ご門徒日記カレンダー
<<2017年12月>>





12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31





   真宗大谷派日豊教区日田組 平野山 願正寺
真宗大谷派日豊教区日田組 平野山 願正寺の画像
  住所
〒  大分県日田市隈2丁目8番29号
豊後国日高郡熊町
  電話
0973-22-2512
  駐車場
境内に15台程度!
大型車は、亀山町側から、お入りください。
お盆・報恩講等の境内混雑の時は、専念寺様ご門前の願正寺門徒駐車場(15台程度)を、ご利用ください。 
  アクセス
高速大分自動車道日田ICで下り交差点を右折、約1kmより国道386号へ左折、「本庄町」交差点右折、寺町通り(日田祇園山鉾会館の方)へと左折、会館手前が願正寺です。
   願正寺門徒紹介
 願正寺門徒日記を見る
 願正寺門徒を見る
   きょうの言葉(迦陵頻伽)
 もっと見る
   きょうの言葉(胡蝶)
 もっと見る
 願正寺(門徒日記) (総代 秋吉征人)
ご門徒の関係する出来事・ちょといい出来事等をご紹介いたします。
1
  祝いのお斎です。
2011年07月30日
祝いのお斎です。

住職任命式、ご命日日中への参詣を終えた後に、本廟の白書院にて、“お斎”のご接待をうけました。


コメント (0)  詳細を見る 
  穴井嘉一総代が逝去なさいました。
2011年07月30日
穴井嘉一総代が逝去なさいました。

727日に、総代の穴井嘉一さんが、寿算66歳をもって、お浄土にお還りになりました。

3年間にわたる闘病の果ての出来事でした。

25日に、容体悪化のお知らせを受け、坊守と共にお見舞いをいたしました。

当日は、翌日からの京都での住職修習に向けての出発日でした。

時間に追われる中での見舞いを気遣われた奥様からは、「今日は本当にありがとうございました。 大丈夫ですから、安心して行ってください。 主人はがんばりますから。」と、逆に後押しされ、京都へ旅立ちました。

果たして、修習2日目の晨朝参拝直後に、京都へ、ご命終の知らせがもたらされました。

直後の弔問・親族通夜は、衆徒の信と坊守が勤めました。

また、翌日の通夜は、頼み寺の広円寺様がお勤めくださいました。

葬儀は、29日、13時より、15世住職を導師、責任役員となった信を助音にて執行されました。

総代筆頭の矢野恒太さんが弔辞を申し述べ、責任役員・総代・各委員・世話人に加え、頼母子講・婦人会役員等々、たくさんの皆さんが、焼香に駆けつけてくださいました。

727日に、総代の穴井嘉一さんが、寿算66歳をもって、お浄土にお還りになりました。

3年間にわたる闘病の果ての出来事でした。

25日に、容体悪化のお知らせを受け、坊守と共にお見舞いをいたしました。

当日は、翌日からの京都での住職修習に向けての出発日でした。

時間に追われる中での見舞いを気遣われた奥様からは、「今日は本当にありがとうございました。 大丈夫ですから、安心して行ってください。 主人はがんばりますから。」と、逆に後押しされ、京都へ旅立ちました。

果たして、修習2日目の晨朝参拝直後に、京都へ、ご命終の知らせがもたらされました。

直後の弔問・親族通夜は、衆徒の信と坊守が勤めました。

また、翌日の通夜は、頼み寺の広円寺様がお勤めくださいました。

葬儀は、29日、13時より、15世住職を導師、責任役員となった信を助音にて執行されました。

総代筆頭の矢野恒太さんが弔辞を申し述べ、責任役員・総代・各委員・世話人に加え、頼母子講・婦人会役員等々、たくさんの皆さんが、焼香に駆けつけてくださいました。