親鸞聖人カレンダー
<<2018年5月>>


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

   真宗大谷派日豊教区日田組 平野山 願正寺
真宗大谷派日豊教区日田組 平野山 願正寺の画像
  住所
〒  大分県日田市隈2丁目8番29号
豊後国日高郡熊町
  電話
0973-22-2512
  駐車場
境内に15台程度! 大型車は、亀山町側から、お入りください。 お盆・報恩講等の境内混雑の時は、専念寺様ご門前の願正寺門徒駐車場(15台程度)を、ご利用ください。 
  アクセス
高速大分自動車道日田ICで下り交差点を右折、約1kmより国道386号へ左折、「本庄町」交差点右折、寺町通り(日田祇園山鉾会館の方)へと左折、会館手前が願正寺です。
   きょうのお寺(蓮如)
 もっと見る
   きょうの言葉(迦陵頻伽)
 もっと見る
   きょうの言葉(胡蝶)
 もっと見る
 今日のことば(親鸞聖人)
親鸞聖人の言葉・行実等々を、言葉・画像・映像で紹介します。
  知恩寺様の掲示板です。 
2016年06月27日
知恩寺様の掲示板です。 

いい人


いい雨


いい天気


みんな私中心

コメント (0)  詳細を見る 
  ヨキヒトの法名
2016年06月25日
ヨキヒトの法名
一色山上宮寺

コメント (0)  詳細を見る 
  一色山上宮寺様です。
2016年06月23日
一色山上宮寺様です。 一色山上宮寺様です。

一色先生のご自坊です。
facebookに登場です。

https://www.facebook.com/profile.php?id=100012499276403


【メッセージ】
初めまして、息子の順秀と申ます。
父の葬儀にあたり、遠い所から、ご会葬賜りありがとうございました。

コメント (0)  詳細を見る 
  一色順心先生の思い出
2016年06月23日
一色順心先生の思い出 一色順心先生の思い出 一色順心先生の思い出
一色先生は、長年取り組んでこられた『華厳経』「入法界
品」から、問題を提起されました。

 「入法界品」では、善財童子が54人の善知識(先生)
を次々と訪れるのですが、その中に「夜天」と呼ばれる人
達が9人も配されています。
つまり、「夜天」と呼ばれる存在が非常に重要なものだっ
たことは間違いがないのですが、夜天そのものに注目した
研究はほとんどありません。
善財童子は、インド中部の出身として描かれており、しか
も、南へ南へと善知識を求めていったことが記されていま
す。
ところが、九夜天はマガダ国などの釈尊ゆかりの地を居所
としていることになっています。
周知のように、釈尊ゆかりの地はインド北部に限られてい
ます。このようなことから、善財童子の求道の旅に込めら
れた願いを読み解こうとされる発表でした。
コメント (0)  詳細を見る 
  ヨキヒトについて
2016年06月23日
ヨキヒトについて ヨキヒトについて ヨキヒトについて
三男・心、葬儀参詣です。
目的地は、岐阜です。

乗車日 : 2016/06/09 (木)
所要時間 : 5:12(乗車時間 4:41) ...

乗車距離 : 861.9Km 乗換:2回

ヨキヒトとのお別れです。
 

【広報】
http://www.otani.ac.jp/news/nab3mq000004gimg.html
コメント (0)  詳細を見る 
  希林さんのことば
2016年06月23日
希林さんのことば

がんになると「いつかは死ぬ」が「いつでも死ぬ」になる。
それじゃあ生きている間、おもしろがりたい。

 

「全身がんです」と医師に言われた女優(樹木希林)は、NHKテレビ「あさイチ」(5月19日)で、どうしてそんなふうに明るくいられるのかと問われ、こう答えた。

コメント (0)  詳細を見る 
  それはそれとして
2016年06月21日
それはそれとして それはそれとして それはそれとして

別宮:  よく先生に相談事を持ってこられる方がいらっしゃいますでしょう。そうすると、先生は長い間話を「なぁ、なぁ、なぁ」と聞いておられまして、それから「まぁ、それはそれとして」とおっしゃるんです。面白い言葉だなあと、私はしばしば聞いていて思いました。これは、切り替えるのに面白い言葉だなあと思っていたものですから、「先生、それも書いて下さい」とお願いしたのです。先生もまた、面白いと思って下さったようです。
 
金光: でも、面白いですね。「それはそれとして」というのは、

 


上田:そして、特に岡村(別宮)さんがその言葉に耳を留めたということは面白いところなんですね。ずうっとお二人が英語の世界でしょう。日本語で大拙先生が他の方と話をしておられる。そして、今のような状況で、「それはそれとして」と。そうすると、そこでどういうのか、パッと場面が変わる、というか、

 
 

別宮:それで、私の場合、よくこれを英語にしたら、どういう言葉があるだろうというのがあるんですね。

 

 

金光:これはしかし、「分別」とか、「無分別」とかという、それに関連しますね。

 


別宮:そうですね。

コメント (0)  詳細を見る 
  大拙先生の答え
2016年06月21日
大拙先生の答え

これは、平成十二年六月二十五日に、NHK教育テレビの 「こころの時代」で放映されたものである。


(司会)金光
「仏さんとは何か」

 

(答)別 宮(旧姓 岡村)美穂子(べっく みほこ)
「自分は何か」。どうしたってぶっつからなくちゃいけない。「自分とは」というのがないと仏教じゃないことになりますので。
そう言って、こっちも追いつめられて切羽詰まる時がありまして、「先生、結局、どういうことですか」と体当たりして聞く時がありますね。
そうしましたら、先生は涙を浮かべまして、「美穂子さん、わしが言ったら、わしの答えだろう。あんたの答えにはならんじゃないか。あんたの役には立たんのだ」とこうおっしゃるんですね「悪いけども、答を言ってあげるわけにはいかん」とおっしゃるんです。そういうことがありましたね。

コメント (0)  詳細を見る 
  HP 五月巻頭
2016年06月02日
HP 五月巻頭
「五月の法要」として前々住職50回忌と前々坊守33回忌を勤めます。
折角のご縁ということで、古田和弘先生(九州大谷短期大学名誉学長)を、京都よりお迎えいたします。
お誘いあわせになり、ぜひともご参詣ください。
また、当日の午前中には、「はつまいり式」を開催します。
コメント (0)  詳細を見る 
  五月の法要
2016年05月29日
五月の法要 五月の法要 五月の法要

5月7日に、「五月の法要」として、13世住職50回忌・同坊守33回忌の記念法要が執行されました。

 

昨年度より、この法要は、午前と午後の二部構成として、執行されています。
10時30分よりの【午前の部】は、「はつまいり式」です。
昨年度に誕生されたお子様と保護者が揃って、本堂の御本尊と宗祖御影の前へ身を運ぶ儀礼です。
今年は、二組の親子が参詣を果たされました。
12時30分からの【午後の部】は、「金婚・新婚参詣」から始まりました。
二組のご夫婦(50年目・60余年)が参詣を果たし、本堂での記念署名をなさいました。
また、今回は、翌日に婚儀を控えた横田晶子さんが、お父様の吉彦さんと共に参詣をなさいました。
婚儀報告の署名をいただいた後に、住職より、祝いの品が渡され、参詣の皆様より、盛大な祝福の拍手がおくられました。
引き続き、13時からは、記念法要が執行されました。

今回は、住職を経導師とし、若院が伽陀師、心が音木・きん役を勤めました。
法要後に、住職より、参詣の皆様へ御礼言上がなされました。
法要の締め括りとして、古田和弘先生による“記念法話”が行われました。

コメント (0)  詳細を見る 
  帰敬式です。
2016年05月03日
帰敬式です。 帰敬式です。 帰敬式です。

真宗大谷派四日市御遠忌での「帰敬式」にて、23名の当山門徒の皆様が式に臨まれました。
法名度牒受け取り役を、宮崎紀文総代が果たされました。

コメント (0)  詳細を見る 
  しゅう らい 【習礼】
2016年05月03日
しゅう らい 【習礼】 しゅう らい 【習礼】 しゅう らい 【習礼】

重大な儀式があるとき,その礼式の予行練習を行うこと。

 

因みに、絵は、真宗大谷派四日市御遠忌での「帰敬式」にて、法名度牒受け取り役の最終確認を受ける当山の宮崎紀文総代です。かなりの緊張のようです。

コメント (0)  詳細を見る 
  古田先生のことば
2016年05月01日
古田先生のことば
お念仏をいただく!

純粋に、親鸞様のお心に、向き合ったお言葉です。

如来より賜りたる信心と、宗祖は仰います。
コメント (0)  詳細を見る 
  円成の日、皆様、ご苦労様でした。
2016年05月01日
円成の日、皆様、ご苦労様でした。 円成の日、皆様、ご苦労様でした。 円成の日、皆様、ご苦労様でした。
本願寺25代淨如様をお迎えして、日豊教区宗祖親鸞聖人750回忌御遠忌の結願法要がお勤めされました。
コメント (0)  詳細を見る 
  ご親修です。 その四
2016年05月01日
ご親修です。 その四 ご親修です。 その四 ご親修です。 その四
本願寺25代淨如様をお迎えして、日豊教区宗祖親鸞聖人750回忌御遠忌の結願法要がお勤めされました。
コメント (0)  詳細を見る 
  ご親修です。 その参
2016年05月01日
ご親修です。 その参 ご親修です。 その参 ご親修です。 その参
本願寺25代淨如様をお迎えして、日豊教区宗祖親鸞聖人750回忌御遠忌の結願法要がお勤めされました。
コメント (0)  詳細を見る 
  ご親修です。 その弐
2016年05月01日
ご親修です。 その弐 ご親修です。 その弐 ご親修です。 その弐
本願寺25代淨如様をお迎えして、日豊教区宗祖親鸞聖人750回忌御遠忌の結願法要がお勤めされました。
コメント (0)  詳細を見る 
  ご親修です。
2016年05月01日
ご親修です。 ご親修です。 ご親修です。
本願寺25代淨如様をお迎えして、日豊教区宗祖親鸞聖人750回忌御遠忌の結願法要がお勤めされました。
コメント (0)  詳細を見る 
  御遠忌の厳修について
2016年04月18日
御遠忌の厳修について
コメント (0)  詳細を見る 
  御遠忌の立華
2016年04月17日
御遠忌の立華 御遠忌の立華 御遠忌の立華

長峯 顕教  さんの投稿です。


日、今日の2日間にわたり「日豊教区・四日市別院 宗祖親鸞聖人七百五十回御遠忌法要」の仏華を立てさせていただきました。
明日の落慶法要の後、明後日19日から23日まで法要がお勤まりになります。
コメント (0)  詳細を見る 
・5月12日に、「五月の法要」を、お勤めいたします。 ・記念講演に、仙台市の海楽寺住職 大友雄一郎さんを迎えます。 震災から7年、どんなことを語ってくれるのでしょうか?
 Top