女は、1941年12月8日に、ここ真珠湾で、日本帝国海軍の航空攻撃を受け、この海に沈みました。
世に言う「真珠湾攻撃」です。
彼女の沈没すなわち死は、以後4年間に渡る太平洋戦争の始まりを告げるものとなりました。

今、ここ真珠湾を訪れる観光客に、現地のガイドは、こう語ります。

 
以前、この地には、「だまし討ちのシンボル」としてのアリゾナ記念館がありました。
アリゾナ記念館は、米国民にとって、卑怯者であり無法者である日本人を非難し、糾弾する憎悪渦巻く場となっていました。
しかし、そのままではいけないと米国民は気が付きました。
そして、米国民は、ここ、真珠湾にミズーリを迎えることが決まった時に、ミズーリを戦争終結のモニュメントとして、また、平和の礎と位置づけることを決しました。
そして、この二隻の戦艦を並べる場を作ることで、ここを訪れる人々に、人間の犯した「戦争の愚かさ」と向き合い、またその蛮行と悲劇を通して気がついた「平和の大切さ」について考える場となることを念願する事といたしました。
 

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ウィット

2019-07-13

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

真珠湾での出来事

2019-07-13

昭和20年4月11日鹿屋航空基地出陣した第五建武隊の特攻隊パイロットは爆装零戦と共にミズーリ号右舷甲板に激突しました。
"kamikaze attack"と言う名前で甲板に傷跡が残っています。
艦長の判断でアメリカ海軍式水葬が行われたそうです。


 

1945年4月12日夜中、戦艦ミズーリ艦上で32マイル先(約51キロメートル)で消えた敵機を再び察知するとその数分後に夜間艦上戦闘機が撃ち落としました。その5分後に再び別の敵機を47マイル先(約76キロメートル)で発見しましたが光が消えていきました。早朝4度に渡る奇襲の内で1機だけ艦隊に7マイル(約11キロメートル)まで接近したので私は対空射撃の構えをとると、艦隊からの対空砲火に退散していきました。USSイントレピッドの夜間艦上戦闘機は午前2時30分まで敵機を追跡しましたが北東で見失いました。夜明け前に空母より飛び立った戦闘空中哨戒機は1日中沖縄上空より攻撃を続けました。

午前9時、前日に戦艦ミズーリに衝突した神風特攻隊員のために水葬がとり行われました

沖縄の北東の海域のミズーリ艦上で、何人かの乗員が準備した旭日旗にくるまれたご遺体に対し、海兵隊5名の弔銃とビューグルの演奏と共に全員敬礼をして水葬がとり行われました。
フォーク従軍牧師は「遺体を海に沈めよ!」と命じて締めくくりました。

 

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

室井滋さんのことば

2019-07-11

http://kotonoha.shinshu-kaikan.jp/kotoba/2019/jul/4/?fbclid=IwAR0CWcXoJr6Qu1EA-mjCFSfjwNMc4nFCE5Fc_e9tSb1Ssdq6pfLW2QLj-IA

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ちょうどよい

2019-07-09

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

相愛学園の掲示板

2019-07-09

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

愛するということ

2019-07-09

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

一輪の花

2019-07-09

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

運ということ

2019-07-09

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

訓覇信雄

2019-07-09

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

やさしい言葉

2019-07-02

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

激流

2019-07-01
http://kotonoha.shinshu-kaikan.jp/kotoba/2019/jul/1/?fbclid=IwAR1G1I0zsRoqscPg_OexNc10AN53ai72Os3Q8-OH17d7DJhzW8Ouu5vAziM

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

友情ということは

2019-06-25
大谷祖廟 法寿寺/川嶋正さん撮影

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

人と接する

2019-07-03

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

オードリーという生き方

2019-06-25

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ヘレン・ケラー

2019-06-25

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ジョン・レノン

2019-06-25

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

違いについて

2019-06-10

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

微妙

2019-06-02

漢字で表現される場合ももちろんあるのですが、最近では「ビミョウ(ビミョー)」とカタカナで書かれている場合も多く目にします。確かに時代とともに微妙という言葉の意味に変化がみられます。会話のように「ビミョー」と使われる時には、今の状況が不安定で割り切れない状態になっている場合で、どちらかといえば、うまくいっていない方に傾いているニュアンスです。「合格するかビミョー」。困ってしまう、悩んでしまう、なんとかしてくださいよ、とつぶやいているようです。ところが「微妙」の意味は本来は正反対で、悩みの種になるどころか、悩みを克服していく出会いを意味している仏教語なのです。
 仏教では微妙と書いて「みみょう」と読みます。言い尽くせない奥深い意味合いがあるということで、もともと肯定的で積極的な意味をもっているのです。
 私たちが親しんでいる「三帰依文(さんきえもん ※)」があります。そのなかに、「無上(むじょう)で深甚(じんじん)にして微妙なる法」との出会いが大切であると書かれています。
 ちっぽけな、身勝手な人間の解釈ではおさまらないほどの深さ、広さ、豊かさを内容にしている仏法。私たちは、それを背景にして今ここにこうして生きている。それに出会い、自分の思い込みを超えてこそ、限りなくわが身を丁寧に生きることができると教えてくださっています。気づかされてみれば、本来、落ち込む必要もなく、目先のことばかり考えてクヨクヨする必要もないのでしょう。
 人生、生きてみれば実に豊かで頭の下がることばかりだと知らされてまいります。ですので、その出会いをご縁にしてこそ、いよいよ教えられ育てられて歩むわが身をいただくのです。限りなく人生を生きることができるのであります。人生に限界はありません。
 しかし、そのなかにあって、閉ざしてしまっているわが身の狭さが知らされてきます。したがって、微妙なる仏法を仰ぎ、同時に知らされてくるわが身自身の狭さとたたかうこと。それが自らを生きることであります。
三帰依文
お釈迦さまが説かれた「法」、法に目覚めた「仏」、法を依りどころとする人の集まり(=「僧」)の3つを「三宝(さんぼう)」といい、「そのことを大切な宝ものとして生きていきます」と、法話の前などに唱和される文。

大江 憲成氏 
九州大谷短期大学名誉学長

『暮らしのなかの仏教語』(東本願寺出版)より
仏教語 2019 06

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

杭について

2019-06-09

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ちょっと

2019-05-28

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

がんばらない

2019-05-22

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

いのち

2019-05-22

仰せ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

聞書

2019-05-03
自分はよく心得ていると思っている者は、実は心得てはいないのです。自分はまだよく心得ていないと思い、教えを聞く者は心得た者なのです。この愚かな自分が阿弥陀仏(あみだぶつ)に助けられることが、なんと尊いことであるかと喜ぶのが心得たということなのです。ですから少しも自分は心得たと思うことがあってはなりません

ちょっと?

RSS(別ウィンドウで開きます) 

【 教勢調査 】

2019-05-02

漢字について

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「歩く」という字は・・・

2019-04-30

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

救い

2019-04-22

「救い」とは、
救いを求める必要がもはや無くなること…

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

語録:日野原重明

2019-04-12
https://www.bing.com/videos/search?q=%e6%97%a5%e9%87%8e%e5%8e%9f%e9%87%8d%e6%98%8e&view=detail&mid=405376AE2A7E2520F226405376AE2A7E2520F226&FORM=VIRE

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

祝辞

2019-04-10

陛下即位三十年式典でもたけし流ボケ倒し祝辞 全文

4/10(水) 16:30配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl…

 

北野武監督(72=ビートたけし)が10日、東京・国立劇場で行われた式典「天皇陛下御即位三十年奉祝感謝の集い」で、ユーモアを交えた祝辞を述べて、会場を沸かせた。

紋付きはかま姿で登壇し、出番になると、安倍晋三首相ら出席者に一礼して舞台中央に立った。

まずはおじぎをして、演壇にあったマイクにおでこをぶつけるおなじみのボケで笑いを誘った。さらに「祝辞」と言った後、上包みに書かれた言葉を読み出して「あっ、こっちじゃない」とボケを続けた。

ようやく、祝辞を読み始めるかと思ったら、終わりの部分から逆さまに読み始め「あっ、こっちだ」と言って再び笑いを誘い、その後、祝辞を読み始めた。

【以下、祝辞全文】

「お祝いの言葉。天皇皇后両陛下におかれましては、御即位から30年の長きにわたり、国民の安寧と幸せ、世界の平和を祈り、国民に寄り添っていただき、深く感謝いたします」

「私はちょうど60年前の今日、当時12歳だったその日、母に連れられて日の丸の旗を持ち、大勢の群衆の中にいました。波立つように遠くの方から歓声が聞こえ、旗が振られ、おふたりが乗った馬車が近づいてくるのが分かりました。母は私の頭を押さえ、『頭を下げろ! 決して上げるんじゃない』と、ポコポコ殴りながら『ばちが当たるぞ』と言いました。私は母の言うとおり、見たい気持ちを抑え、頭を下げていました。そうしないと、ばちが当たって、急におじいさんになっていたり、石になってしまうのではないかと思ったからです。そういうわけで、お姿を拝見することはかないませんでしたが、おふたりが目の前を通り過ぎていくのは、はっきりと感じることができました」

「私が初めて両陛下のお姿と接したのは、平成28年のお茶会の時でした。なぜか呼ばれた私に、両陛下は『交通事故の体の具合はどうですか』『あなたの監督した映画を見ています』『どうかお体を気をつけてください』『頑張ってください』と声を掛けていただきました。この時、両陛下が私の映画のことや体のことまで知っていたんだと驚き、不思議な感動に包まれました」

「ただ、今、考えてみれば、天皇陛下がご覧になった映画が、不届き者を2人も出した『アウトレイジ3』ではないということを祈るばかりです。また、おみやげでいただいた銀のケースに入っているコンペイトーは、わが家の家宝になっており、訪ねてきた友人に、1粒800円で売っております」

「5月からは、元号が『令和』に変わります。私がかつて居た『オフィス北野』も、新社長につまみ枝豆を迎え、社名を変えて『令和』に対して『オフィス冷遇』にして、タレントには厳しく当たり、変な情をかけないことと決めました」

「私は、自分が司会を務めた番組で、私たちがニュースなどで目にする公務以外にも陛下が、1月1日の四方拝を始め、毎日のように国民のために儀式で祈りをささげ、多忙な毎日を過ごされていることは、知ってました。皇后陛下におかれましては『皇室は祈りでありたい』とおっしゃいました。お言葉の通り、両陛下は私たちのために、日々祈り、寄り添ってくださっていました。私は、感激するとともに、感謝の気持ちでいっぱいです」

「平成は平和の時代であった一方、災害が次々と日本を襲った時代でもあります。そのたびに、ニュースでは、天皇、皇后の両陛下が被災地を訪問され、被災者に寄り添う姿が映し出されました。平成28年8月、陛下は次のように述べておられます。『私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず、国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えてきましたが、同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました』。国民の近くにいらっしゃり、祈る存在であること、そのお姿に私たちはひかれ、勇気と感動をいただきました。あらためて、平成という時代に感謝いたします。また、ずっと国民に寄り添っていただける天皇、皇后両陛下のいらっしゃる日本という国に、生を受けたことを、幸せに思います。ありがとうございました」

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

資本主義の父 渋沢栄一

2019-04-10

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

悪口について

2019-04-03

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

スナフキンのことば

2019-03-31

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

Big1

2019-03-31

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

言の葉

2019-03-30

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

睦月のことば

2019-03-30

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

弥生のことば

2019-03-30

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

イチロー引退

2019-03-26

主張

RSS(別ウィンドウで開きます) 

裁くということ

2019-03-19

東条英機元総理の反論
(
東京裁判による日本の戦争が正義と人道への罪と言われたことによる)

「あなた方は、しばしば人道ということを述べられるが、
 はたしてあなた方の言う事が、真の正義であり人道であるかは、
 この法廷の屋上に立ち、東京の姿を見られることによってもわかるはずだ。
 空からの仮借なき爆撃により、
 この東京だけでも、
 何十万かの非戦闘員、無辜の市民が哀れにも焼き殺されたではないか!
 
これをもあなた方は、人道と呼び、正義の所業と見なされるか」
 と絶叫したのである。

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ネイティプアメリカンのことば

2019-03-17

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

キケロのことば

2019-03-13
 
書籍は青年には食物となり、老人には娯楽となる。病める時は装飾となり、苦しい時には慰めとなる。内にあっては楽しみとなり、外に持って出ても邪魔にはならない。特に夜と旅行と田舎においては、良い伴侶となる。

キケロ

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

チャップリンのことば

2019-03-12
戦争をやって、いがみ合っている国のリーダーをリングの上にみな引っ張ってくるんだ。そうしてトランクス一枚の裸で、徹底的にやらせるという具合にいかないもんかね。
チャップリン

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

僧伽

2019-03-05

228

同朋会運動は僧伽をつくるのだと言う人がいます。
しかし僧伽はつくるものでなく、たまわるものです。
われわれが僧伽の一員に加えられるということは、
値(あたい)せずして加えられるという意味です。
値せずしてであって特権ではない。
真の仏弟子の「真」という字は、
虚と偽とから区別されるんです。
虚偽のものは生臭さ坊主です。
「われわれは虚偽で生臭さ坊主なんだ、
仏教を売って生きとるんだ」
そういう深い大きな懺悔、
実には
虚であり偽であるにもかかわらず、
「真」とされるかたじけなさ、
それが僧伽です。

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

白洲次郎のことば

2019-03-10

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

イプセンのことば

2019-03-05

我々はみな真理のために闘っている。

だから孤独なのだ。

寂しいのだ。

しかし、だから強くなれるのだ。


イプセン

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

「違い」と「嫌い」

2019-03-05

ここに掲載の文章

「違い」と「嫌い」を混同してはいけません。〜息子の担任の鮮やかな対応(イギリス)〜

息子がイギリスの公立小学校1年生に入ってしばらくたった頃のことです。
学校から戻ると、息子がさびしそうな顔で、
「ママ、明日からお弁当はサンドイッチにして。」
と頼んできました。
その頃わたしは、娘(小学校6年生)と息子のお弁当には日本で作っていたようなお弁当と、たまにサンドイッチやパスタのお弁当を作っていました。
その日はしょうゆ味のおかずの入った日本らしいお弁当でした。
息子に理由を訊ねてみると、お昼にお弁当を食べていたら、近くにいたイギリス人の女の子に「くさい」と言われたから、ということでした。
イギリスで生まれ育った5〜6歳の子どもたちにとって、外国の食べ物は馴染みがないのも当たり前だな、そういう感想を言う子もいるのか、と思いながら息子の説明を聞き、「たいへんだったね。その子は日本の食べ物を知らなかったんだね。」となぐさめました。

その翌日はサンドイッチを作ってあげて、朝の登校時(イギリスでは小4までは登下校に保護者の付き添いが必要)に、クラス担任の先生に前日のことを伝えました。
わたしとしては先生に何をどうこうしてもらいたいという具体的なリクエストは考えておらず、ただ事実だけ伝えておこうと考え、淡々と穏やかに話しました。先生はじっとこちらを見つめ、何度も深く頷きながら聞いてらっしゃいました。
そしてわたしは息子に「バイバイ(^-^)」して家路へ。
下校のお迎え時に何か先生から言われるかしら?ひょっとして「トラブルの元になるので醤油の匂いのするランチは持たせないようにしてください。」って言われちゃうかな、などと気を揉んだりもしました。

そして下校のお迎えのとき、先生に、「報告があります」と呼び止められました。
「その生徒と話しました(息子に後からきいたところによれば担任教師がクラスを持っていない時間帯に女の子ひとりだけ授業から連れ出され、30分くらい戻ってこなかったそうです)。世界中にはいろんな文化があって、あなたがまだ知らない食べ物があります。日本という国の食べ物にはイギリスの食べ物とは違う匂いがあります。あなたはまだ知らなかった。それは“違い”であって、“嫌い”と考えてはいけません。と女の子に話しました。」と。

その女の子は息子に謝ってくれ、息子はいつもの元気を取り戻しました。
この、「違い」と「嫌い」を混同してはいけない、と教えた先生の対応は、本当に見事だと思いました。
息子に、「また日本のお弁当作ってもいい?」と訊いたら、「うん、いいよ!」(ニコニコ)という返事が返って来ました。

違う文化の国を、違う文化を持つひとを、じぶんと違うから「嫌いだ」と思うのは、幼い未熟な考え方ということですね。
大人なのにまだやってしまっているひとが時々いて、中には特定の国に対してヘイトスピーチを大々的に行ってしまうひとまでいて、大人でそれでは野蛮と言われても仕方がないな、と思うわけですね。
子どもの頃からこうやって「違い」と「嫌い」は混同するものではない、ということを知って成長できるって素敵なことだなと思いました。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
みなさまよい1日を!


 

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

太宰治という生き方

2019-03-02

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

チャップリンの思い

2019-02-26
 
飯塚俊一さんのfacebook投稿より
 
 
高校生の頃観た映画

独裁者

最後の演説に胸が震えた。
暫く席から立つことができなかった。
この世界には、すべての人を受け入れる余地があるのだ。大地は豊かで、すべての人に衣食を与えることができる。人生は自由で、美しいものであるはずだ。しかし、その道を失った。どん欲が人間の魂を汚し、憎しみで世界を囲い、我々を悲惨と流血のまっただ中に行進させた。我々は、スピードを出す技術を開発したが、自分達を閉じこめてしまった。我々に富を与えてくれるはずの機械は不足をもたらした。

我々は知識を得たが、懐疑的な人間になった。賢くはなったが、気むずかしい、不親切な人間となった。考えすぎるあまり、何も感じなくなった。機械より人間性が必要なのだ。賢さより人間性と優しさが必要なのだ。利口さよりは親切とやさしさを必要としているのだ。これらのものがなければ、人生は、暴力的になり、すべてが失われる。

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

あっ、そうだね!

2019-02-24

24日の在位30年の記念式典で、天皇陛下のおことばは8分半に及んだ。

 退位当日の4月30日、皇居・宮殿での「退位の礼」で最後のおことばが予定されるが、皇居外では今回が最後となる見通し。涙声で国民への感謝の思いを語った。

 象徴天皇の歩みを振り返る集大成とも言える内容だった。平成の30年間を「多くの予想せぬ困難に直面した時代」と位置づけ、「日々国の安寧と人々の幸せを祈り、象徴としていかにあるべきかを考えつつ過ごしてきました」と自らの歩みを振り返った。

■ともどもに平(たひ)らけき代(よ)を築かむと諸人(もろひと)のことば国うちに充(み)つ

 おことばの中で、天皇陛下は平成が始まって間もない時期に皇后さまが詠んだ歌を紹介した。当時、全国各地から「私たちも皇室と共に平和な日本をつくっていく」との「決意に満ちた言葉」が寄せられたと明かし、「私どもは今も大切に心にとどめています」と声を詰まらせながら語った。

 途中、天皇陛下が用意した原稿を読み飛ばしてしまう場面があった。天皇陛下は昨年5月にもベトナムの国家主席夫妻を歓迎した宮中晩餐(ばんさん)会で、おことばの原稿を1枚分飛ばしたことがあった。今回はかたわらにいた皇后さまがすぐに気付いて伝え、天皇陛下は安堵(あんど)した様子で再び読み始めた。宮内庁関係者によると、皇后さまはおことばの作成をサポートし、内容を理解して式典に臨んでいたという。

 式典が終わり、天皇陛下は会場内を見渡しながら手を振った。そばには笑みをうかべる皇后さま。お二人に大きな拍手が送られた。

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

達人のことば

2019-02-23

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ヘレン・ケラーの言葉

2019-02-22

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

稲盛語録

2019-02-21

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

田畑正久先生のお話

2019-02-20

万人を集めることは易(やす)い
しかし真に一人を救うことは難(かた)い
観経は
韋提希夫人一人が真に救われた経である

万人も救われなければ一人におとる
一人も真に救われれば
尽十方無碍光の正覚をその身に体現するもの

一人即一切衆生である
万人をどうしようというのは
野心であり名利心である
一人を真に救いきる
そこに浄土真宗がある(住岡夜晃法語)

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

矢沢永吉です。

2019-02-19

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

油断について、ただし堺屋太一さんでは、ありません!

2019-02-18

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

アメニモマケズ

2019-02-17

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

弔辞

2019-02-17
1月12日、
 青山齋場で行なわれた葬儀で
  勝新太郎が弔辞を述べた。


「田宮、
 おれはお前なんか大嫌いだった。
 あっち向いたらこう、
 こっち向いたらああ、
 お前の死顔を見るのも
 いやだったんだ。
 ”よーいスタート”、カチン、
 その後で芝居をする。
 そんな顔なんか
 見たくなかったんだ。
 と思って見たら、
 楽な、
 いい死顔しているじゃないか。
 おれは救われた。
 生きているとき、
 どうして
 ああいう顔を
 していなかたんだ。」

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

『涅槃経』

2019-02-16

https://youtu.be/Lbw-AnzrjdY

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ちょっといい話

2019-02-15

池江のコメント全文は以下の通り。

 「昨日からたくさんのメッセージをありがとうございます。ニュースでも流れる自分の姿に、まだ少し不思議な気持ちにもなります。

 そんな中でどうしてもお伝えしたく、更新させていただきます。皆さまからの励ましのメッセージの中に「骨髄バンクの登録をした」「輸血、献血をした」など、沢山の方からメッセージをいただきました。私だけでなく、同じように辛い思いをしてる方達にも、本当に希望を持たせて頂いています。

 私は神様は乗り越えられない試練は与えない、自分に乗り越えられない壁はないと思っています。もちろん、私にとって競泳人生は大切なものです。ですが今は、完治を目指し、焦らず、周りの方々に支えて頂きながら戦って行きたいと思います。

 しばらくの間、皆さまに元気な姿をお見せすることができないかもしれません。そしてしばらくの間、私も皆さまと同じく応援側に回ります。引き続き、トビウオジャパンの応援、支援、そしてたくさんのさまざまな応援、支援をよろしくお願い致します。

 あらためて皆さまのメッセージと御協力に心から感謝します。必ず戻って来ます。池江璃花子

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

老兵のことば

2019-02-15

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

幸せについて

2019-02-14

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

婆ちゃんのことば

2019-02-14

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

カフカの言葉

2019-02-13

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

人生の扉

2019-02-09
【大地&黒木バージョン】
https://youtu.be/jvtxmlIZhf0


【オリジナルバージョン/竹内まりや】
https://youtu.be/-UjJmGSThiM


https://youtu.be/DFqvvXookxQ

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

対談

2019-02-08

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

悲願

2019-02-06
人間の抱く「悲願」は、どうしても実現しようと心から念じている「悲壮な願い」を意味します。
人間の思いに根ざした願いなのです。
したがって、この人間の悲願は成就すると勝者が誕生する一方、同時に必ず敗者が生み出され、そこに人の世の不幸が立ち現れるのです。
この矛盾をいかに受けとめていけばいいのでしょうか。
いずれかが善であり、いずれかが悪であると簡単に決め込むことはできません。
ただ、この矛盾を深い悲しみとして抱きとめてくださる世界があるのです。如来の悲願です。
 「悲願」とはもともと仏教語なのです。
必ず「如来の悲願」、「菩薩(ぼさつ)の悲願」として表現され、私たちの日常の「悲願」とは区別されます。悲願の「悲」は如来の悲しみであり、引き裂かれた心、どうにもならない現実への悲哀です。
私たちが自分の目的のために是が非でも達成しようとする悲哀な心とは質を異にします。
如来はどのような者であれ私たちの姿をじっと見ていてくださり、私たちの出口なき悲惨な姿に御身が引き裂かれ、私たちが救われなかったならば如来ご自身も如来として生きていけないと悲しまれる心です。
 如来ご自身が理想的な世界にいて幸せと歓びに満ちあふれているとしたら、本当に私たちに寄り添うことはできません。
如来の「悲」とは、如来ご自身の救われざる悲しみにおいて私たちに寄り添う心、私たちと一つになる心です。
 つぎに悲願の「願」とは、その「悲」を根拠として私たちにはたらきかける如来の「願い」です。
私たちはわが身の現実や未来に立ちはだかる大きな壁の前でうめいています。
如来は、そのうめきに寄り添ってくださって、壁を乗り越える道がお念仏(ねんぶつ)の道として開かれていることに、どうか気づいてくださいと私たちに「願」ってやまないのです。
 「しかるに仏かねてしろしめして、煩悩具足(ぼんのうぐそく ※)の凡夫とおおせられたることなれば、他力の悲願は、かくのごときのわれらがためなりけりとしられて、いよいよたのもしくおぼゆるなり」『歎異抄(たんにしょう)』
 如来は、かねてより、私たちの本当の姿をお知りになってくださっていて、「汝(なんじ)は煩悩具足の凡夫なのです」と呼びかけてくださっているのです。
私たちは、その呼びかけのなかに、わが身の罪業(ざいごう)の根深さ、割り切れなさ、悲しみの深さを知らされ、人間として本当に悲しまなくてはならないことに無関心であったわが身に目覚めるのです。
如来の悲願なしに、悲しみの凝視はありません。
煩悩具足
様々な煩悩をすべてそなえて生きていること。

大江 憲成氏
九州大谷短期大学名誉学長

『暮らしのなかの仏教語』(東本願寺出版)より
仏教語 2019 02

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

有難屋

2019-02-04
 

200

大抵は、
みな都合のいいように聞いているのです。
有難くなるために聞いているのです。
有難屋という。
つまり神秘主義です。
有難屋というのは、
なにか、酒に酔いたいのです。
何も求道というようなものではない。
信心を獲て信心によって
有難くなりたいというのでしょう。
だから信心が目的ではない。
有難くなるのが目的です。
けれども、
どんなご馳走でも二度食べると
あまり有難くないでしょう。
初めは有難いけれども
二度目は有難くない。
そうすると淋しいでしょう。
だから
もう一度興奮したいのでしょう。
それで聞くのではないかね。
もういっぺん酒に酔いたいのでしょう。
有難いというけれども、
厳密に言えば
有ることが難いのです。
無いことが難いのではなく
有ることが難い。
信心を獲たこと、
信心が自分に有ることが難いのです。
信心そのものが有難いのです。
信心で有難さを求めるのではない。
そうでしょう。
有難屋はそういうふうに
「聖典の言葉を自分の常識に翻訳して」
みな覚えてしまっているから、
本当の智慧になっていないのです。
今日の布教でも、
酔っている教学を転じて、
自覚の教学にしなければならない。
酔っているのを
「獅子身中の虫」というのです。
仏教者の外に敵はあるのではなく、
自分の中にいるわけです。
信仰、信仰と言っているけれども、
それは酔っているだけの話なのです。
その酔っている信仰が、
自覚の信仰に
転ぜられなければならないのです。

 

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

『ナルちゃん憲法』

2019-02-03

皇后美智子さまが伝える愛情あふれる育児宝典

『ナルちゃん憲法』松崎敏彌/著

浩宮さまが生後七ヵ月のころ、美智子さまは皇太子殿下(当時)とともに日米修好百年記念で十六日間の訪米旅行にお出かけになりました。浩宮さまのことを案じた美智子さまは、侍従や女官たちに、細やかな申し送りを書いたノートを託されました。アメリカ訪問を終えたあとも、育児の指南条項は書きためられました。こうしてできたのが、『ナルちゃん憲法』なのです。

ナルチャンケンポウ
2016年12月8日発売
定価(本体560円+税)
ISBN 978-4-334-77401-1
光文社文庫
判型:文庫判ソフト

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

賢者ということ

2019-02-03
ちいちの華/松井先生のご自防掲示板

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ムハメド・アリ

2019-02-02

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

『眞宗学序説』

2019-02-01

http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/969555/1?fbclid=IwAR1K6TV4dza4GQilIPpIDMamajVs7FHjjNovtBqZch1yfv_T2ZDlYmwkfzI

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

伝灯

2019-02-01

197

普通に考えると

釈尊が悟りを開かれ

龍樹、天親の〈菩薩〉が出る。

龍樹、天親は菩薩だから

〈仏〉より下で、その下に

今度は曇鸞、道綽、善導の〈大師〉。

日本に来ると

今度は〈上人〉、〈聖人〉、

またその聖人の弟子を

今度は〈先生〉というのです。

先生からもっと下がって

今度は〈さん〉というわけです(笑)。

そういうものではないのです。

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ワシントンDCのメリーゴーランド

2019-02-01

アメリカの首都であるワシントンDCには,大統領が執務するホワイト・ハウス,さらには歴史的記念物であるワシントン記念塔やリンカーン記念堂などがあります。政府関係者だけでなく観光客でも,いつも賑わっている街です。


 

実は,多くの歴史の舞台となってきたそのワシントンDCの片隅に,メリーゴーランドが1台,置かれているのをご存じでしょうか。


 

モダンなジェットコースターが人気の現代からすると,とても古ぼけた旧式のメリーゴーランドです。でも,今でもしっかりと動き,子供達の楽しそうな笑顔であふれています。


 

なぜ,政治の中心の場所にメリーゴーランドなのだろう,と思うところですね。実はそれは,このワシントンDCで行われた,ある歴史的スピーチと関係しているのです。


 


 


1963年8月28日,「ワシントン大行進」が行われました。25万人近い人々がワシントンDCに集結したのです。


 

そのデモの参加者達は,ワシントンDCのワシントン記念塔からリンカーン記念堂まで行進しました。その行進の目的は,すべての人々が,公民権と,皮膚の色や出身などに関係なく平等に保護されることを求めたものだったのです。


 

リンカーン記念堂で行われた演説の最後を飾ったのが,マーティン・ルーサー・キング・ジュニア博士でした。キング牧師が行った「私には夢がある」(I have a dream)は,アメリカ公民権運動のシンポルとして後世まで語り継がれる,とても著名なものです。


(1963年8月28日に行われたキング牧師の演説)


今日私は,アメリカの歴史の中で,自由を求める最も偉大なデモとして歴史に残ることになるこの集会に,皆さんと共に参加できることを,嬉しく思います。

 

 

100年前,ある偉大なアメリカ人が,奴隷解放宣言に署名しました。今われわれは,その人を象徴する座像の前に立っています。この極めて重大な布告は,容赦のない不正義の炎に焼かれていた何百万もの黒人奴隷達に,大きな希望の光明として訪れました。それは,捕らわれの身にあった彼らの長い夜に終止符を打つ,喜びに満ちた夜明けとして訪れたのです。


しかし,100年を経た今日,黒人は依然として自由ではありません。100年を経た今日,黒人の生活は,悲しいことに依然として人種隔離の手かせと人種差別の鎖によって縛られています。100年を経た今日,黒人は物質的反映という広大な海の真っ只中に浮かぶ,貧困という孤島に住んでいます。


100年を経た今日,黒人は依然としてアメリカ社会の片隅で惨めな暮らしを送り,自国にいながら,まるで亡命者のような生活を送っています。そこで私達は今日,この恥ずべき状況を劇的に訴えるために,ここに集まったのです。・・


われわれは,黒人が警察の言語に絶する恐ろしい残虐行為の犠牲者である限りは,決して満足することはできないのです。われわれは,旅に疲れた重い体を,道路沿いのモーテルや町のホテルで休めることを許されない限り,決して満足することはできないのです。


われわれは,黒人の基本的な移動の範囲が,小さなゲットーから大きなゲットーまでである限り,満足することはできないのです。われわれは,われわれの子供達が,「白人専用」という標識によって,人格をはぎとられ尊厳を奪われている限り,決して満足することはできないのです。ミシシッピ州の黒人が投票できず,ニューヨーク州の黒人が投票に値する対象はないと考えている限り,われわれは決して満足することはできないのです。・・


絶望の谷間でもがくことをやめましょう。友よ,今日私は皆さんに言っておきたいのです。われわれは今日も明日も困難に直面しますが,それでも私にも夢があります。それは,アメリカの夢に深く根ざした夢です。


私には夢があります。それは,いつの日か,ジョージア州の赤土の丘で,かつての奴隷の息子達とかつての奴隷所有者の息子達が,兄弟として同じテーブルにつくという夢です。


私には夢があります。それは,いつの日か,不正と抑圧の灼熱で焼けつかんばかりのミシシッピ州でさえ,自由と正義のオアシスに変身するという夢です。


私には夢があります。それは,いつの日か,私の4人の幼い子供達が,肌の色によってではなく,人格そのものによって評価される国に住むという夢なのです。


今日,私には夢があります。・・




 

 

この大行進と,キング牧師の演説の後押しにより,1964年,アメリカ連邦議会は,「公民権法」を成立させました。その法律は,公共の場における人種分離を禁止し,公立学校や公立施設における人種統合を求め,さらには人種や民族に基づく雇用を違法とするものでした。同法は,まさにリンカーン記念堂に置かれたリンカーン大統領が成立させた,アメリカ憲法修正条項以来の,包括的な公民権立法となったのです。


実は,冒頭で御紹介したワシントンDCに置かれているメリーゴーランドは,元々はボルチモア州の遊園地に置かれていたものでした。


25万人の大行進が行われ,キング牧師が「私には夢がある」の演説を行った1963年当時,ボルチモア州は,黒人差別の激しいことで知られた州だったのです。


そんなボルチモア州の遊園地に置かれたメリーゴーランドには,黒人の子供達は乗ることが許されていなかったのです。


でも,このキング牧師が演説を行ったまさにその日,その黒人の子供達が決して乗ることを許されていなかったメリーゴーランドに,初めて黒人の女の子が1人,乗ることを許されたのでした。


そんな,公民権運動と人種差別撤廃の象徴とも言えるメリーゴーランドは,その後時代を映す記念的存在としてワシントンDCに移されたのです。





 

本来,人という種で共通する私達の中に,白人,黒人などのさまざまな人種が存在するのは,異なるDNAを生み出すことで,生命が生き残るための知恵なのです。


それはつまり,人種の存在とは,あくまでも環境の変化の中で生命が生き残るための手段であって,人種の存在そのものが目的ではないのです。


不完全な存在である私達は,えてしてそれを忘れ,異なることそのものが目的である,と考えてしまうのです。でもその考え方は,必ず社会を不幸にすることを,私達は歴史から学んだのです。


公民権法の立法を導いたキング牧師は,その後1968年に凶弾に倒れ,この世を去りました。でも,彼の思いと理念は,制定された法としてだけでなく,後に残された私達の心の中に残されています。


ワシントンDCのメリーゴーランドでは,今日もさまざまな人種の子供達が,互いの肌の色の違いなど気にせずに笑顔で乗っていることでしょう。その回るメリーゴーランドと子供達の姿は,そのキング牧師の思いとその意義を伝えていく大切さを,私達に教えてくれているように思います。

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

相田みつをの言葉

2019-02-01

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

河村とし子さんについて

2019-01-31

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

カーネギーの言葉

2019-01-29
デール・ブレッケンリッジ・カーネギー(Dale Breckenridge Carnegie:1922年頃までは「Carnagey」と表記)(1835年11月24日 – 1955年11月1日)は、アメリカの作家で教師にして、自己啓発、セールス、企業トレーニング、スピーチおよび対人スキルに関する各種コースの開発者。
どの民族どの民族もそれぞれ他の民族より偉いと思っている。これが愛国心を生み、戦争をも引き起こす。
デール・カーネギーもそれぞれ他の民族より偉いと思っている。これが愛国心を生み、戦争をも引き起こす

デール・カーネギ

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

週刊誌 昭和30年代~

2019-01-29

年齢と節目について

RSS(別ウィンドウで開きます) 

始まりは、還暦です。

2019-01-29

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

電子掲示板@青森県第3組_八戸市_願榮寺

2019-01-27

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

目立つということ

2019-01-27

192

自分を目立たせねばならないという、
他人とは違うのだということは、
どういうことであるかというと、
他人と一緒になると自分が消えるからです。
消えてしまうことが怖いのです。
だから
なるべく目立たせるようなことになるわけです。
孤立しているのです。
孤立しているのを
独立していると誤るのです。

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

孤独

2019-01-27
Yasuda Rizin
 

189

つまり
悪く言えばひとりよがりだし、
別の言葉で言えば
孤独なのです。
ひとりなにか澄ましている。
世間のものたちは分からない、
私だけは純粋で孤独だ、
というように、
孤独ということを
なにか非常に高いことのように思っている。
けれども
それは大きな間違いです。
それが高いことのように思うのが
慢なのです。
懈慢という
ひとりよがりの慢心なのです。
心境を開いたといっても、
そういう心境が必ず出てくるのです。
出る人もあるし
出ぬ人もあるというのではない。
必ずそういうものが出てくるのです。

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

辺地ということ

2019-01-27

191


浄土の辺地というような具合にいうのは、
浄土の中にあって
そこにひとつの城郭を構えている
というわけです。
城郭などいらない中に城郭を構えとる。
そういう形になっているわけです。
だから
何か得意になっているのだけれども、
実は
得意になっているという心が
そういう城郭になっているのです。
如何にも孤独であることを
誇っているようだけれども、
なにも孤独ということは
誇るべきことではないのであって、
逆に
それは自信のない証拠なのです。

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

満足

2019-01-23

歌会初めの儀2019

RSS(別ウィンドウで開きます) 

皇后陛下&皇太子妃の御歌

2019-01-20
 

皇后さま お歌

  今しばし

 

   生きなむと思ふ寂光に

   園(その)の薔薇(さうび)の

   みな美しく



皇太子妃雅子さま

  大君と

  母宮の愛でし御園生(みそのふ)の

  白樺冴ゆる

  朝の光に

歌会始めの儀

RSS(別ウィンドウで開きます) 

御製

2019-01-20
▽天皇陛下

 
  贈られし

   ひまはりの種は生え揃ひ

   葉を広げゆく

   初夏の光に

 

写真

 天皇陛下と皇族、召人、選者の歌は次の通り。(仮名遣いと振り仮名は原文のまま)

 ▽天皇陛下

 贈られしひまはりの種は生え揃ひ葉を広げゆく初夏の光に

 ▽皇后さま

 今しばし生きなむと思ふ寂光に園の薔薇のみな美しく

 ▽皇太子さま

 雲間よりさしたる光に導かれわれ登りゆく金峰の峰に

 ▽皇太子妃雅子さま

 大君と母宮の愛でし御園生(みそのふ)の白樺冴ゆる朝の光に

 ▽秋篠宮さま

 山腹の洞穴(どうけつ)深く父宮が指したる先に光苔見つ

 ▽秋篠宮妃紀子さま

 日の入(い)らむ水平線の輝きを緑閃光(グリーンフラツシユ)と知る父島の浜に

 ▽秋篠宮家長女眞子さま

 日系の百十年の歴史へて笑顔光らせ若人(わかうど)語る

 ▽秋篠宮家次女佳子さま

 訪れし冬のリーズの雲光り思ひ出さるるふるさとの空

 ▽常陸宮妃華子さま

 つかの間に光る稲妻さ庭辺の樹木の緑を照らしいだし来(く)

 ▽寛仁親王妃信子さま

 被災者の苦労話を聴きにける七歳(ななさい)が光れる一語を放つ

 ▽寛仁親王長女彬子さま

 らふそくの光が頼りと友の言ふ北の大地を思ひ夜更けぬ

 ▽高円宮妃久子さま

 窓べより光のバトンの射し込みて受くるわれらのひと日始まる

 ▽高円宮家長女承子さま

 朝光(あさかげ)にかがやく御苑(みその)の雪景色一人と一匹足跡つづく

 ▽召人

 鷹羽狩行さん

 ひと雨の降りたるのちに風出でて一色(いつしよく)に光る並木通りは

 ▽選者

 篠弘さん

 手づからに刈られし陸稲(をかぼ)の強(こは)き根を語らせたまふ眼差し光る

 三枝昂之さん

 歳歳(さいさい)を歩みつづけて拓く地になほ新しき光あるべし

 永田和宏さん

 白梅にさし添ふ光を詠みし人われのひと世を領してぞひとは

 今野寿美さん

 ひとたびといふともかげりおびてのち光さすとはいひけるものを

 内藤明さん

 日の光人の灯(ともし)に移りゆく川沿ひの道海まで歩む

 ▽入選者

 高知県 奥宮武男さん(89)

 土佐の海ぐいぐい撓ふ竿跳ねてそらに一本釣りの鰹が光る

 山梨県 石原義澄さん(82)

 剪定の済みし葡萄の棚ごとに樹液光りて春めぐり来ぬ

 福島県 逸見征勝さん(79)

 湿原に雲の切れ間は移りきて光りふくらむわたすげの絮

 奈良県 荒木紀子さん(79)

 大の字の交点にまづ点火され光の奔る五山送り火

 栃木県 大貫春江さん(77)

 分離機より光りて落ちる蜂蜜を指にからめて濃度確かむ

 岡山県 秋山美恵子さん(66)

 光てふ名を持つ男の人生を千年のちの生徒に語る

 福岡県 瀬戸口真澄さん(65)

 ぎりぎりに光落とせる会場にボストン帰りの春信を観る

 岡山県 重藤洋子さん(58)

 無言になり原爆資料館を出できたる生徒を夏の光に放つ

 秋田県 鈴木仁さん(58)

 風光る相馬の海に高々と息を合はせて風車を組めり

 山梨県 加賀爪あみさん(16)

 ペンライトの光の海に飛び込んで私は波の一つのしぶき

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

意見

2019-01-20
Yasuda Rizin

185
対話の出てこんものは意見、オピニオンなんですわ。

意見は学問にならんです。

しかし、意見がなけりゃあ学問は出てこない。

意見は吟味する必要がある。

自分はこう思うと。

しかし考えてみると別の人はこう思う、と出てくるんです。

そうすると、どっちも意見でしょう。

すると、意見と意見とが、そこで対話するわけです。

悲しいです。

RSS(別ウィンドウで開きます) 

盗難です。

2019-01-17
【盆栽】
 
樹齢約400年のヒノキ科の「真柏(しんぱく)」、

高さ約80センチ、幅約70センチ。

被害箇所は、川口市の盆栽・喜楽園です。
 
 

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

クレマンソーのことば

2019-01-16

平和を手に入れるより、

戦争を始める方が

はるかに易しい。


It is far easier to make war than to make peace.

クレマンソー
(フランスの政治家、首相、ジャーナリスト / 1841~1929)

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

生死一如

2019-01-15

生のみが我等にあらず、死もまた我等なり。

 

「生のみが我等にあらず、死もまた我等なり。」
清沢 満之(きよざわ まんし)(『清沢満之全集』第6巻p.111)

 科学が発達し医療が進歩した今日の日本社会では、生命のメカニズムが遺伝子レベルで解明され、臓器移植や遺伝子治療も導入されるようになっています。それらの根底にある機械的・物質的生命観の影響もあって、「私のいのちは、私が死んだらそれでおしまい」という考え方が一般に広まってきているように感じられます。健康に生きている間が花だからと、老人や病人を施設に押し込め、死を葬祭センターに任せて、できる限り死を忘れようとしているのが現代人ではないでしょうか。 

 しかし、老・病・死が遠ざけられ、見えにくくなった社会の中で、私たちはほんとうにそれぞれの<いのち>の花を咲かせているでしょうか。若さや豊かさ、健康や快楽を際限なく美化するメディアに囲まれながら、街を行く人々の表情は孤独で、どこか憂いや不安を抱えているように見えます。いきいきと輝くこどもたちの目や、心を動かされるような笑顔に出会うことが少なくなっているような気もします。このような日本社会を覆う漠然とした暗さは、死を切り離してしまった現代的生命観と、どこか深いところでつながっているように思われます。

  それとは対照的に、仏教的生命観のポイントを言い表しているのが、冒頭に掲げた清沢満之(1863-1903)のことばです。清沢は、この言葉に続けて「我等は生死を並有するものなり」と述べ、仏教が老・病・死を<いのち>に内在する事実として受けとめることを確かめています。釈尊の求道は、老いや病いや死は苦しみであるという真理を見つめるところから出発しているのです。その教えは、死の不安におびえ、生だけに執着した迷いの在り方から解放される道を教えています。 

  清沢は32歳のとき、当時「不治の病」とされていた結核を病んで死に直面し、死の不安を克服すべく真剣に生死を越える道を求めました。私たちにとって最大の不安である死に正面から向き合うことを通して、死によって終わってしまわないような豊かな生の意味を見いだしていったのです。私たちが自己の存在の意味に目覚め、他の多くの<いのち>と共に、有限な生をいきいきと生きていくためには、この「死もまた我等なり」という自覚が重要な意味をもっているように思われます。

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

無理はよそうぜ、身体に悪い・・・。

2019-01-15

ちょっといい絵

RSS(別ウィンドウで開きます) 

『愛と死を見つめて』

2019-01-11
浜田光夫&吉永小百合

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ヒポクラテス & マザー

2019-01-10

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

面々の御はからい

2019-01-10

175
面々の御はからいだということは
誤解してはいけないのです。
信ずるか信じないかは
第三者が文句を言うことではないでしょう。
これをとって
信ぜられるも捨てられるも
皆さんの自由ではないですかと。
勝手にせよという意味ではない。
尊敬した言葉です。
先ず
それをはっきりしておかなければならない。

Yasuda Rizin

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

三つのリンゴについて

2019-01-10

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

知の巨人

2019-01-09
愛国心について厳しく断じたラッセルの言葉である。

さて、少々偏屈に聞こえるかもしれないが、私はオリンピックやサッカーのワールドカップなど、人々が熱狂し、愛国心が躍るような国際スポーツ大会が苦手である。以前にメディアの手伝いをしていた時期があって、ソウル・オリンピックの日本取材班に同行、現地で中継放送のアシスタントとして働いた。世界の若者たちが集う開会式には感動に胸を熱くしたが、いざ競技が始まると、会場に陣取った一部応援団の過剰なまでの自国選手への応援ぶりに、鼻白む思いがしてならなかった。

とにかく、同胞選手の応援にのみ躍起となって、相手方であれ、ファインプレイには拍手を送るという懐の広い姿勢が、なんとも薄い。しばしば露骨な愛国心が火を噴く現場に身を置いて、私は「平和の祭典」が抱える一面に、とまどいを覚えざるを得なかった。

愛国心というものは、厄介なものである。人が自分の生まれ育った郷里を愛し、誇りにも感じることに、私は疑義を挟む気持などない。その延長として、祖国に抱く素朴な愛情についても、微笑をもって眺めることができる。私自身、異郷に暮らしていれば、故国日本に対して、日本に住む日本人以上に、純化された愛を感じることもある。だが、この素朴で穏やかな愛国心が過熱し、牙を他国や他民族に向け始めると、もういけない。祖国愛の名のもとに憎悪と暴力が吹き荒れたおぞましい狂気を、歴史は何度も見てきたのだ。

数学者にして哲学者、20世紀のイギリスを代表する知の巨人であったラッセルは、平和運動に尽くした人でもあった。1955年には、死の床にあった知友・アインシュタインとともに、核廃絶を訴える共同宣言を発表、世界の良心に訴えた。殺し合い以外の何物でもない戦争に、愛国心が煽られ、利用されるという現実に、さぞや心を痛めたのだろう。今回の言葉は、なるほど数学者らしく、曖昧さを切り捨てた明白な断言であり、そこに、ラッセルの怒りの深さと平和を希求する確固たる信念を聞くことができる気がする。

社会主義に傾倒しながら、ソ連には批判的であり続けるなど、ラッセルの目は曇りなく、発言には冷厳なリアリズムが脈打っていた。愛情というものはいつかは醒めるものだと公言し、4度の結婚をしたことも、ラッセルらしい信念の貫き方であったろう。もっとも、結婚は二人の愛と合意があれば成立するが、戦争を生む愛国心を巡る厄介さは、ラッセル個人の想いだけでは如何ともしがたいものだった。いつか、ラッセルのこの言葉が、現在形の「is」から過去形の「was」となる日を、願わずにはいられない。

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

W.チャーチルのことば

2019-01-09

面白いから
軍備を続ける者はいない。
恐ろしいから
軍備を続けるのだ。

ウィンストン・チャーチル

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

チャップリンの言葉

2019-01-08

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

内村鑑三のことば

2019-01-08

戦争は
戦争のために戦われるのでありまして、
平和のための戦争などとは
かつて一度もあったことはありません。


内村鑑三
(日本のキリスト教思想家、文学者 / 1861~1930)
 

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

石川啄木

2019-01-07

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

戦争は
決して地震や津波のような
天変地異ではない。
何の音沙汰もなく
突然やってくるものではない。


石川啄木

 

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

精神科医の話

2019-01-07

精神科医北山修のしあわせ論

しあわせ 心理学

いつも〜しあわせ過ぎたのに〜気づかない ふたりだった〜〜...
これは 北山修作詞 堺正章の唄ですが
青い鳥は 探しても 見つかんない(笑)
ずーっと キリなく シンデレラだから ピーターパンシンドロームだか きりない 人が ふえてるけど

しあわせは しあわせの中に いる時は 気がつかないということになる
(笑)

僕は 君と いる時が 一番 幸せなんだ〜〜って ということは 2番目も 3番目も 4番目も いるかも知らないし(笑)
比べてるわけだら 本当かよ⁇(笑)ってことにもなる(笑)

べつに 諦めろとは言わないが(笑)
4番目が しあわせかもしれないだろうが(笑)

しあわせだらけでは しあわせは わからない(笑)
不幸があっての しあわせということだと 思います。

空気なんて なくなんないと しあわせとは 思わない。

いないいない ば〜〜って 赤ちゃんは いないいないから ば〜〜が 喜ぶわけだな(笑)

ということみたいなんだよ(笑)

病気になって わかる なんとかとかね〜〜(笑)

毎日 毎日 毎日 ケーキや(笑)ごちそうでは
しあわせは わけわかんなくなって 気持ち悪いかもしれないんだよ(笑)

たまに だから しあわせなのかもしれないのだよ(笑)

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

子ども & 大人

2019-01-07

仰せを蒙りて

RSS(別ウィンドウで開きます) 

藤代聰麿(トシマロ)師のことば

2019-01-06

これからが これまでを決める​

元プロ野球選手が覚せい剤所持の疑いで逮捕された。高校時代からの親友であった桑田真澄氏は、彼に対して常に忠告を続け、友として期待と痛みをもって接していたという。
そしてこの最後の一言が、私にとって非常に印象に残っています。「今言えるのは、野球のピンチに代打とリリーフはいるけど、自分の人生に代打とリリーフはいない。現役時代に数々のホームランを打ってきた。自分の人生でもきれいな放物線を、逆転満塁ホームランを打ってほしい」。ここに私たち一人ひとりが、自分の人生の責任者であることを伝えたかったのではないかと考えます。
『仏説無量寿経』に、「身自当之 無有代者(身、自らこれを当くるに、代わる者あることなし)という言葉があり、人生の苦悩に出遇ったとしても、誰も代わってくれず、自らこの苦悩を引き受けて生きなければいけないということを教えてくださっています。
そして「これからが これまでを決める」(藤代聰麿氏)の言葉が私の中で響くのである。確かに人生とは、決して過去の過ちが消えるわけでもなく、やり直すことはできないが、今までの自分自身の在り方を見つめ直し、歩んでいくことで、今これからをどのように生きていくかが大きく問われているのである。
その意味でも、これまで(過去)が、これから(未来)を決めるのではない。『これから』が『これまで』を決めるという深い視点は、現代に生きる私たちに大切な「方向性」を示唆していると思うのである。

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

韋駄天、始まりました。

2019-01-06

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

美智子皇后の思い

2019-01-06

悩めるってことは、

あんた幸せなんやな。

海で溺れそうになってる時に悩むか?

悩めるってことは

幸せなことなんや。

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ほんの少しの

2019-01-06

ちょっといい話

RSS(別ウィンドウで開きます) 

ビスマルクの言葉

2019-01-05
オットー・フォン・ビスマルクOtto von Bismarck
勝利に終わる戦争と言えども、
常に一つの悪であると
私は考える。
政治は
民衆をそれから守る
努力をしなければならぬ。
 

ちょっといい話