「ノブレスオブリージュ noblesse oblige」
 
  “高貴なる者に課せられた義務” 

「持つ者は持たざる者に分け与える義務がある」


“正しい” という字は、
“一つのところに止まる” と書く。
 
人間死んだら腐るだけや、
好きなようにせい!

他人の考えを鵜呑みにしてはならない。 
まず否定する。
そして再考することだ。

敵を作らん仕事は仕事ではない。

てる者は、
持たざる者へ与える義務がある。

高貴なる義務
(ノブレス・オブリージュ)を背負っている。

俺はまだ自分の為すべき事を
何もできていない。
いつか為すべき事を為す。

自由は人間の尊厳である。
自由にはその分、責任が伴う。
誰が何と言おうと、僕の信念は変わりません。
戦争に負けて外交に勝った歴史がある。

我々の見据える着地点は一つ。
誇りある日本の再生。
従順ならざる唯一の日本人。

国を建て直すのに必要なのは、
食い物、金、そして、プリンシプルだ。

あなたのプリンシプルは、
傲慢ということですか?

“自分の原則” Principle