迦陵頻伽カレンダー
<<2018年5月>>


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

   真宗大谷派日豊教区日田組 平野山 願正寺
真宗大谷派日豊教区日田組 平野山 願正寺の画像
  住所
〒  大分県日田市隈2丁目8番29号
豊後国日高郡熊町
  電話
0973-22-2512
  駐車場
境内に15台程度! 大型車は、亀山町側から、お入りください。 お盆・報恩講等の境内混雑の時は、専念寺様ご門前の願正寺門徒駐車場(15台程度)を、ご利用ください。 
  アクセス
高速大分自動車道日田ICで下り交差点を右折、約1kmより国道386号へ左折、「本庄町」交差点右折、寺町通り(日田祇園山鉾会館の方)へと左折、会館手前が願正寺です。
   願正寺門徒紹介
 願正寺門徒日記を見る
 願正寺門徒を見る
   きょうのお寺(蓮如)
 もっと見る
   きょうの言葉(胡蝶)
 もっと見る
 今日のことば(迦陵頻伽)
ちょといい言葉・話をピックアップしました。
  「いつも何度でも」
2016年09月01日
コメント (0)  詳細を見る 
  KOKORO!!
2016年09月01日
コメント (0)  詳細を見る 
  ブログ始めました!
2016年09月01日
コメント (0)  詳細を見る 
  夏の終り
2016年08月31日
コメント (0)  詳細を見る 
  「語ること・聴くこととしての哲学」
2016年08月29日
Recorded on 2012/04/23
大谷大学教授 鷲田清一さん
聞き手:森口弘美
収録:2012年3月15日@大谷大学


https://youtu.be/w7OzXzZXuHg
コメント (0)  詳細を見る 
  鷲田清一教授
2016年08月29日
2011年9月29日(木)に、大谷大学西洋哲学・倫理学会では、9月に本学哲学科に着任した鷲田清一教授を講師に迎えて、「震災と哲学」と題した公開講演会を開催いたしました。


https://youtu.be/yMFyk7UfJfI
コメント (0)  詳細を見る 
  「人間学-いのちを見る目-」
2016年08月29日

?大谷大学では、2006年度の高大連携推進室の設置以降、「初等中等教育と高等教育と-の学びの接続」を目的として、さまざまな高大連携プログラムの企画や研究開発に取り組-んでおります。今回は、京都明徳高等学校の生徒を対象とした模擬講義「人間学-いのちを見る目-」を紹介します。


https://youtu.be/IVaU139JtBU

コメント (0)  詳細を見る 
  講師:鷲田清一先生
2016年08月29日

大谷大学オープンキ ャンパス2012/講演会(哲学科 鷲田教授)


https://youtu.be/Nedbuej5S9w

コメント (0)  詳細を見る 
  おりおりの言葉
2016年08月08日

選んだ孤独はよい孤独


フランス の言い習わし


 人々から見捨てられていると感じることと、世評を気にせず自己のうちに深く沈潜することとは異なる。ロンリネス(ひとりぼっちの寂しさ)とソリチュード(孤独)とはまったくの別ものである。

コメント (0)  詳細を見る 
  お言葉
2016年08月08日
コメント (0)  詳細を見る 
  「ダンマパダ」
2016年07月27日

すべてのものは暴力に脅(おび)えている。
すべてのものは死をおそれている。
(他人を)自分の身にひきあてて、殺してはならない。
殺させてはならない。


すべてのものは暴力に脅えている。
すべての(生き物)にとって生命は愛(いと)しい。
(他人を)自分の身にひきあてて、殺してはならない。
殺させてはならない。


コメント (0)  詳細を見る 
  三浦知良
2016年07月17日

学ばない者は人のせいにする。
 

学びつつある者は自分のせいにする。
 

学ぶということを知っている者は
 
だれのせいにもしない。
 
僕は学び続ける人間でいたい。

 

コメント (0)  詳細を見る 
  マルティン・ブーバー/折々のことば
2016年07月17日

われわれはいかに子供たちによって、いかに動物たちによって教育されることであろう!



 育てる、教えるという関係は、けっして一方通行の関係ではない。育てる者が育てられる者に育てられるという反転が、そこにはかならず起こる。

コメント (0)  詳細を見る 
  内藤礼/折々の言葉
2016年07月15日
これでもうさわってはいけない、というときってあるんですよね

 

 作品をつくる中で、「ここだ」というのはわかるけれど、なぜかというのはわからないと、壊れやすいものへの微細な視線でオブジェを制作してきた美術家 は言う。
つくることは自己表現ではなく、自己を超え出るためにある。

コメント (0)  詳細を見る 
  ニキ・ド・サンファル/折々のことば
2016年07月13日

同じ権利を持ちたいと思っただけで、男性になりたいわけではありません。



ニキ・ド・サンファル

 銃弾で絵の具を飛散させ染め上げたレリーフや彫刻、とてつもなく巨大な女性のボディーや頭部のオブジェを造ってきた美術家

コメント (0)  詳細を見る 
  柳宗悦(やなぎむねよし)/おりおりの言葉
2016年07月10日

不完全を厭(いと)う美しさよりも、不完全をも容(い)れる美しさの方が深い。


人はだれしも過ちや矛盾をまぬがれない。

完全からはほど遠い。

コメント (0)  詳細を見る 
  スッタニパータ
2016年07月04日

自制し努力して


犀の角のように


ただ独り歩め

コメント (0)  詳細を見る 
  スッタニパータ
2016年07月04日

究極の真理へと到達するために


精進努力し、


心、怯むことなく、


行い、怠ることなく、


足取り堅固に、体力、智力を


身につけて、犀の角の如くただ


独り歩め。

コメント (0)  詳細を見る 
  折々のことば 岸部一徳
2016年07月02日

「あの俳優、知らないうちに見かけなくなったなあ」と言われるような消え方をしたい。


岸部一徳

 今をときめく名脇役は、ベーシスト出身。
劇ではつねに、物語の伴奏というよりも、抑揚のない低い声で、きれいな物語にならない人生の、その割り切れない部分を引き受ける。

コメント (0)  詳細を見る 
  折々のことば 鎌田實
2016年07月01日

がんばらない 鎌田實


 長野・諏訪で長く地域医療 に取り組む医師は、病院の廊下に飾られたある障害者のことばに心を震わせた。「がんばろう」の一言が、病に懸命に向きあってきた人をどれほど傷つけるかを知った。

コメント (0)  詳細を見る 
・5月12日に、「五月の法要」を、お勤めいたします。 ・記念講演に、仙台市の海楽寺住職 大友雄一郎さんを迎えます。 震災から7年、どんなことを語ってくれるのでしょうか?
 Top