迦陵頻伽カレンダー
<<2018年5月>>


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

   真宗大谷派日豊教区日田組 平野山 願正寺
真宗大谷派日豊教区日田組 平野山 願正寺の画像
  住所
〒  大分県日田市隈2丁目8番29号
豊後国日高郡熊町
  電話
0973-22-2512
  駐車場
境内に15台程度! 大型車は、亀山町側から、お入りください。 お盆・報恩講等の境内混雑の時は、専念寺様ご門前の願正寺門徒駐車場(15台程度)を、ご利用ください。 
  アクセス
高速大分自動車道日田ICで下り交差点を右折、約1kmより国道386号へ左折、「本庄町」交差点右折、寺町通り(日田祇園山鉾会館の方)へと左折、会館手前が願正寺です。
   願正寺門徒紹介
 願正寺門徒日記を見る
 願正寺門徒を見る
   きょうのお寺(蓮如)
 もっと見る
   きょうの言葉(胡蝶)
 もっと見る
 今日のことば(迦陵頻伽)
ちょといい言葉・話をピックアップしました。
  石川啄木
2016年01月01日
「何となく 今年はよい事あるごとし。
元日の朝、晴れて風無し」 石川啄木
コメント (0)  詳細を見る 
  涅槃を前にして
2015年12月25日
さあ、修行僧たちよ。私はいまお前たちに告げよう。もろもろの事象は過ぎ去るものである。
怠けることなく修行を完成なさい。
久しからずして修行完成者は亡くなるだろう。
これから三ヶ月過ぎたのちに、修行完成者は亡くなるだろう(大パリニッバーナ経,第三章 51)
コメント (0)  詳細を見る 
  最後のお説法
2015年12月22日
今でも、また私の死後にでも、誰でも自らを島とし、自らをたよりとして、他人をたよりとせず、法を島とし、法をよりどころとして、他のものをよりどころとしないでいる人々がいるならば、彼らはわが修行僧として最高の境地にあるであろう(大パリニッバーナ経,第二章 26)
コメント (0)  詳細を見る 
  バラモン
2015年12月19日

?静かに思い、塵垢なく、落ち着いて、なすべきことをなしとげ、煩悩を去り、最高の目的に達した人、彼をわれはバラモンと呼ぶ(ダンマパダ)

コメント (0)  詳細を見る 
  オードリーの言葉です。
2015年12月14日

http://www .看護師転職企業.jpn.com/article/419455912.html

コメント (0)  詳細を見る 
  仏陀 ブッダ ことば 仏教?
2015年12月06日
 

無明こそ最大の汚れである。


修行僧らよ、この汚れを捨てて、汚れなき者となれ


(ダンマパダ)

コメント (0)  詳細を見る 
  加良 祐祥さんの頷き その弐
2015年12月05日
ワシががむしゃらになって、地団駄を踏んで繰り出しとったんを皆は「自力」と言いんさるんじゃけど、そんなこんなも含めて「自力」ちゅうクソにもならん我執に見切り付けて、この手から捨てさせようと目論まれた佛さんのお手回しなんじゃないかのぉ??
自力の様には見えるけど、お手回しじゃから、廻向じゃからそうとは言えんのじゃないか?
...
でも、対比させんと表現出来んから「自力」いう名前を付けんさった。
本来、総てがお手回しなんじゃけぇ?、「自力」も「他力」も区別なんてないんじゃないんか?
他力に包み含まれる自力。 他力の中の自力。 表現するんは難儀なけどが、自力と他力が相対しとる間は、まだ肚に来とってないんじゃろ、佛さんが!
って、そう思った!
コメント (0)  詳細を見る 
  加良 祐祥さんの頷き
2015年12月04日
やり方や方法を聞いたとしても、実践して身体や感覚がそれを知って記憶せにゃぁ、「分かった。」、「覚えた。」にゃなりゃせんのじゃないかって思う?
それを「体験、経験」っていうんじゃろうが、オラの様な職人の世界じゃ体験や経験を繰り返し、場数を踏んで身体に覚えさせるいう事をよくやります。
まずは覚えてみる。 覚えてみて、それが...
必要なものか、そうでないのか?
自分の器量に合ってんのか?合わんのか?の取捨選択は自分で納得せん事には、捨てねばならんもの、拒否せにゃならんものも納得して手放せんと思うんです。
人から聞いて、聞いただけの事を「ハイ、そうなんですか。」と頷いても、後から「もしかしたら?」という疑念をおこしましょう?
やってみて、考えてみて、繰り返してみて、「うん、行ける。」とか「こりゃ、手に負えん!」と感じる様になって初めて分かるところも有りゃせんですかね?
そうなってやっとこさ頷けるんと違いますか?
コメント (0)  詳細を見る 
  仏陀 ブッダ ことば
2015年12月03日

仏陀 ブッダ ことば 仏教? @ Buddha_Words  223


怒らないことによって怒りにうち勝て。


善いことによって悪いことにうち勝て。


わかち合うことによって物惜しみにうち勝て。


真実によって虚言の人にうち勝て(ダンマパダ)

コメント (0)  詳細を見る 
  田畑正久先生投稿
2015年11月01日
日経の読書欄に掲載された「幸福について」(芹沢俊介)の一部。2015.11.1.
(前略)年齢を重ねることで『アランの幸福論』(集英社文庫)が面白く読めるようになった。そこには、不幸の最大の源は。暴虐な欲望だと書いてある。欲はほどほどにしておけ、という意味ではないか。欲望はもともとほどを知らない暴虐なものだ、というのが哲学者アランの真意。
では、不幸になりたくなければ、どうすればよいのか?
欲望を遠ざける必要がある。具体的には仕事に専念すること、これがアランの提言である。なるほど、実際的であり、これ以外に適切な処方箋もまた簡単に見つかりそうにない。(後略)
田畑のコメント:仏教の教えの方が分析も深いようです。仕事と言っても潜在的欲望を掘り起こす企画が尊重される社会ということで、仕事の質が問われます。
コメント (0)  詳細を見る 
  索引です。
2015年10月18日
NHKで放送されている『こころの時代』の番組索引ができます。


例えば、こんな具合です。
http://h-kishi.sakura.ne.jp/kokoro-657.htm
コメント (0)  詳細を見る 
  ラストメッセージ
2015年10月16日

幸せとは

幸福について、ベーデン‐パウエルはラストメッセージの中でこのように書いています。

幸福を得るほんとうの道は、他の人を幸福にすることにある。この世の中を、君が受け継いだ時より、少しでもよくしてあとに残すように努力したなら、死ぬ時が来ても、とにかく自分は一生をむだにしないで最善をつくしたのだという満足感で、幸福に人生を送り幸福に死ぬことができる。幸福に人生を送り幸福に死ぬために、この考えで常に備え、いつもスカウトの「ちかい」を守り、大人になってもそれを忘れないことだ。

...

(ラストメッセージより抜粋)

コメント (0)  詳細を見る 
  木を植ゑし男/梶田所長にノーベル物理学賞
2015年10月07日

会津藩のお膝元、いまの会津若松市に生まれた遠藤現夢という人がいる。
醸造が本業だが、明治の磐梯山大噴火で一面荒れ野になった磐梯高原(裏磐梯)に10万本の木を植えた。
裏磐梯“緑化の父”とも、裏磐梯自然公園の開祖ともいわれている。
現夢を詠んだ句がある。
<木を植ゑし男の墓に木の実降る>(鈴木貞雄)。
(中略)

謎の多い素粒子「ニュートロン」に質量(重さ)があることを突き止めた梶田さんたちの研究を指揮したのは、誰が呼んだか“鬼軍曹”、元東大教授の戸塚洋二さんである。
「ノーベル物理学賞にいちばん近い日本人研究者」と言われながら、がんに倒れ、7年前に66歳で亡くなった。
<木を植ゑし男>だろう。
かわいい後輩の壮挙に、その人はきっと天の高みで木の実の降る音を聴いている。
ニュートリノ。
涙。
降るものが、どれも美しい秋である。

コメント (0)  詳細を見る 
  ドラマのセリフ!
2015年09月19日

山の向こうには何がある?


山の向こうには山がある。

コメント (0)  詳細を見る 
  【life】(生命)には
2015年09月16日

【life】(生命)には【if】(もしも)が隠れている。

「もしも万が一・・・」の想像力が備わってこそ、生命は保たれる。

コメント (0)  詳細を見る 
  鈴木菜穂子のことば
2015年09月16日
ここから分からないとか、難しいと言うのが私の役割かな。
今日のニュースを一緒に考えませんかと、投げかけるキャスターでありたいと思います。
コメント (0)  詳細を見る 
  河野憲治のことば
2015年09月16日
聞けば何でも分かる人と思われないようにしたい。
何も知らないというところから、なぜこれを伝えるかを視聴者に話し、腹に落ちる形で伝えたい。
コメント (0)  詳細を見る 
  伝説のスピーチ
2015年09月14日
コメント (0)  詳細を見る 
  M・テレサのことば
2015年09月12日
コメント (0)  詳細を見る 
  S・ジュブズのことば
2015年09月12日
コメント (0)  詳細を見る 
・5月12日に、「五月の法要」を、お勤めいたします。 ・記念講演に、仙台市の海楽寺住職 大友雄一郎さんを迎えます。 震災から7年、どんなことを語ってくれるのでしょうか?
 Top