胡蝶カレンダー
<<2018年5月>>


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

   真宗大谷派日豊教区日田組 平野山 願正寺
真宗大谷派日豊教区日田組 平野山 願正寺の画像
  住所
〒  大分県日田市隈2丁目8番29号
豊後国日高郡熊町
  電話
0973-22-2512
  駐車場
境内に15台程度! 大型車は、亀山町側から、お入りください。 お盆・報恩講等の境内混雑の時は、専念寺様ご門前の願正寺門徒駐車場(15台程度)を、ご利用ください。 
  アクセス
高速大分自動車道日田ICで下り交差点を右折、約1kmより国道386号へ左折、「本庄町」交差点右折、寺町通り(日田祇園山鉾会館の方)へと左折、会館手前が願正寺です。
   願正寺門徒紹介
 願正寺門徒日記を見る
 願正寺門徒を見る
   きょうの言葉(迦陵頻伽)
 もっと見る
   願正寺(門徒日記)
 もっと見る
 
当寺で執行・開催される仏事・イベント等の予告と紹介をいたします。
  “春の法要”のご案内
2010年03月01日

3月21日(日曜日)・春分の日に、“春の法要”を執行いたします。

皆様のご参詣を、心よりお待ち申し上げます。

12時30分より、本堂にて「法要」を行います。 ご参詣の折には、「同朋唱和勤行集」または、赤い表紙の「大谷派勤行集」をご持参ください。

尚、当日は、「お斎」の接待をいたします。

寺内のスタッフによるお接待をいたしますので、お斎の数に限りがございます。

用意終了の場合は、ご勘弁ください。


コメント (0)  詳細を見る 
  「除夜の鐘」をつきました。
2010年01月02日

2009年の元旦は一面の銀世界でした。

そして、大晦日も、雪の舞う一日となりました。

本当に寒い夜でしたが、今年も歳末法要として、「除夜の鐘」をお勤めいたしました。

23時45分のつき始めより、たくさんの皆様のご参詣をいただき、史上最短、12時34分過ぎには、108の鐘をつき終わりました。

地元の皆様は勿論のこと、旅館街等で年越しの皆様をはじめとして、正に老若男女とりどりの方々が、年に一度の鐘つきを楽しまれました。

改めて、今年が、皆様にとって 良いお年でありますように 念じます。

因みに、翌日のご参詣の皆様のお話によると、山間部では、かなりの積雪があり、参詣が叶わなかったとのこと、承りました。

コメント (0)  詳細を見る 
  各地で、「おとりこし」がおつとめされています。
2009年11月22日

【9月の実施地区】

 東寺・友田・刃連

【11月の実施地区】

 ・ 8日:三池

 ・10日:尾当

 ・23日:石井

 ・29日:大肥

【12月の予定地区】

 ・ 1日:山田

 ・ 3日:高瀬

 ・ 4日:有田平島

 ・ 7日:朝日日向下

 ・ 8日:松野・池辺

 ・11日:有田片山・本村

 ・12日:朝日日向上

 ・14日:朝日北向

 ・15日:有田瀬戸,諸留

 

コメント (0)  詳細を見る 
   お内仏のおとりこし
2009年10月27日

11月3日 11時より、お内仏にて、「お内仏おとりこし」のお勤めをいたしました。

2011年の宗祖750回ご遠忌のおまちうけ年の今年の「おとりこし」は、「同朋唱和勤行集」を、参詣の皆様にご持参いただきました。

当日の勤行は、新しい御勤行集の「逮夜勤行」の次第にて、お勤めされました。

真四句目下の「逮夜勤行」は、真宗の声明の中では、最も盛大な勤行であり、お内仏満堂の中で、門徒会館に、同朋唱和の声明が、響き渡りました。

コメント (0)  詳細を見る 
  「世話人会」が開催されました。
2009年10月25日

年次の定例「世話人会」が、10月24日 13:30分より、本堂・門徒会館仏間にて、開催されました。

定足数41名に対して、32名の出席を得ての会合でした。

議決事項は、平成20年度決算の承認・門徒会費の改正・平成21年度予算の承認等でした。

門徒会費の改正の内容については、後日、世話人を通じて、決定内容を、全門徒の皆様へお知らせいたします。

よろしくお願い申し上げます。

コメント (0)  詳細を見る 
  仏教婦人会再結集について
2009年10月12日

10月15日 9時30分より、当寺の本堂と門徒会館にて、仏教婦人会の再結集の会合を開催いたします

従来からの会員の皆様に加えて、ご案内の範囲を少し拡大しておこないました。

30名程の皆様のご参会となりそうです。

今後も、引き続きのご案内を差し上げます。

ひとりでも多くの皆様のご参加を、いただければと念願いたします。

コメント (0)  詳細を見る 
  秋季彼岸会を執行いたしました。
2009年09月24日

9月23日の「秋分の日」、午後1時より、本堂にて、秋季彼岸会の法要・法話会を開催いたしました。

連休最後の日となつた今回の法要日は、朝のうちは雨というあいにくの天気ではありましたが、正午を過ぎる頃より、各所よりのご参詣を賜りました。

13時より「同朋唱和勤行集」を使って、「正信偈」・念仏・和讃・回向いう次第の「日中勤行」を、副住職の調声によってお勤めいたしました。 ご参詣の皆様には、勤行中に、お1人ずつ、お焼香をしていただきました。 続いて、副住職が、「彼岸会」について法話を申し述べ、お茶をはさんで、お給仕・お荘厳・お勤め習礼が行われ、午後3時に「恩徳讃Ⅱ」を、同朋唱和して、法会を終了いたしました。

コメント (0)  詳細を見る 
  2009秋 彼岸会を勤めます。
2009年09月22日

シルバーウィークの最終日

「秋分の日」の 9月23日 午後1時より

本堂にて、「秋季彼岸会法要」をお勤めいたしますので、皆様、お揃いでご参詣ください。

「正信偈」のお勤めをいたしますので、「同朋唱和勤行集」をお持ちの方は、ご持参ください。

お手持ち出ない方は、本堂に用意していますので、当日、お申し出ください。

コメント (0)  詳細を見る 
  納骨堂の改修工事が行われています。
2009年07月23日
おぼんの参詣にむけて、納骨堂(呼称『寂静閣』)の階段と水盤の改修工事をおこなっています。 雨との相談の中での工事となっています。ご迷惑をおかけいたします。
コメント (0)  詳細を見る 
  宗祖親鸞聖人750回遠忌法要参詣の団体参拝について
2009年06月27日
2011月5月19日~21日に、宗祖親鸞聖人750回遠忌法要参詣のために、日田市にある真宗大谷派の寺院で構成する日田組が主催する「団体参拝の旅行」か゜企画されています。 5月21日に開催された「世話人会」で予告をいたしましたら、5月26日に、第一号のお申し込みがございました。 当寺の参加枠は、29名です。 今後に、改めて、全ご門徒にむけてのご案内をいたしますので、ふるってのご参加をお願い申し上げます。
コメント (0)  詳細を見る 
  新しい「会計スタッフ」を迎えました。
2009年06月22日
6月21日の「世話人会」で、諸留町の世話人である梶原政吉さんを、スタッフに迎えすることといたしました。 6月30日の収納窓口が、初出勤となります。 よろしくお願いいたします。
コメント (0)  詳細を見る 
  「おまちうけ法要」をお勤めいたしました。
2009年06月02日

5月30日に、宗祖親鸞聖人750回遠忌法要の「おまちうけ法要」をお勤めいたしました。 5月7日に、真宗本廟にて得度式を受けた、三男の心も、帰山いたして、法要に出仕いたしました。

ご参詣の皆様には、今回の御遠忌法要のために用意された「同朋唱和勤行集」と得度の記念写真を、心が手渡しさせていただきました。

その後に、新しい勤行本を使って、法要勤行をいたしました。

法要終了後には、副住職が、今回の御遠忌法要についてお話をし、その後に、勤行のお稽古を行いました。

また、勤行の作法についてのお話もいたしました。

「勤行のお稽古」については、今後も、機会を作ってまいろうと考えていますので、皆様のご参加をお願い申し上げます。

コメント (0)  詳細を見る 
  「お待ち受け法要」開催のご案内
2009年05月17日

5月30日(土曜日)、13時より、2011(平成23)年に行なわれる「宗祖親鸞聖人750回御遠忌法要」の願正寺における「お待ち受け法要」をお勤めいたします。

御多用の中とは存知ますが、ぜひともご参詣ください。

法要の後には、本山でお勤めされます勤行のお稽古と仏事についての作法についてのお稽古を行います。

参詣の際には、お手持ちの「勤行本」をご持参ください。

コメント (0)  詳細を見る 
  日田組推進員学習会に参加しました。
2009年04月21日

4月20日(月曜日)に、東町の広円寺様を会場として、日田組推進員学習会が開催されました。

門徒として、日常の生活の中で、聞法を推進しようという願いに応じた推進員の皆様が、日田市内各地より参集して、講師の加来知之先生の講義に、耳を傾けました。

学習テーマは、親鸞様の著作『教行信証』の総序の文でした。 この文は、赤い勤行本(p82・83)・若草本(p36・37)に掲載されています。


コメント (0)  詳細を見る 
  坊守学習会に参加しました。
2009年04月18日

4月15日に、夜明の光勝寺様を会場として開催された、日田組の「坊守学習会」に、参加しました。

今年度より、「親鸞様のお手紙」を学習テキストとしての学習が始まりました。 講師は、山国の珀明寺の渋谷圓ご住職様です。 

コメント (0)  詳細を見る 
  准坊守となりました。
2009年04月04日

坊守が逝去して、今年の5月で、満3年が経過いたします。

真宗の寺院では、住職の配偶者を、「坊守」と位置づけます。 当寺では、住職は健在ですが、坊守が逝去して、この3年間、坊守不在となっておりました。

真宗寺院は、その発足以来、法務は住職、そして寺内の諸事は、坊守が担うという両輪の働きによって、支えられてまいりました。 殊に、寺院の日常において、坊守の働きはその要であります。 坊守逝去より3年間、当寺ではその要を欠いた状態が続いておりました。 そこで、このたび、3月31日付けをもって、副住職の妻 朋子を、「准坊守」として、本山に願い出を行いました。 これに伴い、朋子は、ここ3年間関わってまいりました幼稚園を退職して、寺務に専念いたすことといたしました。 

この3年間、「坊守不在」により、せっかくお寺にご参詣いただいたのに、寺族不在のことがあり、ご迷惑・ご心配をおかけいたしましたが、今後はこうしたこともなくなります。

「准坊守」は、これより副住職共々、寺務に専念いたします。

皆様には、改めてとなりますが、よろしくお願い申し上げます。

コメント (0)  詳細を見る 
  『御堂物語』円成の御礼
2009年04月02日

3月7日から3月19日の「一般公開」、3月20日の「門徒披露」と続いた「春の法要おまちうけ企画・『御堂物語』」が、皆様のご協力により、盛儀の中、円成いたしました。

「一般公開」へは、800余名。「門徒披露」には、200余名の皆様のご来場を賜りました。

想定外の行事規模に、「またやろうね!」の声、「ちょっと疲れたね!」の声、でも、「やってよかったよね!」の笑顔が、なりよりの今回の収穫でした。

イベントを下支えしてくださった50余名のスタッフの皆様、本当にご苦労様でした。 また・・・?

お礼の言葉といたします。


コメント (0)  詳細を見る 
  『春の法要』がおつとめされました。
2009年04月02日

3月20日に、『春の法要』(彼岸会&永代経)が、おつとめされました。

今年の法要は、7日よりのプレイベント『御堂物語』を円成しての執行でした。 当日は早朝より、境内・門徒会館・納骨堂・境内墓地に、たくさんの皆様が参詣なさいました。

12時半よりの法要は、本堂が満堂となり、参詣者内揃っての同朋唱和による三帰依文・読経か゜、堂内・境内に充ち溢れました。

法要の円成を記念して、『御堂物語』出展者への「善行表彰」が行なわれて、今回の法要の盛儀・円成を、参詣者全員で喜びました。

コメント (0)  詳細を見る 
  日田組おまちうけ法要厳修される。
2009年04月02日

3月27日に、親鸞聖人750回御遠忌・日田組おまちうけ法要が、東町の浄満寺様で、厳修されました。

法要は、遠来の京都・真宗本廟(東本願寺)鍵役の信明院殿御連枝ご参集によりおつとめされました。 

各寺、6名程度との参詣ご依頼でしたが、当寺からは、矢野総代筆頭・長尾総代・小野日田組門徒会員・平島会計委員・ご門徒の矢幡一善の皆様が、ご夫婦揃ってのご参詣になり、准坊守・衆徒・三男の心と合わせて、大勢での法要参詣となりました。

法要には、日田組住職17名が揃って出仕し、鍵役殿・本山御堂衆の導師・調声により、厳粛にまた荘厳にとり行われました。

70余名よる「帰敬式」をはさんで、最後に、京都の大谷派教学研究所所長・小川一乗師(前大谷大学学長)による記念講演が行われました。

正午より約5時間にわたる法要でございました。

この法要を受けて、当寺では、来る5月30日(土曜日)12時30分より、願正寺における「おまちうけ法要」をおつとめいたします。

後日、ご案内を差し上げます。 皆様、揃いでご参詣ください。



コメント (0)  詳細を見る 
  『御堂物語』のお加勢人を募集しています。
2009年02月20日

予告いたしました「御堂物語」にむけての準備が、いよいよ始まります。 楽しい、行事になるといいなと思います。

御依頼をいたしましたところ、刃連地区より、早速、世話人さんを通じて、お加勢のご返事をいただきました。 ありがとうございました。 お加勢人を募集しています。 よろしくお願いいたします。

コメント (0)  詳細を見る 
・5月12日に、「五月の法要」を、お勤めいたします。 ・記念講演に、仙台市の海楽寺住職 大友雄一郎さんを迎えます。 震災から7年、どんなことを語ってくれるのでしょうか?
 Top