親鸞聖人カレンダー
<<2018年5月>>


12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

   真宗大谷派日豊教区日田組 平野山 願正寺
真宗大谷派日豊教区日田組 平野山 願正寺の画像
  住所
〒  大分県日田市隈2丁目8番29号
豊後国日高郡熊町
  電話
0973-22-2512
  駐車場
境内に15台程度! 大型車は、亀山町側から、お入りください。 お盆・報恩講等の境内混雑の時は、専念寺様ご門前の願正寺門徒駐車場(15台程度)を、ご利用ください。 
  アクセス
高速大分自動車道日田ICで下り交差点を右折、約1kmより国道386号へ左折、「本庄町」交差点右折、寺町通り(日田祇園山鉾会館の方)へと左折、会館手前が願正寺です。
   きょうのお寺(蓮如)
 もっと見る
   きょうの言葉(迦陵頻伽)
 もっと見る
   きょうの言葉(胡蝶)
 もっと見る
 今日のことば(親鸞聖人)
親鸞聖人の言葉・行実等々を、言葉・画像・映像で紹介します。
  お華束2016
2016年12月12日
お華束2016 お華束2016
報恩講2016のお華束です。
コメント (0)  詳細を見る 
  いよいよ完成です。 その②
2016年12月12日
いよいよ完成です。 その② いよいよ完成です。 その② いよいよ完成です。 その②
祖師前にも、お華束が上がりました。
コメント (0)  詳細を見る 
  いよいよ完成です。
2016年12月12日
いよいよ完成です。 いよいよ完成です。 いよいよ完成です。
中尊前に、お華束が上がりました。
コメント (0)  詳細を見る 
  お華束の荘厳
2016年12月12日
お華束の荘厳 お華束の荘厳 お華束の荘厳
中尊前に、お華束が上がります。
コメント (0)  詳細を見る 
  幟です。
2016年12月12日
幟です。 幟です。 幟です。
山門前・本堂向拝と玄関には、昨年から紫の幟を立てるようにいたしました。
コメント (0)  詳細を見る 
  幔幕です。
2016年12月12日
幔幕です。 幔幕です。 幔幕です。
幔幕が、新旧(梶原政吉/小野鉄雄)の責任役員さんと心によって、本堂に懸けられました。
コメント (0)  詳細を見る 
  打敷の用意
2016年12月12日
打敷の用意 打敷の用意

御本尊の前を、中尊前と呼びます。
親鸞様の前を、祖師前と申します。
報恩講では、この二つの尊前に、打敷をお荘厳いたします。
今年は、750仕様の桜模様が登場いたしました。
祖師前は、報恩講の場合、赤仕様という傾向が強いので、こちらにいたしました。

コメント (0)  詳細を見る 
  お華束盛り その?
2016年12月12日
お華束盛り その? お華束盛り その? お華束盛り その?
完成品の検分です。
コメント (0)  詳細を見る 
  お華束もり その⑦
2016年12月12日
お華束もり その⑦ お華束もり その⑦ お華束もり その⑦
ロケットじゃありませんが、お華束は三段仕様です。
二段目、三段目も完成しました。
コメント (0)  詳細を見る 
  お華束盛り その⑥
2016年12月12日
お華束盛り その⑥ お華束盛り その⑥ お華束盛り その⑥
完成したお華束が、本堂へ運ばれました。
ここで一日落ち着いていただきます。
コメント (0)  詳細を見る 
  お華束盛り その⑤
2016年12月12日
お華束盛り その⑤ お華束盛り その⑤ お華束盛り その⑤
お華束は、法要後には、お華束米を戴いた方々へ配布されます。
色付きが人気のようです。
コメント (0)  詳細を見る 
  お華束盛り その④
2016年12月12日
お華束盛り その④ お華束盛り その④
着色です。
コメント (0)  詳細を見る 
  お華束盛り その③
2016年12月12日
お華束盛り その③ お華束盛り その③ お華束盛り その③
お華束は、言わば、「頭でっかち」です。
頭頂部を作り上げました。
コメント (0)  詳細を見る 
  お華束盛り その②
2016年12月12日
お華束盛り その② お華束盛り その② お華束盛り その②
串に小餅を刺します。
餅つきの翌日に、この作業を行うのはこのためです。
翌々日になると、餅が固まり、大変です。
コメント (0)  詳細を見る 
  お華束盛りです。
2016年12月12日
お華束盛りです。 お華束盛りです。 お華束盛りです。
まずは、道具を揃えます。
続いて、お餅に付いた粉を押します。
この手間が、今後の色漬けのポイントとなります。
コメント (0)  詳細を見る 
  お華束盛りです。
2016年12月12日
お華束盛りです。 お華束盛りです。 お華束盛りです。
まずは、道具を揃えます。
続いて、お餅に付いた粉を押します。
この手間が、今後の色漬けのポイントとなります。
コメント (0)  詳細を見る 
  報恩講2016への途 その④
2016年11月23日
報恩講2016への途 その④ 報恩講2016への途 その④ 報恩講2016への途 その④
お疲れ様でした。
とってもスムーズな作業でした。
コメント (0)  詳細を見る 
  報恩講2016への途 その③
2016年11月23日
報恩講2016への途 その③ 報恩講2016への途 その③ 報恩講2016への途 その③
出来上がりました。
コメント (0)  詳細を見る 
  報恩講2016への途 その②
2016年11月23日
報恩講2016への途 その② 報恩講2016への途 その② 報恩講2016への途 その②
須弥盛りのための餅作りです。
コメント (0)  詳細を見る 
  報恩講2016への途 その①
2016年11月23日
報恩講2016への途 その① 報恩講2016への途 その① 報恩講2016への途 その①
お華束つきが、11月23日に、今年度の世話方である石井地区の皆様によって行われました。
餅つき・お椀だし・本堂等清掃の各班に分かれて、作業が行われました。
コメント (0)  詳細を見る 
・5月12日に、「五月の法要」を、お勤めいたします。 ・記念講演に、仙台市の海楽寺住職 大友雄一郎さんを迎えます。 震災から7年、どんなことを語ってくれるのでしょうか?
 Top